囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁入門④】陣地の数え方と囲み方のコツについて

「石で陣地を囲む」というルールから分かる囲碁のコツは、「碁盤の隅を囲むのが効率が良い」ということです。

なぜ、隅に陣地を作るのが良いのか?

その理由を解説していきますね。

「陣地を囲む」というルールから分かること

囲碁は、最終的に石で囲んだ「陣地」が多い方が勝ちなのでしたね。

また、黒と白が1手1手交互に打つルールですので、いかに効率良く陣地を囲むのかが重要になってきます。

【囲碁入門①】難しいルールを簡単に解説!初心者向けに4つのルールをまとめた

①陣地を囲む

陣地を囲む

例えば

このように黒が打ってあったとすると
黒石で、なんとなく中央の空間を囲んでいる感じです。

陣地を囲む


この×印をつけたところを囲んでいて
そこが、黒の陣地(黒地)になります。

数はいくつかというと

9ですね。(囲った交点の数)

単位が「目(もく)」でしたので
中央には9目の黒地がある、という状態です。

陣地を囲む

そして

「石を囲んで取る」というときと同様に
△のような斜めの場所に、黒石は不要です。

【囲碁入門②】石を取るルールとコツについて

「陣地を囲む」ときにも斜めは打たなくて良いのです。

では、

陣地を囲む

この黒地は?

黒石で右側の「辺」を囲っています。

何目の黒地かというと…

陣地を囲む


9目ですね。
端っこの交点もちゃんと数えます。

陣地を囲む

これは?

左上の「隅」を囲っています。

そして、目数は

陣地を囲む


こちらも9目です。
隅の角も交点として数えます。

②陣地を囲むときのコツ

さて、各陣地を見ていただきましたが

「石を囲んで取る」というときと同様に、違いがありますね?

もう一度、
上の三種類の9目の黒地を見ていただいて…

同じ9目を囲むにしても、やはり

「場所」と「石の数」が違います。

「中央」の9目を囲むのに使った黒石は⇒12子

「辺」の9目を囲むのに使った黒石は⇒9子

「隅」の9目を囲むのに使った黒石は⇒6子

ですよね。
上の図を見て実際に数えてみてください。

それで、
どの場所が最も効率的かというと…

「隅」ですね。
少ない石数で陣地を囲めていますから。

ということですので
囲碁は「隅」が重要な場所になってきます。

もう一度まとめますと

「隅」の特徴として
・石を囲んで取りやすい(同様に取られやすい)
・陣地を作りやすい(陣地を作られやすい)

かなり大事なポイントです。

ではここで、陣地を数える練習をしましょう。

③陣地を数える練習

「陣地」に慣れていただくために、目数を数える練習をしましょう!

陣地を数える練習

この図を見て下さい。

もう勝負が終わった状態(終局)です。
右が黒地、左が白地ですね。

黒地と白地がそれぞれ何目か、数えて下さい!

交点の数を数えるのでしたね。

端っこの交点も、数えます。

石は数には入れません。

数え終わりましたか?

慣れないうちは結構大変ですよね。
もし9路盤をお持ちでしたら、実際に並べてみてください。

では、答えいきますね。

陣地を数える練習

黒地は29目です。
○の数ですね。
黒地の中にある黒石は陣地ではありません。

同じように白地は

陣地を数える練習

26目です。

ですので、
黒地29目
白地26目で黒3目勝ちとなります。

OKでしょうか。

まとめ

  • 隅は陣地を囲みやすい

今回は、このコツをしっかりと覚えておきましょう!

そうしたら次の段階ですね。
実際にどう打っていくのか、ということを見ていきます。

【囲碁入門⑤】ルールを覚えたら打ち方を学ぼう

オンラインの「囲碁入門講座」を開催中です。
無料ですので、お気軽にご参加ください!

囲碁入門講座