囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁入門㉖】「直四(ちょくよん)」生き形の基本形

今回は、「死活の基本法則」の一つである「直四は生き」というものを解説していきます。

詰碁問題の6と7の解説を見ていただくと、仕組みがよく分かりますので是非ご覧ください。

直四(ちょくよん)とは?

直四

「直四」とは、このように「まっすぐな4目の広さの陣地」のことです。

この黒の形は生きているのです

黒番であっても、放っておいて大丈夫です。

白が攻めてきたときに、しっかりと対応をすれば「二眼」を作って生きる事ができます。

白からの攻撃①

直四

白が1と攻めてきても、

直四

黒2と対応すれば生きています◎

白が黒を取れないということを確認してみて下さいね。

白からの攻撃②

直四

白が1と攻めてきたとしても、

黒は、

直四

黒2と対応すれば大丈夫です。

ちゃんと二眼ができて、生きていますね。

OKでしょうか。

まとめ

以上の理由から「直四は生き形」なのです。

直四

このまま放っておいても生きています。

(相手が攻めてきたら、ちゃんと対応してくださいね。)

「見合い」の話

直四

さて、囲碁用語をもう一つ覚えましょう。

上の図の直四は、「白がAときたら黒はBに打って生きる」「白がBときたら黒はAに打って生きる」という状況でしたね。

こういう状況を「見合い」と言います。

AとBが見合いで黒は生きている」と表現するのです。

「一手ずつ交互に打つ」というルールから派生してできた囲碁用語で、とても大事な考え方です。

今後もよく出てきますので、頭の片隅に置いておいてくださいね。

では、次は詰碁問題8にいきましょう!

【囲碁入門㉗】「詰碁問題8」やさしい問題を解いて目を慣らそう!