囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁のサルスベリ入門】知らないと止められない!ヨセの手筋「サルスベリ」

サルスベリの止め方が分かる記事

囲碁の「サルスベリ」とは終盤戦で有効な「ヨセの手筋」の一つです。
これはとても重要な手筋で、実戦でよく出てくる割には「止め方」が難しいです。

止め方を知らずにいると、陣地をどんどん減らされてしまうのです。反対に、 打ち方を知っていると非常に得できる手筋になります。

簡潔に「サルスベリ」の打ち方と、打たれた時の対処法についてまとめましたので、是非参考になさってください。


級位者さん向けの「囲碁オンライン講座」の無料お試し参加を開催中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

この記事は、「囲碁オンライン講座」に参加している方からのご質問を参考に作成しました。あなたも是非、囲碁の疑問点を解消してください。


「サルスベリ」とは?

サルスベリとは一体どのような手なのでしょうか?

解説していきますね。

サルスベリは「ヨセの手筋」

「サルスベリ」は、相手の陣地を減らすためのヨセの手筋です。

具体的には…

囲碁のサルスベリ画像

黒1がサルスベリです◎

ポイントは、

・黒Aの二線の味方の石から「大ゲイマ」で進んでいる

・相手の陣地に向かって進んでいる

という二点です。白地に入っていくことで、相手の陣地を減らすことができるのですね。

このあとの展開としては…

サルスベリの止め方画像

このようになります。

のちほど解説しますが、白2がサルスベリを止める好手で、白8まで、一件落着です。

黒はサルスベリのおかげで白地を減らし、白も被害を最小限に抑えることができました。

白1と止められた場合と比べると、ひとつ前の図は、白地が大きく減っていますね。

サルスベリの具体例

実戦でよく出てくる「サルスベリ」の具体例をご紹介します。

例えばこんな形です。

黒Aは隅の陣地を守る「トビサガリ」という良い手です◎

この手は黒地を守るだけでなく、ヨセの段階になった時に…

黒1とサルスベリをして、上辺の白地を減らすことができます◎

二線の味方の石から、相手の陣地へ向かって大ゲイマで進むのが「サルスベリ」なのですね。

このあとの展開は、

白2~白8まで、お互いにベストを尽くすとこのようになります。

黒がサルスベリで進んだおかげで、白地がお互いの石で埋まって減りましたね。

黒は得をしたのです◎


級位者さん向けの「囲碁オンライン講座」の無料お試し参加を開催中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

この記事は、「囲碁オンライン講座」に参加している方からのご質問を参考に作成しました。あなたも是非、囲碁の疑問点を解消してください。


「サルスベリ」の止め方

さて、今度はサルスベリをされた場合の、止め方を見ていきましょう。

サルスベリの止め方は何種類かあるのですが、主な止め方は二通りです。

二通りの止め方と、その違い、使い分けの判断方法について解説します。

サルスベリの止め方①

先ほどの図でも出てきましたが、

黒1のサルスベリに対して、

白2と打つのがうまい止め方で、白はAとBの二点を見ています◎

この時のチェックポイントは、「白△がいる」ということで、次に白Aのカケツギを狙っているのです。

もしも、次に黒がBに進んできたら、白はAと打って「カケツギ」をしながら黒を分断することができます。

黒は分断されると取られてしまうので、

このように退却していくことになります。

白8までが「サルスベリの定石」と言っても良いです。

白は白△がいる、ということが白2を打つためのポイントでした。

サルスベリの止め方②

しかし、サルスベリの止め方①では、都合が悪い時があります。それは…

このような時です。

先ほどの白△がいない場合ですね。

白△がいる場合といない場合の止め方を知っておけば、ほとんどの場面で、サルスベリをしっかり止めることができますので、是非碁盤に並べてご確認ください。

白△がいない時に、先ほどの止め方①と同じ止め方をしてしまうと…

このように黒3と進まれてしまいます。

白は4と打って反撃をしたいのですが、黒5と切られて白4が取られてしまいます。白△がいないからですね。(白△がいれば白はカケツギになっていました。)

この展開は白がまずいです。

ということで、

白△がいない場合の、サルスベリの止め方は…

白2、4、6が好手です◎

白4を捨石にするのがポイントで、おかげで白6と打って黒をアタリにしながら進行を止めることができます。

白8までで一件落着です。

黒のサルスベリは成功したわけですが、サルスベリをされた白も、被害を最小限に抑えることができました。

まとめ

・サルスベリとは、二線の味方の石から相手の陣地に向かって、一線に、大ゲイマで進む手

・目的は「相手の陣地を減らすこと

・サルスベリをされた側の対応策は二通りあって、味方の石の配石によって変わる。

止め方①

白△がいたら、白2◎

止め方②

白△がいないようだったら、白2~6◎

是非、それぞれの打ち方を碁盤に並べてみて下さい!

では、最後まで読んでくださりありがとうございました。

またよろしくお願いします。


級位者さん向けの「囲碁オンライン講座」の無料お試し参加を開催中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

この記事は、「囲碁オンライン講座」に参加している方からのご質問を参考に作成しました。あなたも是非、囲碁の疑問点を解消してください!

1 COMMENT

コメントを残す