囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁の三連星はこわくない!】打ち方と白の対策

こんにちは。
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は、「三連星の布石」について解説します。
白番での「三連星対策」にもなりますので、是非ゆっくりご覧ください。

①三連星ってどんな布石?

「三連星とは」

まずは三連星とはどんな布石なのかを見ていきましょう。

囲碁解説画像

三連星は読んで字のごとく、黒1、3、5と星を三つ連ねた布石です。

囲碁解説画像

イメージとしてはこんな風に、右辺を大きな勢力にしながら、中央へ向かって発展していく布石です。

「もしも、白がすぐに侵入してきたらどうなるか?」

囲碁解説画像

白が6と、すぐに三連星の構えの中に入ってきたら黒はどう打てば良いのか?を考えてみましょう。

まず、
白6は良い手でしょうか?悪い手でしょうか?

囲碁解説画像

白6は、黒の三連星の模様を荒らす手ですが、あまり良い手ではありません。

なぜかというと、白6は狭いところに侵入していて、白地があまりできないからです。
上の図の青丸くらいのスペースしか、白地が見込めません。

囲碁解説画像

黒の立場で考えると、白を攻めるチャンスということになりますね。
具体的には黒7の「コスミツケ」が良い手です。

囲碁解説画像

白が8と対応している間に黒9と打って…

このあと白は、大きな陣地を作る事ができません。

囲碁解説画像

右辺には、すでに黒が待ち構えているので、
白10のような小さなヒラキしか打てないのです。

囲碁解説画像

そして、さらに追い打ちをかけるように黒11が良い手です。

囲碁解説画像

白12と対応している間に、黒13と打って…

囲碁解説画像

白地がこれしかできませんね。

囲碁解説画像

白は陣地が狭く、まだ生きていないので白14と脱出する必要があります。
その隙に黒は15などとヒラキを打って、黒がとても有利です。

囲碁解説画像

勢力図はこんな感じですので、黒が良い状況ですよね。

囲碁解説画像

ということですので、白は6といきなり侵入するのは良くありません。
黒の立場で考えると、白が入ってきたら攻めますよ、ということになります。
三連星とはそのような布石です。


級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料お試し参加を実施中です!画像をクリックして、詳細をご確認ください。

囲碁オンライン講座登録ページ

②白の三連星対策

では、白はどのように打ったら良いのでしょうか?
対策を考えてみましょう。

囲碁解説画像

黒1、3、5の三連星に対して、白6では…

「広い方からカカリ」

囲碁解説画像

このように広い方からカカリを打つのが良いです。

囲碁解説画像

黒が7と受けたら白8などとヒラキを打って、白地をしっかり作ります。
黒の三連星も大きいですが、上辺の白も大きくなりますね。

さて、次は黒の番です。

白が上辺を占めたので、対する黒は…

囲碁解説画像

下辺へ向かいます。
黒9、11などと広げて、三連星からの黒模様が大きくなりました。

囲碁解説画像

イメージ的には、このように星から両方の辺に大きく模様を広げています。
これが三連星の目的であり、両側に広げる構えの事を「両翼」と言います。

囲碁解説画像

この「両翼」の構えから、さらに黒△などの守りを打つことができれば、右下の隅が確定地となり、効率の良い大きな陣地ができてきます。

黒△のような手を「芯を入れる」と表現します。
こうなってしまうと、
白は黒の勢力の中に入っていきづらいですね。

なので…

囲碁解説画像

黒が9、11と下辺を占めて「両翼」の構えを作ったときに、
白は…

「両翼に三々」

囲碁解説画像

三々に入ります。
今が三々に入るタイミングで、「両翼に三々」と言われるくらい良いタイミングなのです。
相手が両翼の構えを作ってきていたら三々に入りましょう。

囲碁解説画像

さて、この白12の三々は安全です。
白12から進む道が二つあります。
どちらかに必ず打つことができますね。

囲碁解説画像

黒が右辺が欲しいと思って黒13とおさえてきたら…

囲碁解説画像

白は14と反対側へ進みます。
そしてこのあとは、

囲碁解説画像

こんな戦いになります。
この戦いの詳しい解説は「囲碁オンライン講座」でじっくり学習できます。
無料で登録できるうえに、今なら特典付きなので是非登録しておいてください。

囲碁解説画像

さて、「両翼に三々入り」をした結果は、白が隅の陣地を取り、黒はおさえた側に模様を作りました。

隅は白地になった分、中央が黒模様になってきましたね。
これで互角の進行なのです。


では、次は白番です。
ここでオススメの打ち方があります。

「両翼に三々」⇒「天元」

囲碁解説画像

白24がオススメの一手で、「天元」です。
中央の黒模様をジャマしつつ、上辺の白模様を拡大しているイメージですね。

囲碁解説画像

こんな感じです。
白24から黒模様に対して、二つの進む道を見つつ、上辺が大きくなってきています。
このように、「両翼に三々入り」をした後は、「天元」に打って相手の模様をジャマしましょう。
この白24を打たずにいると…

囲碁解説画像

例えば白24と辺へ向かうと(この手も良い手なのですが)、黒25と天元を占められて黒模様がさらに大きくなってしまいます。

互角ではあるのですが、このあとの白の打ち方が難しくなってきます。


囲碁解説画像

ということで、白24では天元がオススメです。

囲碁解説画像

特にこのあと、黒が25などと黒模様の守りにこだわってくれたら最高です。

白が非常に有利になります。
続きを見てみましょう。

囲碁解説画像

このように、白26~白30と黒模様の発展をおさえたうえで、白32などと打って、白模様に芯を入れます。

囲碁解説画像

これで、黒模様よりも白模様の方が大きいですよね。
右下の隅も白地ですので、この展開は白がとても有利です。

囲碁解説画像

なので黒も、白24に対しては25や25’などと白模様をジャマすべく入っていきます。

このように打って、互角の展開です。

囲碁解説画像

最後に、改めて白24までの手順と、その後の展開の一例を載せておきます。
是非碁盤に並べてみて下さい。
では、今回はこの辺で。
どうもありがとうございました。


さらに詳しく、級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料登録で勉強できます。
「序盤のお手本」をプレゼント中ですので、是非登録しておいてください。

囲碁オンライン講座登録ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です