囲碁オンライン講座~無料公開中~

【三々の定石はずれを徹底解説】~囲碁の定石外れの簡単な咎め方~

定石はずれの咎め方

こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は「囲碁オンライン講座」のサンプルとしてNo.4【定石はずれの咎め方】~カカリ⇒ハサミ⇒三々~を公開します。
是非参考になさってください。


メールで質問もできる「囲碁オンライン講座」を開催中です!
無料で登録ができます。

囲碁オンライン講座登録ページ

では、以下で「三々定石の定石はずれの咎め方」についての解説を、ゆっくりご覧ください。


こんにちは。
今週もよろしくお願いします。



今回はこんな形です。
図1
埋め込み画像 30
生い立ちを予想してみましょう!

どのような手順でできる形でしょうか?







では順を追って

図2
埋め込み画像 1
白の星に、
黒1と「小ゲイマガカリ」します。




図3
埋め込み画像 2
白が2と受ければ
黒3と「スベリ」で白地を減らしてから、
黒5と「ヒラキ」で辺へ展開したり



このように
図4
埋め込み画像 3
すぐに黒3と「ヒラキ」へ回る展開が考えられます。



しかし、


黒のヒラキをジャマしたいな、
と白が思った場合…



図5
埋め込み画像 4

白2と挟む。

これが今日のテーマ図への第一歩です。



そして


図6

白のハサミに対して黒は、
「辺が貰えないなら隅を貰います」
という考えで、黒3と三々に入りました。


他にも、

白を分断する黒A

白が受けていない事を咎める黒B

などが考えられます。


今回は黒3と三々に入ったという事で、
次の白4について。




(別の話)
本編と違いますが
図7
埋め込み画像 6
白△など、上辺にあらかじめ白がいれば、
このように白4と、こちらからオサエます。



そして、

図8
埋め込み画像 1

例えばこうなる。
白は上辺重視ですね。


しかし、
今回白△はいないので




(本編)白4はこちらから
図9
埋め込み画像 7

オサエます◎
黒のつながりを遮る、と言ってもいいですね。



そうすると黒5は…?






図10
埋め込み画像 8

反対側へ進む。
この、黒5手目も




(別の話)
白△のような敵が待っている場合は
図11
埋め込み画像 9

こちらへ打ちます。


その後


図12


という展開があります。


このように、周囲の状況をみて、
お互い石の進む方向を考えるのですね。





そして本編黒5に対して、白6は…?



周囲の状況をみて…







(本編)
図13
埋め込み画像 34

ノビです。
黒△が後ろから狙っているので、白は安全にノビます

このような感じで
石が接近している時、基本的には近所に打ちます。



そして、
選択肢は大抵「ハネ」か「ノビ」の2つです。

・周りに敵がいたら→「ノビ」

・周りに敵がいない→「ハネ」

・味方が多い           →「ハネ」

というように判断しましょう。

とにかく周りをぐるっと見る事が大切です。

それで



(別の話)
こういう時はハネ
図14
埋め込み画像 11

△の場所に黒がいない時に、白6とハネます。


この後の展開は、



図15

黒も△に味方がいないので
隅で生きるために黒7、9と黒地を増やします。


そして
仕上げに

図16

黒11、13と反対側の二線を広げて
白14まで、一件落着です。
前回の「両翼に三々」と同じ展開ですね。

お時間のある時に復習してみて下さい。



さて本編の
図17

本編の白6とノビを打ったあとは
(黒△がいるから、白は警戒してノビでしたね。)




(定石)
図18
埋め込み画像 32

このような展開になります。

黒→隅の確定地(黒△は捨て石!)

白→挟んだ側に厚み

をそれぞれ貰う、という分かれです。
この定石の解説も、またの機会に詳しくやりますね。


黒の立場で考えると、
「黒△のおかげで隅が大きく取れました。」

ということになり、



白の立場で考えると、
「黒が左辺へ発展しないようにでき、自分が左辺を貰えました。」

となります。

お互いにやりたい事ができて、互角の状況です。






と、なれば良いのですが




今日のテーマ図は
図19
埋め込み画像 35

黒△がいるにも関わらず、
白6とハネた、この形です。


要するに定石と違うことを白がしています。

黒はどうやって咎めたら良いでしょうか??





考えてみましょう。






実戦でこうなったらドキッとしますね。







びっくりして下から打つと
図20
埋め込み画像 14
黒7と二線で受けると…



図21
埋め込み画像 15

このように二線を這うことになり、
これは白の無茶が通ってしまいます。



定石(図18)と比べて黒が低いですよね。
黒不満です。




なので、白6を咎めるべく





図22
埋め込み画像 16

黒7と切りたい。

切って、どちらかの白石を取りたいです。






しかし、

これには黒も弱点があって







白8が黒の弱みです。

図23
埋め込み画像 1
隅の黒は「二目の頭とお尻」を、
両方打たれている状態になってしまいます。

取られやすい状況なのです。





図24


黒が白△を咎めるためには
この石を取りたいのですが




白10と逃げられて、

図25


白12まで、
黒が先に取られてしまいます。

いきなり白を分断するのは、逆に黒が取られてしまいました。




と、いうことですので
黒7手目に戻ります。



図26
埋め込み画像 2

白6のハネに対して、
黒はどうするか…



すぐに白を切るのは
うまくいかなかったので…





黒は




まず








こう打ちます。

図27

なんと、二線にさがる。

というよりか、
やっぱり相手に打たれて困るところに打つのですね。


隅の黒を強化しつつ
次に黒△と連絡しようとしています。




黒7に対して、白としては分断したいので




白8と遮ります。

図28


そこで


図29

黒9と分断するのが、完璧な咎め方です。

隅の黒を強化してから、分断するのがポイントですね。


図30

黒9と分断することで

白△の3子か、白×の1子
のどちらかを取る事ができます◎





ということで
図31
埋め込み画像 20

白10と来たら??








この手は
白3子を助けようとしている手なので








黒は
図32


白×を取りにいきます。


この、白×の取り方はよく出てきます。


コツがあって


まず一つ目が


①碁盤の端に追い込む(黒11)
図33

隅は石を取りやすいですから、
「相手を隅に追いやる」
が石を取るコツになります◎


では
逃げる白12に対して…




どうやって攻めるかというと







②強い味方に追い込む(黒13)
図34

強い黒△の方へ追い込みます◎



これを


図35

反対側から白を攻めると
白14と打たれ、黒×が弱くなってしまいます。


黒は白の青矢印を止めたいのですが、

図36

白16で、黒×が両アタリになってしまいます。

これは黒がまずいということで




図37

黒13と、
弱い方の黒を補強しながら
強い黒△の方へ白を追い込むのが良い手です◎




そして

図38

白14ときたら?





ここで、3つ目のコツです。






白14は
図39

青矢印の方向へ進んでいます。


そして黒は
これを止める、という考えです。





③敵の進行方向を止める(黒15)
図40

白の進行方向を黒15と止めて、
白を取る事ができました◎


白はあと2手しかありませんし、
逃げ道もないので取れていますね。


うまく咎めたということになります◎





…何だったかというと
図41

白2のハサミに
黒3と三々に入ったところから始まりました。



図42

白4には黒5と反対へ進み


白は
図43

黒△がいるのを見て
白6とノビを打つべきなのですが


図44

間違えて白6とハネました。


この白を、黒がどうやって咎めるかというと



図45

黒7とサガリを打って
黒○を強化してから


図46


黒9と切るのでした。
そして、
白△ or 白× が取れれば黒成功です◎

さっきは白×を取れたのでしたね。





では、抵抗を変えて。

白10で


図47
埋め込み画像 22

こちらの白を助けたら??



「白が逃げなかった方を狙う」
がこういう時のコツです◎



ですので今度は、
反対側の白3子を狙います。





どこに打ちますか?




白3子を
封鎖しながら詰める感じで



図48
埋め込み画像 23

黒11が Good!


白3子の呼吸点を詰めていますね。
白は残り3手です。



どのように白を取れるか見てみましょう!




白12でアタリしてきても…

図49
埋め込み画像 24

黒13と逃げればOK◎






さらに
白14のアタリにも

図50
埋め込み画像 25

黒15と逃げれば大丈夫です◎
アタリは案外、逃げればいいのです。


それでは、最後です。

上の図、
白16に対して黒はどう打ちますか?

白を取る手を考えましょう。




できるだけ頭の中で


石を置いた状況を想像してみて下さい。



黒、白、黒…と



読みの練習です。




最初の黒は、


白をアタリ!





図51
埋め込み画像 26

白4子がアタリですね。

では次は、白がつないだことを想像し、



さらにその次の黒を考えてみましょう。





取れるところまで


読み切りましたか?





いきますね





図52

白18とつないで


ここで



ここから想像しても良いですよ。



白を取るには




図53

黒19◎

これでついに
白があと2手になりました。




図54


白が20と黒を切ってきても
黒21で白はアタリで、もう逃げられません。



白を無事、咎めました◎

一応
周りの黒石の安全も確認してみて下さい。



この後白にアタリされても、
逃げたり、白を取ってしまえばOKです!






まとめます。



冒頭の図

図55
埋め込み画像 28

白の立場で見ますと



周りに敵(黒△)がいるときにハネはキケン

です。

黒△がいるのに、白1のハネは危ないという話でした。


そして、咎める黒も


図56
埋め込み画像 29

白を攻める前に、
黒2とひと準備してから黒4の分断です◎

これで、
どちらかの白を取れる、という話でした。



定石は

図57

白2のハサミに


黒が三々に入り

図58

黒5に対して

図59

黒△がいるので
白6のノビが正しく、



その後
図60

黒7、9と隅を強くしてから



図61

黒11と脱出して
一件落着です◎



そして
図62


黒△を捨てることで
黒が隅をしっかり取り

白はハサミを打った側(青矢印)の方向
に勢力を作ることができました◎

これで、互角の進行(定石)です。



いかがでしたか。
ちょっと長くなってしまいましたが

何回かゆっくり見てみて下さい。
戦いの練習になると思います。


次回は
少し碁盤を広く見て
「ワリウチ」について解説します。



どうもありがとうございました。
また来週、よろしくお願いします。



 PAGE TOP



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です