囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁格言】「切り違い一方ノビよ」と「要石」について

今回は、囲碁の格言の一つである「切り違い(キリチガイ)一方ノビよ」について解説します。

この格言は、

  • 自分の要石(相手を切っている石)が取られないようにする
  • 相手の要石(味方を切っている石)を取る

ということを目的にした格言で、この二点を意識して打っていくことが大事です。

これらを意識していると、「どこをどうノビたら良いのか」や「ノビではなくアタリをする」という判断がしやすくなります。

今回の記事では、

  • 自分の弱い石を一方ノビる
  • 取りたい陣地を意識して一方ノビる
  • 取れると判断してアタリする

という3つのケースについてまとめました。

石が切り違ったときの「判断材料」にしていただければと思います!

切り違いとは?

まずは、「切り違い(キリチガイ)」とは何なのかを解説しますね。

シンプルな例で切り違いを学んでいきましょう。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒の星に対して白が、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白1とツケてきたとします。

ちょっとびっくりしますが、取りたい陣地を意識しながら対応しましょう

今回は、隅の陣地を取りたいと考えて打っていってみます。

黒が隅を守ろうと思ったら…

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒2のハネですね。

白がこれ以上隅に進んでこないようにしています。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

こんなイメージです。

そしてここで、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」   

白3と切ってきた場合、

この形が「切り違い」という形になります。

お互いに相手の石を切り合っている(切り違っている)のですね。

「石数が同じ時の切り違い」は一方ノビる

さて、この形が「切り違い一方ノビよ」の典型的な例です。

でも、黒番でノビてくださいと言われても、どの石をどうノビたら良いのかよく分かりませんね。

この図のように、石数が2対2の切り違いの場合、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

A と B の二つの石を見て、どちらが弱そうなのかを判断しましょう

そして、弱そうな石を一方ノビましょう。

黒 A と黒 B のどちらが弱そうなのかというと…

黒 A でしょうか。

隅の石の方が取られやすいので、この図の場合は黒 B よりも黒 A の方が弱い石になります。

なので、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒 A をどちらかにのばしましょう。

実戦ではもっと石が混んでいて、弱い石の判断が難しいことが多々あると思いますが、

「どの石が弱そうかな」と判断すること自体が大切なのです。

自分なりに判断してみることで上達していきますし、そこが楽しいですよ。

結果にこだわらずに、色々試してみて下さいね。

さて、

そうは言っても格言は便利です。

こういう時にアタリをするのは、相手の石を一方的に強くしてしまい、良くありません。

石数が同じ時の切り違いでは、アタリは良くない

ついついアタリをしたくなりますが、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

たとえば黒4とアタリをすると、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

相手は白5とノビますね。

すると、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

相手の石の呼吸点が増えてしまいます。

白を強くしてしまっているのですね。

同じ調子で、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒6とアタリをすると、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

やはり白7と逃げられて、白を強くしてしまいます。

黒には断点があるので、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒8と守るくらいになりますが、

次の白番で、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白9と打たれて、黒一子が取られてしまいます。

白9はゲタですね。

この結果は、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」   

「黒 A は助かったけれど、黒 B は取られた」

という状況です。

黒 B はもともといた「星」の石ですので、取られてしまっては黒が失敗なのです。

ということで、

弱い石を一方ノビて、相手の要石を取る

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

石数が同じ時の切り違いでは、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

どちらが弱い石なのかを考えて、(今回は黒 A の方が弱い)

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒4とノビで対応します!(黒4’もOKです。)

これで黒が有利な状況になります。

どうしてそう言えるのかというと…

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒4と打つ事で、どちらかの白×を取れる状態になっているからです。

黒は、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

A と B の二点を両にらみ(見合い)にしているのですね。

このように二つ以上の狙いがあれば、次が白番であったとしても、どちらかの白×を取れるということになります。

つまり、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白が5と逃げていったとしても、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒6で白×を取れます。(シチョウで取れていますね。)

また、白5で、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

こちらの白を逃げたとしても、

次の黒番で、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒6と打ち、今度はこちらの白×を取る事ができます。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白が7、9と抵抗しても、黒10まで、白を包囲して取る事ができます。(黒〇が取られないことも確認してみて下さい。)

OKでしょうか。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白3の切り違いに対して、黒4と弱い方の石を一方ノビることで、

A と B を見合いにして、どちらかの白を取る事ができるのでした。

切ってきた相手の石を取れるということは、黒全体がつながるわけですから「白の無理な切りを咎めた」ということになりますね。

要石(種石)について

少し話はそれますが、白1、3のような、黒を切っている石を「要石(かなめいし)」や「種石(たねいし)と言い、これらを取れれば有利になることが多いです。

 

味方を分断してきている「要石」が取れれば、「その分断は失敗ですよー」ということが言えるので、有利になりやすいのですね。

 

戦いが始まった時には、どの石とどの石が切り違っていて、どの石を取れたら一番嬉しいのかを考えてみて下さい。

取りたい陣地を意識して、切り違い一方ノビる

では、次の例に行きましょう。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

今度は、「星の大ゲイマジマリ」があったとします。

黒△は大ゲイマで連絡を取って、隅の陣地を囲んでいますね。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

このつながりを意識することが大切です。

黒が大ゲイマで守っているところに白が、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

先ほどと同じように、白1、3と切り違いをしてきたとしましょう。

そして、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

先ほどと同様に、黒4のノビで対応してみます。

部分的には、どちらかの白を取れるので黒が有利なはずです。

しかし今回は、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白5、7などと打たれて、黒△の大ゲイマがバラバラになってしまいます。

このあと、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒8と打てば白×を取れますが、

白9などと打たれて黒△が孤立してしまいますね。

なので、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白1、3の切り違いに対しては、

黒△同士はつながっていますよ

という気持ちで、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒4と打つ手が大事になります。

ノビの方向が大切なのですね。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒4と打つ事によって、黒△の大ゲイマをしっかりとつなげつつ、隅の陣地を囲んでいます。

黒△の構えの当初の目的が達成できそうですね。

このあとの展開としては、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白5のアタリには黒6とノビます。

白×を自然と取れそうな雰囲気になってきました。

白もしようがないので、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白7、9などが相場の対応になります。

この結果は、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白×の要石を取りつつ、取りたかった陣地をしっかりと取る事ができています。

当初の目的を意識することが大事なのですね。

取れそうな時はアタリして取る

もう一つのケースを見てみましょう。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

今度は、黒△の小ゲイマジマリがあったとします。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」  

このようにしっかりと連絡して、隅の陣地を守っていますね。

この黒に対して、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

これまでと同じように、白1、3と切り違いをしてきたとします。

次の黒はどうしましょう?

ここで考えることは、やはり「要石」を取る事です。

白1か白3を取れればOKなのですね。

そして、黒△のケイマ同士のつながりを考えると、白3が取りやすそうですし、取りたいです。

ということで…

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

手っ取り早いのは黒4です。

「切り違い一方ノビよ」の格言には当てはまりませんが、白×を取れていればOKです。

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

仮に白が逃げようとしてきても、黒8までシチョウで取れていますね。

OKでしょうか。

まとめ

今回は三種類の切り違いへの応対を解説しました。

まとめます。

弱い石を一方ノビる

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒が星にいて、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」  

白1、3と切り違ってきたら、黒4の「弱い石を一方ノビ」がGoodです。

石数的には2対2で互角に近い形勢ですので、弱い石に注意をしながら戦う事が大切です。

そして、

黒4のノビを打つことによって、A と B を見合いにし、どちらかの要石を取る事ができるのでした。

取りたい陣地を意識して一方ノビる

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

星の大ゲイマジマリに、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白1、3と切り違いをしてきた場合には、大ゲイマのつながりと、取りたい陣地を意識して黒4のノビが好手です。

ここは、もともと黒が陣地として囲もうとしていた場所なので、その陣地を守るという意識で打ちましょう。

石数も多いので、「陣地を気にしながら戦えるくらい余裕がある」とも言えますね。

黒8まで、白3の要石を取りつつ、陣地を守ることができました。

取れる時はアタリして取ってOK!

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

星の小ゲイマジマリに対して白が、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白1、3と切り違いをしてきた場合は、黒4でOKです。

格言通りではありませんが、要石を取りつつ、陣地が守れていれば良いのです

白3のキリは無理な手でしたね。

どうでしょうか。

これまでの話で、「切り違い一方ノビよ」という格言は、

  • 自分の要石(相手を切っている石)が取られないようにする
  • 相手の要石(味方を切っている石)を取る

という目的を達成するための格言であることが分かります。

なので、「切れているからノビておこう」というよりかは、「自分の要石を助けて、相手の要石を取れたら良いな」というイメージで戦うことが大切ですね。

是非意識してみて下さい!

※参考※

切り違っていない石は「カス石」
反対に、切り違いになっていない石は、取る必要のない石(取るのに手間をかけない方が良い石)ということになり「カス石」と言います。

 

あまり良い名前ではありませんが、覚えやすいですね。

 

たとえば、

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白×がカス石になります。

 

黒を分断していませんね。

 

黒としては、白×に逃げ出されてもOKなのです。

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白1と逃げていったとしても…

 

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

放っておいて黒2などと打っても良いですし、

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒2と打って、白地(白の根拠)ができないように攻めてもOKです。

 

このあとの攻め方の一例としては、

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

こんな感じです。

 

黒14まで、白がカス石を逃げている間に、

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

黒地がたくさんできましたね。

 

対する白は、石は助かりましたがほとんど陣地ができていません。

 

また、黒を分断しているわけでもありません。

 

ということで、

 

囲碁格言「切り違い一方ノビよ」

白は白×を逃げない方が良いですし、黒も白×を一手かけて取る必要が無いのです。(分断されないので緊急ではない)

是非、「要石」と「カス石」の違いも意識して対局してみて下さい!

では、最後まで読んでくださりどうもありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。