囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁の出切り(デギリ)・タケフ・ブツカリ】分断と連絡の手筋を解説!

囲碁の分断の手筋である「出切り(デギリ)」と、それを防ぐ「タケフ」と「ブツカリ」についてご紹介します。

今回の記事を読むと、相手の石の切り方の基礎が分かり、同時に、効率の良い石のつなげ方が分かります。

実戦で非常に良く出てくる話ですので、是非ご活用ください!

石を分断する手筋「出切り(デギリ)」とは

まずは、出切りについて見ていきましょう。

デギリについて

たとえばこのような状況があったとします。

ここでもしも白番だった場合、白は黒を分断するチャンスです◎

白はどこに打ちますか?

上下の黒を切るイメージで…

黒を分断するために「出る」

出る(デる)

白1が黒の間を出ていく「」という手です。

出る(デる)

黒△と黒×を切り離すイメージですね。

白のデに対して黒は、

オサエ

これ以上出てこられないように、黒2とオサエで抵抗します。

黒としても、できたら上下の黒を連絡したいのですね。

ここで白は…

黒を分断する「切り(キリ)」

切り(キリ)

白3と打って、上下の黒を切ります!

切り(キリ)

白3と打つ事で、黒△と黒×を分断できていますね。

こうなると、

切り(キリ)

白は黒×を囲めていて取れそうです◎(黒には二眼がありませんね。)

このように、出て切ることで相手の石を分断し、周囲の状況によっては石を取ることができるのです。

出切り(デギリ)をまとめると…

デギリについて

こういう状況で白番のときに、

出切り(デギリ)

白1の「出(デ)」と白3の「切り(キリ)」がセットで「出切り(デギリ)」です◎

今回は、出切りで上下の黒を分断することによって、白は黒三子を取ることができるのですね。

OKでしょうか。

では、今度は立場を変えて、「黒番だったらどのように打つのか?」ということを考えていきましょう。


囲碁オンライン講座

オンライン講座の無料体験を実施中です!

序盤のお手本~特選30譜~」をプレゼントしていますので、上の画像をクリックして是非お受け取り下さい。


石を連絡する手筋「タケフ」

タケフについて

今度は、この状況で黒番だったとしましょう。

黒としては「出切り」を狙われていますね。

タケフについて

「黒△と黒×の間を、白Aにのぞかれている」というイメージです。

この感じを掴めると、実戦で石を分断されづらくなりますよ。

では、

黒はどのようにして「出切り」を防いだら良いでしょうか?

白Aが左に出てこないように、と思えば…

ツナギ

黒1ですね。

この手は白Aの進行方向を止めて、黒△と黒×をつなげた良い手です。

しっかりと上下の黒がつながりましたね◎

ただ今回は、

もっと効率の良い、相手の石に響く、良い守り方があるのです。

それは…

白を攻撃しながら効率良くつながる「タケフ」

タケフ

黒1が好手です◎

この手が「タケフ」というつながり方で、

タケフ

黒×と黒△をつなげながら、白Bを攻撃しています。

タケフ」で連絡しつつ、白Bへの「ブツカリ」になっているのですね。

つながり方としては、

タケフ

このように二つの道でしっかりと連絡をしています。

具体的には、

タケフ

白2と出てきても…

タケフ

黒3です。

これで、

タケフ

このように縦横でつながっています◎

OKですね。

また、

タケフ

黒1のタケフに対して、白2と割って入ってきたとしても、

タケフ

黒3と対応すればしっかりとつながっています。

タケフ

このように、縦横でちゃんと連絡できていることをご確認下さい。

白が分断しようとしてきても、その時に黒が対応すればつながるということです。

タケフ

ということで、

黒1のタケフはつながっていますね◎

また、

白にぶつかっていることで、

タケフ

黒Aのハネを狙えるところもタケフの利点です。

白Bが弱くなっているのですね。

なので、

黒1に対して白は、

タケフの利点

白2のノビで受けることになります。

黒はその間に黒3などに先着できるのですね。

これは、

ツナギの弱点

黒1のツナギではできません。

しっかりつながってはいますが、白Bに攻撃ができていないのですね。

そうすると、次の白で、

ツナギの弱点

白2などに先行されてしまいます。

タケフの利点

黒1のタケフで白Bを攻撃した場合と、雰囲気が随分違いますね。

タケフが良いつながり方だということです◎

OKでしょうか。

まとめ

まとめますと、

デギリについて

このような状況で白番だった場合、

出切り(デギリ)

白1、3の「出切り」を狙っています◎

こうなれば、黒三子を囲んで取ることができますね。

また、反対に、

デギリについて

この状況で黒番だった場合は、

出切りで分断をされないように、

タケフ

黒1の「タケフ」が良い守り方でした◎

上下の黒をつなげつつ、

タケフ

白Bへの「ブツカリ」になっており、次に黒Aの攻撃を狙っているのです◎

ということで、

黒1のタケフのあとの展開としては、

タケフの利点

白2、黒3などが考えられますね。

黒は無事に「出切り」を防ぎつつ、黒3に先着することができました。

どうでしょうか。

デギリについて

この状況で、白と黒の両方の打ち方を解説しました。

実戦で良く出てくる状況ですので、是非参考になさってください。

※基本手筋をまとめた1記事はこちら:基本手筋【囲碁の基本手筋】初心者の方が最初に学ぶべき重要手筋を詳しく解説!

では、最後まで読んでくださりどうもありがとうございました。

またよろしくお願い致します!