囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁の棋譜の書き方】「碁罫紙」や「石を取った後の書き方」についても解説

こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は「棋譜の書き方」について解説します。
棋譜をつけることで、自分の打った手を振り返って、次の対局に活かすことができます。
上達にとても役立ちますので、是非、序盤の30手だけでも「棋譜」を書いてみて下さい。

棋譜を取るための「碁罫紙」と「棋譜取りペン」

棋譜をつけるためには、専用の紙( 碁罫紙 )と二色のペンが必要です。一つずつご紹介していきますね。また、後半では「鉛筆」で棋譜をつける方法も解説しています。ゆっくり見ていってください。

碁罫紙 とは?

碁罫紙(ごけいし)とは、対局の手順を記録する「棋譜」を書いておく用紙のことです。

こんな感じです。
碁盤の目を書いた紙が「碁罫紙」です。
囲碁の総本山「日本棋院」が作って、販売しています。
写真に写っているペンも面白くて、棋譜を取るための専用のペンなのです。

棋譜をつけるための「棋譜取り二色ボールペン」

上の写真のボールペンを近くで見ると…

このように、くっついています。
このおかげで、ペンを2本用意して持ちかえる必要がなくなり、スムーズに棋譜をつけることができます。

ちゃんと書けます。
このように直接数字で書いていくのですね。赤が白石です。

ペンをひっくり返して、すぐに黒を書けます◎
ペンを二本使うよりも随分と楽なのです。


級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料体験を実施しています!「序盤のお手本~特選30譜~」をプレゼント中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

画像をクリックすると、詳細を確認できます。


石を取った後の書き方

ちょっと分かりづらいですが、
この棋譜は、白が12と黒一子を取り、黒が13とアタリした局面です。
そして、白が7の抜き跡の場所に打つ場合、棋譜の欄外に「14(7)」と書きます。
「14手目は7の場所です。」という意味になるのです。

碁石の流れとしては、この状態で白番で、

白が黒一子を取り、

こういう状況になりますね。ここで黒が、

白をアタリします。

それに気が付いた白がつないだ場合、ここまでの流れを棋譜に表すと…

棋譜の白12~白14(欄外)という表記の仕方になります。
欄外の「14(7)」という書き方が、石を取った場所に再び打つ場合の表記の仕方になります。

鉛筆で棋譜を取る方法

鉛筆でも棋譜はきれいに書けます。

このように、黒は普通の数字で、白は丸数字にすることで見やすく棋譜をつけることができます。
是非、色々な方法で試してみて下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特製碁罫紙・大
価格:432円(税込、送料別) (2019/3/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

棋譜とりペン
価格:388円(税込、送料別) (2019/3/13時点)



級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料体験を実施しています!「序盤のお手本~特選30譜~」をプレゼント中です。画像をクリックすると、詳細を確認できます。

囲碁オンライン講座登録ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です