【棋譜並べ上達法】囲碁初心者さんに効果的な勉強方法!おすすめの棋譜をプレゼント中

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」

棋譜並べ」とは、対局の記録である「棋譜」を碁盤に並べることです。そうすることで、色々な打ち方を学ぶことができ「棋力アップ」につながります。
今回は、初心者・級位者の方が「棋譜並べを通じて上達する方法」を詳しくご説明しますね。
「棋譜とは何か?」という具体的なところからお話ししていきます。
どうぞ参考になさってください。


級位者さんのための「囲碁オンライン講座」の無料体験を実施しています!

布石の打ち方が分かる「序盤のお手本~特選30譜~」をプレゼント中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

「棋譜(きふ)」について

「棋譜」をうまく活用できると、囲碁上達に非常に役立ちます。

また、
昔々の江戸時代の碁や、最新のタイトル戦、自分で打った碁などを並べてあれこれ想うことはとても楽しいです。

是非、棋譜並べについて学んでいってください。

棋譜とは?

棋譜とは、一言で言うと「対局内容の記録」です。
打った手順を、数字で紙に記した物が「棋譜」です。

例えば、

囲碁棋譜画像
教室用の解説棋譜

こんな感じです。
碁罫紙(ごけいし)」という19路盤を書いた紙に、打った順番を数字で記していきます。

そうすると、
過去に打った碁を振り返ることができるのです。


棋譜のおかげで、

上手い人の打ち方を学んだり、

江戸時代にはこんな風に打っていたのか~などと、時代を超えて囲碁を楽しむことができます。

ちなみに上の棋譜は、
僕が教室の布石の解説用に作ったものなので、非常に短いです。


プロ棋士の棋譜は終局まですべて記してあるので、碁罫紙が数字で埋め尽くされます。

総譜画像
プロ棋士の総譜

こんな感じです。
「最初から最後まで書いてある棋譜」=「総譜(そうふ)」
というものです。

なんというか、
すごいですよね。


このような「棋譜」を見ながら、
碁石を順番通りに並べていくのが「棋譜並べ」ということになるわけですが、

「総譜(そうふ)」を最初から最後まで並べることができたら「初段」
と言われるくらい、プロ棋士の総譜を並べるのは難しいです。


とりあえず「へぇー」と思って下さい。

そして、
安心してください。
有段者の方でも「総譜は並べたことがない」という方は多いです。



「じゃあ、初心者・級位者の人は、一体どんな棋譜を並べたら良いのですか!?」
という疑問の声が聞こえてきそうですが、

それは順を追って後ほどお話ししますね。
(今すぐ見たい方は、こちらをクリック!



「棋譜並べ」の効果

棋譜並べの効果は、何と言っても「囲碁の打ち方が分かる」ということです。
囲碁を覚えたての頃は、自由過ぎてどこに打てば良いのかよく分かりませんよね。

棋譜並べをすることで、囲碁ってこうやるのか~、という雰囲気を感じ取り上達していく効果があります。

関連記事:
【囲碁の初心者上達法】失敗しない!たった4つの学習ステップとは?

囲碁棋譜画像

この図は一例ですが、「敵と味方の距離感」や「陣地の守り方」などが分かってきます。

また、
手の意味が深く分からなくても、並べれば並べるほど感覚が良くなっていきます。

「良い石の形」を視覚的に習得する効果があって、段々とうまくなっていきますよ。


あと、
棋譜を最初から最後まで全て並べる必要はありません。(「終盤の勉強がしたい!」などの目的がある場合は別です。)


基本的には、疲れたら途中でやめてOKです。


ただ、
複数回並べるのは上達のために重要で、「30手までを3回並べる」などという風に決めておくのがオススメです。

僕は高校生のころ、毎朝5時くらいに起きて「本因坊秀策」という偉い人の棋譜を、50手までを3回並べていました。


当時級位者でしたが、そのおかげでそれなりに上達できたようです。

※「終盤」の基本的な打ち方から「整地」までをしっかり学びたい方はこちら
関連記事:
【囲碁19路盤を打ち始めたら最初に読む記事】ヨセがよく分かる!初心者さん向け棋譜徹底解説


いつ棋譜並べの効果が出るのか?

気になる「いつ効果が出るのか」ということですが、

僕は、初心者であればあるほど、効果が出るのが早いと思っています。

最初は棋譜を真似て打つだけで、急にうまくなった感じになります。

そして、
対局して経験を積むことで、その手の意味や良さがあとから分かってくるのです。

ただ、
棋力が上がれば上がるほど、
棋譜並べの効果が出てくるのは時間がかかるようになっていきます。

これはどんなものでも同じだと思うのですが、うまい人がさらにうまくなるというのは大変なのです。

あなたが上級者以上の棋力でしたら「今日並べた棋譜の効果は、半年後に現れると思っているくらいがちょうど良いです。

また、高段者になってくると、
棋譜は「研究材料」という立ち位置になってきます。

真似して上達するというよりも、最新の打ち方や、プロ棋士の失敗の手などを探すようになってくるのです(囲碁は悪手が少ない方が勝つ)。

ということで、
「棋譜並べ」は棋力によって意味合いが全く違うものなのですね。

まとめますと、

初心者・初級者
⇒囲碁の打ち方を知る。
並べれば並べるほど効果が出る。

上級者・有段者
⇒手を知る。
この手はどんな意味なのかな?と考えながら並べて、自分なりの解釈を増やしていくことで上達する。
初級者だった頃よりは、効果が出るのに時間がかかる。

高段者
⇒最新の打ち方を学んだり、負けた側の敗因を探って、囲碁について研究する。

こんな感じです。

効果の表れ方は棋力によって様々ですが、全員に共通して「棋譜並べ」はオススメの学習方法ですね。


さて、
ここは「囲碁初心者~級位者の方のためのサイト」です。

ここから先は、初心者・級位者の方がより効果的に上達していく棋譜並べの方法を解説していきますね。

初心者・級位者さんのための棋譜並べ

ところで、「初心者に棋譜並べは意味がない」という意見を見聞きしたことはありませんか?

これはどういうことかというと、先ほどお見せした「総譜(そうふ)」や「プロ棋士の棋譜」を並べるから効果が出ないのです。

初めて水泳を習う人に、いきなりバタフライターンを教えようとしているのと同じようなものです。


なので、
初心者・級位者の方は、
「基本的な形で構成されている」
「手の目的が分かりやすい」
「難しい戦いの少ない」
というような棋譜を並べることが大事です。

長らく入門教室・級位者教室をやっていますが、
これはかなり重要です。

最初は、勝つための勉強ではなく、良い形を打ちながら終局まで到達できるようになることを目標にやっていきましょう。

◎序盤のお手本をプレゼント◎

ということで今日は、
初心者・級位者の方のための「序盤のお手本~特選30譜~」をプレゼントいたします!


20手~40手ほどの布石の棋譜集を製作しました。
「序盤の打ち方の基本」を、30日間で学べるように構成してあります。

また、
「囲碁オンライン講座」という基礎講座の無料体験も公開中ですので、あわせてご覧ください。


囲碁オンライン講座登録ページ

「囲碁オンライン講座の無料体験」&「序盤のお手本~特選30譜~」をセットでプレゼント中です。

上の画像をクリックして、是非お気軽にお受け取り下さい!


「棋譜並べ」のやり方

「棋譜がどんなものなのか?」というイメージはつかんでいただいたと思いますので、実際にどうやって「棋譜並べ」をしていくのかについて解説していきます。

※自分で棋譜をつける方法はこちら
関連記事:
【囲碁の棋譜の書き方】「碁罫紙」や「石を取った後の書き方」についても解説

必要な道具

棋譜並べに必要な道具はシンプルです。

碁盤と碁石

まずは、
当然の話のようですが「碁盤」と「碁石」ですね。

今はネットで「対局」ができたり「棋譜」を見ることができる時代ですので、碁盤や碁石をお持ちでいない方もいらっしゃいます。

僕の感覚ですと、ネットで棋譜を見るのはあまり効果がないです(特に始めたての方や、級位者の方)。

なぜかというと、
並べていないからです

画面上に黒と白の光が交互に現れるのを眺めているだけのように感じます。

棋譜は、
自分の目で見て、
実際に碁石を持って、
打つ場所を見定めて並べることが大事だと思います。


学習全般に言える事ですが、「五感」を使って学ぶことが非常に大切なのです。

碁石を持った時の感触や、
ジャラっという音、
碁盤に打ちおろした時の弾力や、
パチッという響きなどは、
脳にとても良い影響を与えてくれます。

碁盤・碁石をお持ちでいない方は、是非揃えて下さい。

今はネットで注文して、家に届けてくれる時代です。
便利ですよね。





楽天で販売されているものを載せておきましたので、参考になさってください。(画像をクリックすると楽天のサイトへ飛びます。)


棋譜並べにおすすめの本

碁盤と碁石をそろえたら、次は並べる「棋譜」が必要ですね。

高段者の方は何を並べても良いと思いますが、初心者・級位者の方は少し注意が必要です。

先ほども言いましたが、
プロ棋士の棋譜の中には非常に難解なものが多いのです。


「石の形を覚える」という効果がありますが、難しすぎると苦になってしまい、長続きしづらいと思います。


特に、
先ほどお見せした「総譜」を並べるのは有段者でも大変ですので、手順を分割してくれている棋譜を並べた方が良いです。

ということで、
「棋譜並べ」におすすめの本をご紹介しておきますね。


↑で紹介している本では、
棋譜を細かく分割して載せてくれていて、
しかも、図解が分かりやすいです。


「白石勇一」先生の「やさしく語る 棋譜並べ上達法」は棋譜並べのやり方から解説してくれています。


他にも色々な本が出ていますので、是非探検してみて下さい。

そして、
古い本よりも新しい本がオススメです。
残念ながら古い囲碁の本は、かなり難易度が高い上に、説明が不親切なものが多いのです。

また、
僕の経験上、棋譜解説に関して、出版社は「マイナビ」さんがオススメです。
参考になさってください。

あわせて、「序盤のお手本~特選30譜~」も無料でどうぞ。

囲碁オンライン講座登録ページ

囲碁オンライン講座の無料参加」&「序盤のお手本~特選30譜~」をセットでプレゼント中です!

上の画像をクリックして、詳細をご確認ください。


実際にどうやって並べるのか?

さて、
最後に具体的な棋譜並べのやり方についてお話します。

人によって色々な方法があるかと思いますが、僕が棋譜並べをするときのスタイルをお伝えしますね。

Step1:
碁石を右側(利き腕側)にまとめる。
黒石の碁笥を手元、白石の碁笥を奥に置きます。

Step2:
左手に棋譜を持つ。
(全集などの分厚い本を並べると腕が痛くなります。)

Step3:
棋譜を見ながら、順番に碁盤に打っていく。
あまり深く考えずに、黙々と並べます。

Step4:
疲れたり、もういいや、と思ったらやめる。
適当なところでやめても大丈夫です。
ちゃんと勉強になっています。

この辺りは色々な方法があると思いますので、独自の棋譜並べスタイルを研究してみて下さい。

ついでに、
碁石をかっこよく打つ練習もしましょう。
関連記事:
【囲碁入門:碁石の正しい持ち方】囲碁を打つ最初の一歩!動画で実演解説

まとめ

この記事で申し上げたいことは…

①「棋譜」とは、対局内容の記録のこと

②「棋譜並べ」とは、対局内容の記録を並べ返すことで、打ち方を学んでいく勉強方法のこと

③「棋譜並べの効果」は棋力によって違うが、長い目で見て、コツコツやっていくことが大切だということ

④碁盤と碁石、自分の棋力に合った棋譜を用意すること

⑤決まったやり方はなく、自分のやりやすいスタイルを探すこと


まとめるとこんな感じですね。
この記事があなたのお役にたてれば幸いです。


いかがでしたか?
棋譜並べは上達のためにとても重要な学習方法ですので、是非実践してみて下さいね。

囲碁オンライン講座登録ページ

画像をクリックして「囲碁オンライン講座」 の詳細を確認できます。

では、
最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!

関連記事

  1. 小目の定石

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!