【囲碁19路盤で打ち始めたら最初に読む記事】ヨセがよく分かる!初心者さん向け棋譜徹底解説

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」

こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は「19路盤入口」の初級者・初心者さん向けの講座をシェアしますね。
この講座を読むと、19路盤での布石~中盤の打ち方や、終局の仕方、整地の方法まで網羅的に学ぶことができます。
是非ゆっくり見ていってください。


「囲碁オンライン講座」にお試し登録ができます。画像をクリックすると詳細を確認できます。

囲碁オンライン講座登録ページ

以下は囲碁オンライン講座のサンプルです!

こんにちは。
今日もよろしくお願いします。


前回、前々回と19路盤の棋譜を学習してきましたね。

図1

序盤から中盤にかけては、
中央の陣地の広げ方を見てきました。



図2

中盤から終盤にかけては、
石のつながりと、二線の相手の石を取る手筋(ハサミツケ)、相手の陣地を減らすヨセの手筋(サルスベリ)、などを学んできました。

今回は、ここから終局までの手順と、19路盤での整地をやっていきます。


では、頑張っていきましょう!


終盤のヨセでは「デ(出)」をどんどん打っていくのがポイントになります。


「デ」というと、
たとえば…



図3

白94です◎



図4

黒地へ向かって前進していますね。



図5

なので、黒は95と止めることになります。
白94が「デ」で、黒95が「オサエ」です。

白は黒地へ出ることで、黒の陣地を一目減らすことができました◎
(黒地が黒95と打つことで埋まったのです。)


同じように、
「デ」を打って陣地の境界線を決めていきましょう。


碁盤全体を見ると、境目はたくさんあります。



図6

例えば白96がそうです。



図7

黒地へ向かって進もうとしていますね。



図8

黒97と止めさせることで、
97の場所が黒地ではなくなったのです◎
白の立場で考えると、黒の陣地を一目減らすことができました。


では、
続けて、



図9

白98◎
この手は「デ」ではないのですが、
デと同じように黒の陣地へ侵入しようとしています。


次にどう進もうとしているのかというと…




図10

白△です。
ここに打って、黒をアタリしながら黒の陣地の中へ入ろうとしています。



ということですので、



図11

白98には、黒99と受けることになりますね。
境目が決まってきました。


では、また全体を見ましょう。



左辺側の境界に注目して…



図12

白100です◎
この手も黒地へ進もうとしていますね。



図13

黒は入られたくありませんので、
黒101と、白の進路を止めます。



白も続けて、




図14

白102が良い手です◎
左辺の白の陣地を守りつつ…




図15

次の白△に打って、
黒をアタリにしようとしています◎




図16

なので、
白102には、黒103と守ることになりますね。

終盤戦でよくある境目の攻防なのです。



では、
さらにこの周辺で境目を探すと…





図17

白104と出て、
黒が105とおさえます。


そして…




図18

今度は白が狙われています。
白がこの場所を放っておいて、
黒△と打たれると、
白をアタリされながら、黒が白地に進んできてしまいます。


白としては、そうならないように…



図19

白106と戸締りをしておく手が大切になります。


陣地の境目を打つと、
敵と接触することになるので「アタリ」がよく出てくるようになります。

ということで、
黒番で白をアタリできるところを探してみましょう!



左辺のエリアで、白をアタリにできます。



図20

黒107です◎
これで、白一子がアタリになっていますね。



図21

白に108と打たせることで、
108の場所が白石で埋まって、白の陣地ではなくなったのです◎

白地を一目減らせましたね。



では、
また全体を見て「デ」を探しましょう。



白地へ向かって一歩前進する感じです。


たくさんありますね。



まずはたとえば…



図22

黒109◎



図23

進んでいます◎



図24

白は110と止めますね。




図25

同様に黒111と出て、
白112とおさえます。

白地に向かって一歩進むことで、
白の陣地を一目減らしています!



では、



図26

黒113はどうでしょうか?



この手は…



白地に向かって進んでいないですね。
あまり良い手ではありません。




図27

白地への道が無いだけでなく、
黒113は逃げ道が二つしかない危険な石です。



と、いうことですので、

白番で黒113を取る手を考えてみましょう!


どう打てばこの黒を取れますか?




いきますね。





図28

白114です◎
黒一子を切り離しながらアタリしています。




図29

黒の抵抗としては115ですね。
取られないように逃げています。


では、さらに白番で黒を攻めましょう。





図30

白116◎
下辺の黒と、つながらないようにしながらアタリしていますね。




図31

さらに黒が117と逃げてきたら…?





図32

この黒は、
次に下の黒とつながろうとしていますので…




図33

白118ですね。




図34

では、
また黒119と逃げてきたら…?




この黒は、



図35

今度は上の黒とつながろうとしています。





図36

なので、白120がGoodです◎


これでこの黒四子を取れそうですね。





図37

黒121と頑張っても、
白122と止めれば、黒はこれ以上動けません。


黒を取る事ができました!




どういう話だったかというと…




図38

こういう状況で、




図39

黒113と打つのは危険でした。
白の壁に単体でぶつかってしまっていて、逃げ道が少ないのですね。


なので、





図40

黒113では、
このように一路、味方の方に寄せた方が安全です。

ここに打つ事で赤丸の陣地を守る事ができています◎




図41

では、白114はどうでしょうか?


この手は白とつながっているので、
取られることはないのですが、


白地が増えていませんね。


また、黒地を減らしているわけでもありません。



図42

そしてもう一点、
黒が△と打ったとしても、
黒地が増えたり、白地が減ったりしません。


つまり、
白が打っても、黒が打っても、
陣地の増減のない場所なのです。



図43

×の場所は、
陣地の増減と関係のない境目ということで、
「ダメ場」です。

図のように、
黒と白が拮抗している場所は「ダメ場」になる事が多いのです。


ということで、
白114では、×の場所に打つのではなく、


図44

こういう、
黒地への道があるところに打った方が良いです◎

次に黒の陣地へ進んで、
黒地を減らそうとしていますね。




図45

黒は115と止めます。




図46

さて、
×の場所はどうでしょうか。

黒と白の両方から道が出ている場所です。


さっきの話ですと、
このような場所は「ダメ場」になりやすいのですが、




図47

今回は黒がAと打つと、
白△がアタリになりますね。





図48

白Bとつなげば取られませんが、
Bの場所が白地ではなくなってしまいました。





図49

つまり、
黒に×に打たれると、白は△を助けるために陣地が一目減るのです。



ですので、



図50

白116は「ダメ場」ではなく、
青丸の陣地を守るための良い手になります◎

陣地の増減と関係するかどうかがポイントなのですね。


さて、
この調子でヨセを打っていきましょう。

次は黒番ですので、
白の陣地へ一歩前進するような手を考えてみましょう。


左下で、たとえば…





図51

黒117◎
白地へ向かって出ていますね。


なので、対する白は


図52 

白118と止めます。



続けて、



図53

黒119、白120ですね。
「デ」と「オサエ」です◎



そして、




図54

黒121も良い手です◎
白一子をアタリにしています。

白に122と「ツナギ」を打たせることで、
白の陣地が一目減りました。




図55

黒123も「デ」です◎
一歩ずつ白の陣地へ進もうとしています。




図56

白も124とオサエを打つことで、
陣地を守っています◎


では、
ここで全体を見てみましょう。


黒番で白をアタリできる境目があります。
どこでしょうか?



探してみて下さい。




見つかりましたか?




図57

黒125が正解です。
白△をアタリにしていますね。



図58

白に126とつながせることで、
白地が白石で埋まったのです。



では、今度は一線にいきましょう。


「一線のハネツギ」を打っていきます。




図59

何か所かありますが、
まずは黒127(ハネ)と打ってみます。

この手も、白の陣地へ向かって進んでいますね。




図60

白128の「オサエ」には、
黒129の「ツナギ」です◎

黒127のハネと、黒129のツナギをまとめて、
「ハネツギ」という石の動きでしたね。


そして、
白には断点があります。




図61

放っておいて、
黒△と打たれると、一線の白がアタリになってしまいますね。

こういう断点はキケンなのです。



ということで、



図62

白は130のツナギが必要です。

これで「一線のハネツギ」の攻防は一件落着です。



では
今度は右下で「一線のハネツギ」を打ちます。




図63

黒131~白134です◎

この攻防はよく出てきますね。



さて、
全体を見渡すと、陣地の境界線も残りわずかです。



図64

今度は黒番で、
×の白地を減らすように打ってみましょう。



×の場所が「欠け眼」になるように…




図65

黒135です◎


ここに打つことで、




図66

将来、黒△と詰めて、
白×とつながせるということが約束されるのです。
(白三子がアタリですね。)

つまり、
×の場所は白の陣地ではなくなります。



図67

黒135が、
×の白地をジャマしているのですね。


そして、
白もまだアタリになっているわけではないので、
他の場所へ回って大丈夫です。

黒が△に打ってきたら、
白は×に打てば、白石が取られることはありません。



ということで、
左下はこのままにしておいて、
白は上辺の「一線のハネツギ」を打ちます。




図68

白136~黒139となりますね◎


実は、これで「ヨセ」は終わりです。
陣地の増減のある境目(=ヨセ)は全て打ち終わりました。

白地と黒地の境目はいくつか残っていますが、
それらは全部「ダメ場」です。



図69

×の場所は陣地の境目ですが、
どちらが打っても
自分の陣地が増えたり、
相手の陣地が減ったり、
ということがないのです。(=ダメ場)


ただ、
このままでは整地ができませんから、
最後にダメ場をお互いに打っていきます。(=ダメ詰め)




図70

黒141~白148と、
こんな風に交互にダメを詰めます。

これで、
陣地の境目が完全に終わって終局になるのですが、


最後の白148はおかしいですね。



ここに打ってしまうと…




図71

黒に取られてしまいます。

ダメ詰めはアタリになりやすいので要注意です。


白148では、



図72

このように「ツナギ」を打つ必要があります。

そして、黒が149と最後のダメ場を詰めて、
終局です。

OKでしょうか。



では、
整地をして陣地を数えていきます。


図73

今回はアゲハマがありますね。

まずはこれらを、
お互いに相手の陣地に埋めていきます。



図74

例えばこんな感じで、



図75

アゲハマを埋めてから、
地を整えていきます。

黒地からやってみましょう。


色々なやり方がありますので、
是非実際に石を動かして、整地の練習をしてみて下さい。




図76

整地の一例としては、
黒△を…





図77

こう動かします◎

すると、
右下の黒地が
3×10=30目
となりますね。




図78

今度は上辺をやっていくのですが、
その前に黒×と白×を交換してみましょう。




図79

こうなります。
交換することで、陣地の境目が明確になりますね。
(陣地が増えたり減ったりしないので、石を交換するのはOKなのです。)


そして、


図80

黒△たちを動かします。


どこに持って行くのかというと…






図81

ここです◎
これで、上辺から中央にかけての黒地が
8×10=80目
になりました。




図82

そして最後に、
右上の黒△を




図83

こんな風に移動して、
右上は8目(端数)です。

黒地:30+80+8=118目
ですね。


では、今度は白地を整地していきましょう。


図84

まずは、
この白△を動かしてみます。

うまく移動すると、
2×5=10が二つできますよ。



いきますね。




図85

こんな感じです。
右側に2×5=10目
の白地が二ヵ所できました◎




図86

今度は左辺です。
白△を動かします。



どう動かすのかというと…




図87

例えばこんな感じです◎

左上:5×10=50目
その下:2×5=10目

ですね。


そして最後に左下の白地なのですが、
この陣地は数えてみると14目です。

こういう時は10目と4目に分けてあげると、
相手に伝えやすくなります。


どうやるのかというと…



図88

白△を…




図89

こう動かせば、
2×5=10目
と端数の4目に分かれましたね。


これで整地が完成です。

白の陣地は、
10目+10目+50目+10目+4目=84目
コミ6目半がありますから、
90目半です。

黒地は118目でしたから、
この対局は黒が17目半勝ちです。

棋譜のPDF:
https://s-yosuke.com/19roban-1-3.pdf

お疲れさまでした。
19路盤を丸々一局見終わりましたね。
一通りの流れや打ち方が分かっていただけたかと思います。

次回は戦術的なことも解説していきたいとおもいますので、
楽しみにしていて下さい。

では、読んでくださりありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします!


こんな感じで解説しています。

今なら「囲碁オンライン講座」の無料登録で「序盤のお手本」をプレゼント中です!是非、ご参加ください。

囲碁オンライン講座登録ページ

関連記事

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!