【星の基本定石】囲碁初心者さん必見!定石の意味を理解して最短で上達

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」

今回は、基本定石「星へのカカリ」と「受け」「ハサミ」について解説します。
この解説を読むと、どのように19路盤の序盤を打てば良いのかが分かります。初心者さん、級位者さんは是非ご覧下さい!

関連記事:
【囲碁の定石入門】初めて定石を学ぶ方におすすめの1記事


 級位者さんのための「囲碁オンライン講座」を開催中です!

囲碁オンライン講座登録ページ

上の画像をクリックして詳細を確かめて下さい。


囲碁基本定石①「星にカカリ⇒受け⇒ヒラキ」

1:星の原理の話

まず、

白の星があったとします。

囲碁解説画像

もしも白番だった場合は…

囲碁解説画像
白1の「シマリ」が良い手です。

囲碁解説画像
四線から三線に向かって、戸締りをして、隅を守っています。

そして、

星はもう一つ「シマリ」の方向がありますね。

囲碁解説画像
この白1もシマリです。

囲碁解説画像
左辺へ向けて、四線から三線に戸締りしています◎
OKですね。

ということで、

囲碁解説画像
星の石はこのように、どちらかの矢印へ進むことができて安全なのです。

さて、

2:星のカカリとは?

星へのカカリとは、

囲碁解説画像
ズバリ黒1の事です。
ケイマの距離で近づいているので、「小ゲイマガカリ」と呼びます。

白が上辺の方向へ「シマリ」を打つのをジャマしていますね。
「シマリをジャマする手」=「カカリ」

です。

さて、カカリを打たれた白ですが、どのように対応するのかというと…

囲碁解説画像
白2です◎
反対側へ「シマリ」を打ちます。

こう打つことで、

囲碁解説画像
こんな風に陣地を作ることができます。
この、カカリに対する白2が「受け」です。
黒1がカカリ。白2が受け、ですね。

星は対照的なので分かりやすいです。

そして、

囲碁解説画像
白2と受けられた後は黒番です。
黒もカカリの石に、まだ陣地がありません。
赤丸のエリアくらいしか陣地を持っていないのです。

ということで、

この黒石に陣地を作ってあげるために…

囲碁解説画像
このように打ちます。

黒3は「ヒラキ」という手で、二つ間をあけてひらいているので二間ビラキ」と言います。


囲碁解説画像

こういうイメージです。
黒の陣地ができましたね。

他にも、

囲碁解説画像
黒3と打つと「大ゲイマビラキ」


囲碁解説画像

このように打つと「大々ゲイマビラキ」になります。

ヒラキにも、このように種類があって、それぞれに特徴があります。
それはまたの機会に解説しますので、今回はカカリの練習をしましょう。

3:カカリの練習

先ほどは黒1のカカリをやってみました。

囲碁解説画像
今度は反対側からカカリを打ってみましょう。

というと…

囲碁解説画像
こういうことになりますね。

そして、対する白は…

囲碁解説画像
白2が「受け」になります。

黒が来なかった方に陣地を作ります。

囲碁解説画像
黒も3の「二間ビラキ」や、

囲碁解説画像
「大ゲイマビラキ」

囲碁解説画像
「大々ゲイマビラキ」などを打って、辺に陣地を作って一件落着です◎

これが、「星にカカリ」⇒「受け」⇒「ヒラキ」の定石です。
慣れるとシンプルで使いやすい定石ですね。

4:実戦でどのように使うのか?

では、実際の対局でどうやって使うのか?を見ていきましょう。

囲碁解説画像
このようにお互いに星を打った状態で、次は黒の番です。

黒が上辺を拡大しようと考えたら…

囲碁解説画像
黒1とカカリを打つのが良い手です◎
白が2と受けたところで黒3とヒラキを打って、左辺の白模様を制限しつつ、上辺が黒の勢力になりました。

では、今度は白番です。

右辺に白地を作ろうと思ったら…

囲碁解説画像
白4のカカリがGOODですね◎
黒が5と受けている間に、白6などとヒラキを打って、右辺に白地ができました。

どうでしょうか?

このような感じで序盤戦は進んでいきます。


「囲碁オンライン講座」の無料登録で、もっと詳しい「序盤のお手本」をプレゼント中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

布石の打ち方がよく分かります。上の画像をクリックして、詳細を確認してください!


では次は、カカリに対して、白がハサミを打った場合について見ていきましょう。

囲碁基本定石②「星にカカリ⇒ハサミ⇒三々」

1:ハサミとは?

まずは「ハサミ」について解説します。

囲碁解説画像
ハサミとは、黒1のカカリに対して、「かかった側の陣地をあげませんよ」という手です。

例えば、

囲碁解説画像
白2がハサミです。

囲碁解説画像
黒の上辺側への道をジャマしています。
そして、黒と「一間」の位置で挟んでいるので、白2は「一間バサミ」と呼びます。

他にも、

囲碁解説画像
白2の「一間高バサミ
白 A の「二間バサミ
白 B の「二間高バサミ
など、ハサミ方にも色々あります。

今回は、

囲碁解説画像
「一間バサミ」で見ていきましょう。

2:挟まれた時の対応策

実は、対する黒の対応はシンプルで、どのような挟まれ方をしたとしても、

囲碁解説画像
黒3と三々に入ると良いです。

この手は、

囲碁解説画像
矢印のどちらかへ進む手を見つつ、隅の陣地を確保しています。

どういうことかというと、

囲碁解説画像
白が4とこちら側の道をジャマしてきたら、

囲碁解説画像
黒5と反対側へ進んで、

囲碁解説画像
このような展開になります。

囲碁解説画像
黒は隅の陣地をもらって、白は4とおさえた側(この場合左辺)に勢力を作ります。
白の立場で考えると、あらかじめ白 A などがいる時に、この展開は有効です。

さて、

囲碁解説画像
黒1のカカリ、白2のハサミ、黒3の三々入りの局面に戻ります。

囲碁解説画像
黒3はどちらかに進める良い手です。
という話でしたね。

なので今度は、

囲碁解説画像
白4ときた場合を見てみましょう。
隅の黒と、黒△を分断した手です。
黒としては、黒△が取られたとしても隅の陣地が作れればOKと考えます。

ということで、

囲碁解説画像
こんな感じになります。
黒は△を捨てて、黒5~11と隅に陣地を作ります。

囲碁解説画像
出来上がりのイメージはこんな感じです。
是非何回か碁盤に並べてみて下さい。

3:どうやって使うのか?

実際にどのような感じで使うのか?

一例を見てみましょう。

囲碁解説画像
黒1~白4とお互いに星で隅を占め合っています。

ここから、

囲碁解説画像
黒5と打つと「三連星」という布石になります。
黒は右辺の模様を大きくしようとしています。

そして、白6のカカリに対して、黒7とハサミを打つことでこのような展開になります。

黒13まで、挟まれた白は隅の陣地をもらい、挟んだ黒は右辺に黒模様を作りました◎

互角の進行です。

囲碁解説画像
その後、黒が17とカカリを打ちました。
対する白が白18とハサミを打って、黒は19と三々に入りました。

そして、黒27まで、白は挟んだ側に厚み、黒は隅の陣地をそれぞれもらいました。

どうでしょう。

このような実践例を並べることが上達のためには大切です。

まとめ

「星にカカリ」を打ちます。

囲碁解説画像
黒1が、「小ゲイマガカリ」でしたね。
今回は上辺側からカカリを打ちました。

そして、

囲碁解説画像
白2が「受け」です。
カカリの反対側へ陣地を作ります◎

それで黒も、

囲碁解説画像
黒3の「二間ビラキ」
黒 A の「大ゲイマビラキ」
黒 B の「大々ゲイマビラキ」
などのヒラキを打って、一件落着です。
こうなれば穏やかにお互いが陣地を分け合った、というイメージになります。

そして、

囲碁解説画像
白2とハサミを打たれた場合は「三々入り」が便利です。

このあとは二つの展開があって、

囲碁解説画像
このようになる展開と、

囲碁解説画像
白 A などがいる時、このような展開です。
是非とも碁盤に並べて見比べてみて下さい。

以上が最重要な「星の基本定石」でした。

では、今回はこの辺で。
どうもありがとうございました。


もっと詳しい解説は、級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料登録で勉強できます。「序盤のお手本」をプレゼント中ですので、是非ご登録ください!

囲碁オンライン講座登録ページ
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!