囲碁オンライン講座~無料公開中~

【星の基本定石】囲碁初心者さん必見!定石の意味を理解して最短で上達

星の基本定石の考え方を学べる記事

今回は、基本定石「星へのカカリ」と「受け」「ハサミ」について解説します。
この解説を読むと、どのように19路盤の序盤を打てば良いのかが分かります。初心者さん、級位者さんは是非ご覧下さい!

定石って何?【囲碁の定石とは?】学び方と書籍、おすすめの定石をご紹介!

囲碁基本定石①「星にカカリ⇒受け⇒ヒラキ」

1:星の原理の話

まず、

白の星があったとします。

囲碁解説画像

もしも白番だった場合は…

囲碁解説画像
白1の「シマリ」が良い手です。

囲碁解説画像
四線から三線に向かって、戸締りをして、隅を守っています。

そして、

星はもう一つ「シマリ」の方向がありますね。

囲碁解説画像
この白1もシマリです。

囲碁解説画像
左辺へ向けて、四線から三線に戸締りしています◎
OKですね。

ということで、

囲碁解説画像
星の石はこのように、どちらかの矢印へ進むことができて安全なのです。

さて、

2:星のカカリとは?

星へのカカリとは、

囲碁解説画像
ズバリ黒1の事です。
ケイマの距離で近づいているので、「小ゲイマガカリ」と呼びます。

白が上辺の方向へ「シマリ」を打つのをジャマしていますね。
「シマリをジャマする手」=「カカリ」

です。

さて、カカリを打たれた白ですが、どのように対応するのかというと…

囲碁解説画像
白2です◎
反対側へ「シマリ」を打ちます。

こう打つことで、

囲碁解説画像
こんな風に陣地を作ることができます。
この、カカリに対する白2が「受け」です。
黒1がカカリ。白2が受け、ですね。

星は対称的なので分かりやすいです。

そして、

囲碁解説画像
白2と受けられた後は黒番です。
黒もカカリの石に、まだ陣地がありません。
赤丸のエリアくらいしか陣地を持っていないのです。

ということで、

この黒石に陣地を作ってあげるために…

囲碁解説画像
このように打ちます。

黒3は「ヒラキ」という手で、二つ間をあけてひらいているので二間ビラキ」と言います。


囲碁解説画像

こういうイメージです。
黒の陣地ができましたね。

他にも、

囲碁解説画像
黒3と打つと「大ゲイマビラキ」


囲碁解説画像

このように打つと「大々ゲイマビラキ」になります。

ヒラキにも、このように種類があって、それぞれに特徴があります。
それはまたの機会に解説しますので、今回はカカリの練習をしましょう。

3:カカリの練習

先ほどは黒1のカカリをやってみました。

囲碁解説画像
今度は反対側からカカリを打ってみましょう。

というと…

 

囲碁解説画像
こういうことになりますね。

そして、対する白は…

 

囲碁解説画像
白2が「受け」になります。

黒が来なかった方に陣地を作ります。

囲碁解説画像
黒も3の「二間ビラキ」や、

囲碁解説画像
「大ゲイマビラキ」

囲碁解説画像
「大々ゲイマビラキ」などを打って、辺に陣地を作って一件落着です◎

これが、「星にカカリ」⇒「受け」⇒「ヒラキ」の定石です。
慣れるとシンプルで使いやすい定石ですね。

4:実戦でどのように使うのか?

では、実際の対局でどうやって使うのか?を見ていきましょう。

囲碁解説画像
このようにお互いに星を打った状態で、次は黒の番です。

黒が上辺を拡大しようと考えたら…

 

囲碁解説画像
黒1とカカリを打つのが良い手です◎
白が2と受けたところで黒3とヒラキを打って、左辺の白模様を制限しつつ、上辺が黒の勢力になりました。

では、今度は白番です。

右辺に白地を作ろうと思ったら…

 

囲碁解説画像
白4のカカリがGOODですね◎
黒が5と受けている間に、白6などとヒラキを打って、右辺に白地ができました。

どうでしょうか?

このような感じで序盤戦は進んでいきます。


「囲碁オンライン講座」の無料登録で、もっと詳しい「序盤のお手本」をプレゼント中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

布石の打ち方がよく分かります。上の画像をクリックして、詳細を確認してください!


では次は、カカリに対して、白がハサミを打った場合について見ていきましょう。

 

囲碁基本定石②「星にカカリ⇒ハサミ⇒三々」

1:ハサミとは?

まずは「ハサミ」について解説します。

囲碁解説画像
ハサミとは、黒1のカカリに対して、「かかった側の陣地をあげませんよ」という手です。

例えば、

 

囲碁解説画像
白2がハサミです。

 

囲碁解説画像
黒の上辺側への道をジャマしています。
そして、黒と「一間」の位置で挟んでいるので、白2は「一間バサミ」と呼びます。

他にも、

 

囲碁解説画像
白2の「一間高バサミ
白 A の「二間バサミ
白 B の「二間高バサミ
など、ハサミ方にも色々あります。

 

今回は、

囲碁解説画像
「一間バサミ」で見ていきましょう。

 

2:挟まれた時の対応策

実は、対する黒の対応はシンプルで、どのような挟まれ方をしたとしても、

囲碁解説画像
黒3と三々に入ると良いです。

この手は、

 

囲碁解説画像
矢印のどちらかへ進む手を見つつ、隅の陣地を確保しています。

どういうことかというと、

 

囲碁解説画像
白が4とこちら側の道をジャマしてきたら、

 

囲碁解説画像
黒5と反対側へ進んで、

 

囲碁解説画像
このような展開になります。

 

囲碁解説画像
黒は隅の陣地をもらって、白は4とおさえた側(この場合左辺)に勢力を作ります。
白の立場で考えると、あらかじめ白 A などがいる時に、この展開は有効です。

さて、

 

囲碁解説画像
黒1のカカリ、白2のハサミ、黒3の三々入りの局面に戻ります。

囲碁解説画像
黒3はどちらかに進める良い手です。
という話でしたね。

なので今度は、

 

囲碁解説画像
白4ときた場合を見てみましょう。
隅の黒と、黒△を分断した手です。
黒としては、黒△が取られたとしても隅の陣地が作れればOKと考えます。

ということで、

 

囲碁解説画像
こんな感じになります。
黒は△を捨てて、黒5~11と隅に陣地を作ります。

囲碁解説画像
出来上がりのイメージはこんな感じです。
是非何回か碁盤に並べてみて下さい。

 

3:どうやって使うのか?

実際にどのような感じで使うのか?

一例を見てみましょう。

囲碁解説画像
黒1~白4とお互いに星で隅を占め合っています。

ここから、

囲碁解説画像
黒5と打つと「三連星」という布石になります。
黒は右辺の模様を大きくしようとしています。

そして、白6のカカリに対して、黒7とハサミを打つことでこのような展開になります。

黒13まで、挟まれた白は隅の陣地をもらい、挟んだ黒は右辺に黒模様を作りました◎

互角の進行です。

囲碁解説画像
その後、黒が17とカカリを打ちました。
対する白が白18とハサミを打って、黒は19と三々に入りました。

そして、黒27まで、白は挟んだ側に厚み、黒は隅の陣地をそれぞれもらいました。

どうでしょう。

このような実践例を並べることが上達のためには大切です。

まとめ

「星にカカリ」を打ちます。

囲碁解説画像
黒1が、「小ゲイマガカリ」でしたね。
今回は上辺側からカカリを打ちました。

そして、

囲碁解説画像
白2が「受け」です。
カカリの反対側へ陣地を作ります◎

それで黒も、

囲碁解説画像
黒3の「二間ビラキ」
黒 A の「大ゲイマビラキ」
黒 B の「大々ゲイマビラキ」
などのヒラキを打って、一件落着です。
こうなれば穏やかにお互いが陣地を分け合った、というイメージになります。

そして、

囲碁解説画像
白2とハサミを打たれた場合は「三々入り」が便利です。

このあとは二つの展開があって、

囲碁解説画像
このようになる展開と、

囲碁解説画像
白 A などがいる時、このような展開です。
是非とも碁盤に並べて見比べてみて下さい。

以上が最重要な「星の基本定石」でした。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました!


【お知らせ】

基本的な定石を詳しく学べる「囲碁オンライン講座」を公開中です。

序盤のお手本」という19路盤の打ち方を習得できる教材もプレゼント中ですので、是非無料登録をしてみて下さい!

お名前、メールアドレス、6ケタの好きなパスワードを決めて入力する

お名前  
メールアドレス
6ケタの好きなパスワード

パスワードは半角なら何でもOKで、「151515」や「igoigo」などがオススメです。
※囲碁講座を1ヶ月分プレゼント!
※やめたくなったら簡単に登録を解除できます。
※体験が終わるころに「継続のご案内メール」をお送りしますが、続けない場合には無視していただいて結構です。

入力内容を確認して「無料参加!」をクリックする
登録したメールアドレスに講座が届いてスタート!

では、次は囲碁オンライン講座でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です