囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁入門⑦】「生き死にの原理」死活の本を読む前に要チェック!

今回は、囲碁の「死活」「石の生き死に」について学んでいきましょう。

この解説を読むと、生きている石(取られない石)、死んでいる石(取られる石)の違いと仕組みが分かります。

反対に、ここをおさえておかないと、「なぜ石が取られるのか?」
ということがよく分からないままになってしまいます。

是非、参考になさってください!

「生きている石」とは?

囲碁解説画像

この図をご覧ください。

次に黒番だとして、 どう思いますか??

囲碁解説画像

たとえば、黒1と打つことはできるでしょうか?

囲碁解説画像

この黒は、白に全方位を囲まれていますね。

そして、白を取る事もできません。

この白のかたまりは、青丸の場所が空いていて取れません。

つまり、黒1と打つことはできないのです。

【囲碁入門⑥】着手禁止点とは?囲まれているところには打てない!

囲碁解説画像

では、こちらはどうでしょうか?

この手も、先ほどと同じように…

囲碁解説画像

打てません。

白にすべての道を塞がれていて、白を取れるわけではないので、ルール上、打つことができません。

死活の基本「二眼」あれば生き

ということですので、ここからどのようなことが言えるかというと…

囲碁解説画像

このように、着手禁止点が二つ以上あると、石は取られなくなります。

そして、この A 、 B のことを「眼(め)」と言います。

とても大事な話です。

さらに、この図のように眼が二つある状態のことを「二眼(にがん)」と言います。

この白は二眼あるから生きている」と表現するのです。

「着手禁止点が二つ以上ある状態が生き」=「二眼の生き」ということですね。

反対に、

この図のように「一眼」しかない状態になると、白一団は取られてしまいます。

一眼

今度は白全体がアタリになっているので、黒1と打って白を取る事ができるのですね。

一眼

こういう状況になります。

どうでしょうか。

今回のポイント
  • 「一眼の石は囲まれると取られる」
  • 「二眼以上ある石は取られない」

この2点を是非覚えておいて下さい!

次は「死に石」について見ていきましょう。

【囲碁入門⑧】「死に石について」取られている石ってどういうこと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です