【囲碁の「生き死にの原理」】死活の本を読む前に要チェック!

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」


こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は、囲碁の「死活」「石の生き死に」について学んでいきましょう。

この解説を読むと、生きている石(取られない石)、死んでいる石(取られる石)の違いと仕組みが分かり、「欠け眼」や「中手」にのことをよく理解できます。

反対に、ここをおさえておかないと、「なぜ石が取られるのか?」
ということがよく分からないままになってしまいます。

囲碁の「死活・生き死に」について網羅的に解説しましたので、非常にボリュームがあります。
目次から知りたい分野をピックアップ、クリックをして、ゆっくりご確認ください!


「死活・生き死に」を理解していただけたら、「囲碁オンライン講座」で、具体的にどういう時に死活問題が発生するのか?
などを詳しく学ぶことができます。

囲碁オンライン講座登録ページ

無料で登録できますので、上の画像をクリックして詳細をご確認ください!


囲碁の「死活問題」の仕組み

囲碁のルール「着手禁止点」

まずはこの図をご覧ください。

囲碁解説画像

この白に対して、

囲碁解説画像

黒は1と、この場所に打つことはできるでしょうか?

この場所は…

囲碁解説画像

黒石からの道を全て、白にふさがれてしまっている状況なので、ルール上この場所に打つことはできません。

自分から取られに行くような場所には、打ってはいけないのです。

これを「着手禁止点」と言います。

囲碁解説画像

しかし、このように黒が白をびっしり囲んでいた場合は、

囲碁解説画像

黒1と打って、白を取る事ができます。

囲碁解説画像

こういう状態になります。

ということで、

自分から取られに行くような、すでに相手に囲まれている所には打てない

でも、②相手の石がアタリになっていて取れる時は、打って取ることができる

ということになります。


これが、囲碁の中でも非常に大切なルールで、ここからおもしろいことが分かってます。

ルールから分かる「生きている石とは?」

囲碁解説画像

今度はこの図をご覧ください。


次に黒番だとして、 どう思いますか??

囲碁解説画像

たとえば、黒1と打つことはできるでしょうか?

囲碁解説画像

この黒はまず、白に全方位を囲まれていますね。

そして、白を取る事もできません。

この白のかたまりは、青丸の場所が空いています。

つまり、黒1と打つことはできないのです。

囲碁解説画像

では、こちらはどうでしょうか?


この手も、先ほどと同じように…

囲碁解説画像

打てません。


白にすべての道を塞がれていて、白を取れるわけではないので、ルール上、打つことができません。

死活の基本「二眼」あれば生き

ということですので、ここからどのようなことが言えるかというと…

囲碁解説画像

このように、着手禁止点が二つ以上あると、石は取られなくなります。

そして、この A 、 B のことを「眼(め)」と言います。

とても大事な話です。


さらに、この図のように眼が二つある状態のことを「二眼(にがん)」と言います。

この白は二眼あるから生きている」と表現するのです。

囲碁解説画像

また、冒頭のこの図。

この状態は、「この白は一眼しかないから死んでいる」という風に言います。

「一眼以下」 or 「二眼以上」が生死の境で、これがいわゆる「死活問題」です。

上の図の白は、

囲碁解説画像

いつでも黒1と打たれて取られてしまう状況です。


また、白から助かる手がありませんので、

囲碁解説画像

この段階で、白はお手上げ状態と言えます。

周囲の黒さえ取られなければ、この白のかたまりは死に石(終局のときに取り上げて良い石)になります。

手禁止点が二つ以上ある状態が生き」=「二眼の生き」ということですね。

では、今度は「死に石」について勉強していきましょう。

この解説を読むと、どういう状態の石が取れていて、どういう状態の石が取れないのか、が分かります。
非常に大事なところなので、しっかりご確認ください。

囲碁の大事なルール「死に石」とは?

では、まずはこの図をご覧ください。

囲碁解説画像

これは、黒の陣地と白の陣地の境目がすべて決まって「終局」した状態です。

これからお互いに相手の陣地を数えていくのですが、

囲碁解説画像

白△はどうなっているのでしょうか。


どう思いますか?

囲碁解説画像

そう、この白は黒1と打たれると取られる状態です。

囲碁解説画像

かと言って、仮に白の番で白が1と逃げようとしても…

囲碁解説画像

黒2で、結局白△はまとめて取られてしまいます。

つまり、

囲碁解説画像

この状態で白△はお手上げなのです。


白△はこのまま、先ほどの黒1と打つことなく、取れている石になります。

どういうことかというと…

囲碁解説画像

陣地を数える時に、そのまま手で取り上げて良いということです。

相手の陣地を埋める「アゲハマ」になるのですね。

囲碁解説画像

このような感じで、白△は白の陣地に帰っていきます。(白地が減りました。)そして、陣地を数えてみますね。

囲碁解説画像

黒の陣地はこのポッチの数で、30目です。(黒石は陣地に数えません。)

囲碁解説画像

白の陣地も同様に、白石で囲んだ交点の数を数えて…
26目です。

⇒先ほど埋めた白△の場所は陣地ではありませんね。

囲碁解説画像

このように、相手の石に囲まれていて、逃げようがない石を「死に石」と言います。

そして、死に石は陣地を数える時に、そのまま取り上げて「アゲハマ」となります。

死活の判断「石の生き死に」

囲碁解説画像

では、今度はこのような図を考えてみましょう。


陣地の境目が決まって、終局している状態です。

さて、

囲碁解説画像

右下の白△の三子はどうなっているのでしょうか?


ちょっと考えてみて下さい。

この白三子は…

囲碁解説画像

黒から1と打たれると取られてしまいます。

かと言って、白番で助けることができるのかというと…

囲碁解説画像

白1とは打てないですね?

囲碁解説画像

白四子からの道を、黒にすべてふさがれてしまいますので、白1はルール上「打ってはいけない場所」になります。


つまり、白から打ったとしても助からないのです。

ということで、

囲碁解説画像

この白三子は、このまま「死に石」となります。
黒も、わざわざ一手使って取る必要がないのです。)←重要

囲碁解説画像

「陣地を数えましょう。」となった時に取り上げて「アゲハマ」になります。

囲碁解説画像

このような感じで白地を埋めて、黒は、白の陣地を減らすことができます。

そして、お互いに陣地を数えて勝敗を決めます。

OKでしょうか?


眼の話にいきます。

囲碁解説画像

この、右下の白三子の状態が「一眼で死んでいる」という状態で、死に石になります。


A の場所にしか眼がなく、白から助かる手がないのですね。


一眼の話の発展編

囲碁解説画像

さて、今回はもう一つ踏み込んで話をしていきます。


この図はどうでしょうか?


先ほどの図よりも、黒○が離れています。

囲碁解説画像

早速、結論を言いますと、この白は「死に石」になります。


「A の一眼しかないから死んでいる」と考えても良いですし、「白から助かる手がないから死んでいる」と考えてもOKです。

(白番だったとしても助かる手がないということを確認してみて下さい。)
つまり、陣地を数えるときになったら、

囲碁解説画像

白三子をそのまま手で取り上げて、白の陣地を埋めて良いのです。

アゲハマになるということですね。


ここはなかなか難しいところですよね。

もしも疑問点があれば、「囲碁オンライン講座」で質問ができますので、是非登録をして疑問を解消してください。

囲碁オンライン講座登録ページ

陣地を数えるときの「二眼の生き」

囲碁解説画像

さて、もう一テーマだけやります。


この図はどうでしょうか?

この図の右下の白に対して…

囲碁解説画像

黒から1とは打てません。

白を取れるわけではないので、着手禁止点ですね。

囲碁解説画像

こちらにも打てません。

囲碁解説画像

ということで、この白は A と B に眼があって「二眼の生き」になります。

黒から打っても、白を取れないのです。

囲碁解説画像

この状態で終局になり、右下は白の陣地となります。

囲碁解説画像

このようにポッチのところが白地になります。


数えてみると、29目の白地ですね。

囲碁解説画像

それで、黒地はこういうことになります。


数えてみますと、18目になりますね。
白が生きていることで、黒地が随分と少なくなりました。

どうでしょうか?

「石が生きているのか死んでいるのか」は、勝敗がひっくり返るくらい重要であるということと、石が取られないためには、「二眼」以上眼があることが大切なのですね。

「生き死に」についてのまとめ

囲碁解説画像

このような局面の場合、右下の白は一眼しかないので「死に石」になり、終局後、陣地を数える時にアゲハマになります。

囲碁解説画像

そして、このように白地が二部屋ある場合は「二眼ある」と表現し、白地としてカウントされます。

一眼なのか、二眼なのかが生き死にの分かれ道でした。


では、今度は「石の生き死にの判断」について解説します。

この話を理解すると、実戦で危機を回避したり、相手の石を一眼にして取る事ができるようになってきます。

「死活問題」とは?

死に形

まずはもう一度確認もかねて、この図から考えてみましょう。

囲碁解説画像

この白はどうなっているでしょうか?


生きか、死にか…

囲碁解説画像

この白は、黒1と打たれたら丸ごと取られてしまいますし、

囲碁解説画像

白番であったとしても、助かる手はありません。

例えば、白1などはもはや「着手禁止点」ですね。

なので、

囲碁解説画像

この段階で、お互いに何も打たずとも白死なのです。

これが、A にしか「眼」がない状況で、「白は一眼で死んでいる」と表現します。

囲碁解説画像

では、この図の白はどうでしょうか?


先ほどよりも白と黒の間が空いていますね。

囲碁解説画像

結論は、この白も「一眼で死に」です。

周囲の道が空いていたとしても、「黒に囲まれていて、眼が一つしかないのであれば、死にです。
白は A にしか眼がないのですね。

囲碁解説画像

また、白から助かる手がありません。

例えば白1と打ってみたとしても、黒2と打たれて(厳密には黒2すら不要)、白はこれ以上抵抗ができません。

なので、

囲碁解説画像

この段階で白死なのです。

「なす術無し」=「取られている」ということですね。

囲碁解説画像

次もいきましょう。

この図の白はどうでしょうか?

囲碁解説画像

この白も、やはり死にです。

Aの一眼しかなく、黒に包囲されているので、助かる術がないのです。

囲碁解説画像

仮に1、3などと抵抗してみても、結局最後はアタリになって取られてしまいます。

ですので、

囲碁解説画像

この段階で白は「取られている」と判断した方が良いのです。

囲碁解説画像

もう大分伝わってきたと思いますが、この図はどうでしょうか?

囲碁解説画像

今回も、同様の考えで白死です。

白は一眼しかなく、黒に封鎖されています。

なので、もう取られていると考えて良いのですね。

OKでしょうか。

囲碁解説画像

でも、もしもこんな感じだったら話は違ってきます。

Aの一眼しかありませんが、この状況は黒に囲まれていません。

囲碁解説画像

封鎖されていませんので、今後A以外にも白の眼ができる余地があります。

白は青丸のあたりに別の眼を作れば、生きることができます。

では、

生き形

今度はこの図です。

囲碁解説画像

この白はどうなっていますか?

囲碁解説画像

今度は、ようやく「白生き」です。

AとBに合計二つ眼がありますので、黒から、白を取る手がありません。

囲碁解説画像

このあと黒が、一生懸命黒△と打って、白の周りを囲んでいったとしても、これ以上手が出せません。

白をアタリの状態にできないのです。

囲碁解説画像

ということで、この状態はこのまま「白生き」ということになります。

「二眼」あるから取られないのです。

死活問題

囲碁解説画像

さて、最後のテーマです。


この白はどうなっているでしょうか?

囲碁解説画像

ここでもしも白番だったら、白1と打てば「生き」です。

AとBの二部屋で「二眼」ですね。

生きていて、AもBも白の陣地です。

でも、

囲碁解説画像

もしも黒番だった場合は、黒1と打たれて、これは「白死に」です。


囲碁解説画像

Aの場所は白の眼ですが、Bの場所は黒1が来てしまったことで、白の眼とは言えません。

つまり、Aにしか眼がなく「一眼で死に」の状態です。


終局の時に、この白は全部黒のアゲハマになってしまいます。

囲碁解説画像

ということでこの図は、○の場所に、白が打つか黒が打つかで結果が変わってきます。

この状態が「先手必勝」で「死活問題」です。


実戦では、いち早く、○のような急所を見つけることが重要になってきます。

そして、死活の急所を見つける訓練が「詰碁」です。

どうでしょうか。

生き死にについて大分分かってきましたか?


「具体的に、実戦でどのように役立つのか?」などを「囲碁オンライン講座」で解説しています。無料で体験できるので、是非お試しください!

囲碁オンライン講座登録ページ

今度はもう一歩、死活に踏み込んで「欠け眼」について勉強しましょう。
この解説を読むと、「欠け眼」の基本についてよく分かり、構造が理解できます。

囲碁死活の重要項目「欠け眼」

一眼の確認

まずは少し復習です。

この白は…

Aの一眼しかなく、黒に囲まれていますから「白死」です。

白が抵抗しても、最終的にアタリになって取られてしまいます。

でも、このようにもう一つ眼があれば…

AとBの「二眼」がある状態で「白生き」となります。

黒が白を詰めていても、白はアタリになることはありません。

つまり、取られないのです。

そして、この状態は…

先手必勝の状況で、白が1と打てば「白生き」。

反対に、黒が1と打てば「白死」ということになります。

この、生きるか死ぬかの境目が「死活問題」でしたね。

「欠け眼」とは?

さて、今回はこのような図です。

この白はどうなっているでしょうか?

AとBで「二眼」あるようにも見えます。

しかし…

黒に1と打たれると、白△がアタリになりますね?

なので白は、取られないためには、白2とつなぐのですが…

こうなると、結局白はAの一眼しかできない状況になって、「死に石」になってしまいます。

OKでしょうか。

では、元の図に戻って、今度は白番で抵抗してみます。

例えば、先ほど黒に打たれた場所に打ってみると、この状況は…

白二子がアタリですね。

黒にBと打たれると取られてしまいます。

つまり、Bの場所は白の眼とは言えないのです。

また冒頭の図に戻ります。

この状態は、Bの場所は白の眼ではありません。

黒に打たれると白△がアタリになってしまいますし、白から抵抗しても、結局アタリになってしまいます。

この白Bの事を「欠け眼」と言います。

Aは眼ですが、Bは欠け眼です。

なので、この白は「一眼で死に」の状態です。

終局して、陣地を数える時に「アゲハマ」になる石なのですね。

欠け眼の原理

白Bの場所は何が欠けているのか?

という話になってきます。

ポイントは黒×の存在です。

ここが、白Bが眼として欠けている点なのです。

ここが非常に解りづらいところなのですが、

もしも、×の場所が白だったら、Bは白の眼になります。

白石が縦横でしっかりつながっているところがポイントです。

こんなイメージです。

白×によって、角が欠けることなくつながっています。

そうすると…

周囲を黒に埋め尽くされても、白はアタリになる事がありません。

AとBの二か所が空いています(二眼)。

でも、白×が黒だったら、

白△がアタリになってしまいます。

これが「欠け眼」ですね。

周りが黒で埋まっていなくても、×の場所が黒ならば、Bは「欠け眼」なのです。

黒×が白石のつながりをジャマしているのですね。

ということで、

最初のこの図は、白は二眼あるとは言えず「死んでいる状態」です。

一眼しかないのです。

どうでしょうか。

ここが囲碁の入門で最もつまづきやすいところです。


ということで今度は、死活の重要ポイント「欠け眼」を見極める練習をしたいと思います。

何度も見ることで、欠け眼についてよく分かってきます。
関連記事:【囲碁の練習問題】初級手筋・死活問題をプレゼント!

欠け眼の練習」

死活判断の練習①

囲碁解説画像

この図から順を追って解説していきます。

この白は…

囲碁解説画像

AとBの二眼で生きています。

OKですね。

囲碁解説画像

では、この図はどうでしょうか?

黒×が加わりました。

囲碁解説画像

この白も、AとBは両方とも「眼」で、二眼を持って生きています。


黒×で片方の道は欠けてしまいましたが、青矢印のルートで白石がつながっています。

このように、石がしっかり線でつながりながら囲んだ陣地が「眼」になるのです。(がアタリにならないことがポイント

囲碁解説画像

では、今度はこの図です。

黒×がさらに増えました。

どうなっているのかというと…

囲碁解説画像

この状態は、白一子がアタリですね。

理屈としては、黒×によって白石の道をジャマされてしまっています。

だから、孤立している白一子がアタリになるのです。

そして、これが「欠け眼」ですね。

囲碁解説画像

Aは白の「眼」ですが、Bは黒×たちの存在によって「欠け眼」です。

なので、この白は「一眼で死んでいる」という状態ですね。

終局して陣地を数えるときに「アゲハマ(死に石)」になります。

囲碁解説画像

そして、黒石が少し離れたとしても、黒×がいることで白は欠け眼になります。

囲碁解説画像

いつでも、黒が1と打てば白△がアタリになり、

囲碁解説画像

白2とつないだとしても、白はAの一眼だけになって、取られてしまいます。

囲碁解説画像

また、白番だとして1と打っても、結局白はアタリになってしまい、眼はできません。

黒×が重要なのです。

死活判断の練習②

囲碁解説画像

今度はこの図を見てください。

黒×の場所がこのようになりましたが、白はどうなっているでしょうか?


生きているのか、死んでいるのか…

囲碁解説画像

よーく見ると、白△がアタリですね。

つまり、

囲碁解説画像

Aは白の「眼」ですが、Bは「欠け眼」ということになります。

囲碁解説画像

やはり黒×の存在がポイントで、白△の道をジャマしています。

このようになると、白△がアタリになることが確定するのです。

囲碁解説画像

なので、黒石が少し離れていて、今アタリでなくとも…

囲碁解説画像

Bの場所は欠け眼なのです。

白は一眼で死んでいます。

囲碁解説画像

黒石がこれだけ離れていても…

囲碁解説画像

黒×がいることで、Bの場所は欠け眼になります。

白の道をジャマしているのですね。

死活の判断練習③

囲碁解説画像

練習問題です。

この白は生きていますか?

囲碁解説画像

【解答】Aしか眼がない状態で死んでいます。

Bは黒×によって「欠け眼」ですね。

大丈夫そうでしょうか。

死活の判断練習④

囲碁解説画像

この図の白はどうでしょうか?

「生き」か「死に」か…

囲碁解説画像

【解答】この白も、Bの場所が「欠け眼」です。

白の道を黒×がジャマしています。

白はAにしか眼がなく、「一眼で死に」ということになります。

囲碁解説画像

例えば、片方の×が白石でしたら、

囲碁解説画像

こういう感じで、縦横の道でつながっているので白の眼になります。

この図は、二眼あって生きているのですね。

囲碁解説画像

黒にびっしりと囲まれても、白がアタリになることはありません。

白×のおかげですね。

どうでしょうか。
「欠け眼」についてだんだん分かってきましたか?


理論が分かってきたら、あとは練習問題をたくさん解いて目を慣らすだけです。
今後も、眼に関する問題を作っていくので楽しみにしていてください。

囲碁オンライン講座登録ページ

さて今度は、囲碁の死活問題の中でも非常に重要な「中手(なかで)」について解説します。

とても実戦で役に立つ話ですので、ゆっくりご覧ください。

死活の重要手筋「中手」

「陣地の広さ」≠「眼の数」

囲碁解説画像

まずは、復習も兼ねてこの図からいきましょう。

この状態は、白がどうなっているのかというと…

囲碁解説画像

Aの一眼しかなく「白死」の状態です。

黒に取られることを防ぐ手がないのですね。

囲碁解説画像

そして、このように黒石との間が空いていたとしても、黒に封鎖されていて一眼しかないので、この図も「白死」です。

囲碁解説画像

では、この図はどうでしょう。

白の陣地は「二目」ありますが、生きているのでしょうか?

囲碁解説画像

もしも黒番だった場合、黒は白を取るために、1と白の中に入ることができます。

(着手禁止点ではないですね。)

囲碁解説画像

そして、白に2と打たれて取られますが、

囲碁解説画像

こういう状態になって、この白は…死んでいますね。

黒一子を取りましたが、一眼しかありません。

囲碁解説画像

最初の場面に戻ります。

この時、先ほどは黒番で考えましたが、白番だった場合はどうでしょうか?

白から打って、助かる手があるかどうかがポイントです。

囲碁解説画像

白番で、例えば白1と打ったとしても…白は一眼しかありません。

取られてしまっています。

囲碁解説画像

また、こちらの白1に打ったとしても、白は一眼しかありません。

このように、白から打ったとしても一眼しかできないのです。

囲碁解説画像

つまり、この白はこのまま「一眼」しかなく死んでしまっている状態です。

陣地の広さは「二目」なのですが、生きるための「眼」としては「一眼」しかないのです。

⇒陣地の広さと、眼の数はイコールではな意ということが分かってきますね。

 

囲碁解説画像

こういうイメージで、一部屋(一眼)ということです。

 

囲碁解説画像

また、「一眼」ということなので、このように黒石との間が空いていたとしても白は取られてしまっています。

 

中手とは?

囲碁解説画像

さて、ついに「中手(なかで)」の話です。

この図について考えてみましょう。

もしも白番だったらどこに打ちますか?

囲碁解説画像

白番だった場合は、白1が良い手ですね。

ここに打つ事で「二眼」を作って生きる事ができます。

囲碁解説画像

さて、テーマ図に戻って、今度は黒番で考えてみましょう。

黒番だった場合は…白が二眼を作らないように…

囲碁解説画像

黒1が良い手です。(白もこの場所に打ちたいのでしたね。)

ここに打つ事によって、なんと、白が一眼になるのです。

囲碁解説画像

このあと、仮に白がA、Bと二手打って黒1を取ったとしても…

囲碁解説画像

こういう状況ですから、白は一眼しかありません。

今、白が二回打ったにもかかわらず一眼だったのです。

囲碁解説画像

ということで、黒1と打った段階でこの白は一眼になるのですね。

この黒1が「三目中手」という、相手を一眼にする手筋です。

囲碁解説画像

こんな感じで白の陣地が一部屋になって「一眼」なのです。

囲碁解説画像

また、このように黒が離れていても、白は一眼で死んでいる状態です。

囲碁解説画像

さらに、こんなに隙間が空いていても、黒に封鎖されていて他に白の眼ができないので「一眼で死に」ということになります。

ここまで大丈夫でしょうか。

中手の練習

では、中手の練習問題を解いてみましょう。

練習問題1

囲碁解説画像

この図の白はどうなっているでしょうか?

まずは、白番で考えてみて下さい。

囲碁解説画像

白番だった場合は白1が良い手です。

このように打つと「二眼」できます。

OKですね。

囲碁解説画像

では、今度は黒番で考えてみましょう。

黒は、白に二眼を作らせたくありません。

なので…

囲碁解説画像

黒1が正解になります。

そしてこの手が「三目中手」です。

白が一眼になるのですね。

囲碁解説画像

一眼であることの証明として、白がA、Bと二回打って黒1を取ったとしても、

囲碁解説画像

こういう状態ですので「一眼」です。

白がA、Bと二回打ったにもかかわらず一眼なので、

囲碁解説画像

黒1と打った段階で、白は一眼しかできないということが分かります。

練習問題2

囲碁解説画像

次はこの形です。

まずは白番で考えてみましょう。

囲碁解説画像

白番だった場合は、白1が二眼を作るための良い手です。

黒が白の周りを囲んだとしても、白はアタリになることがありません。

囲碁解説画像

では、今度は黒番で、白を一眼にしてください。

白に二眼を作らせないように…

囲碁解説画像

黒1ですね。

「三目中手」で、白を一眼にして丸ごと取る事ができます。

終局して、陣地を数える時にこの白たちを「アゲハマ」として取って良いのですね。

大分わかってきましたか?

練習問題3

囲碁解説画像

今度は少し形を変えてみましょう。

この図はどうしょうか?

まずは白番で二眼作る手を考えてみて下さい。

囲碁解説画像

白番でしたら白1が良い手ですね。

ここに打つ事で「二眼」できます。

囲碁解説画像

では、今度は黒の番で考えましょう。

白に二眼を作らせないためには…

囲碁解説画像

こういうことですね。

黒1と打って、白に二眼を作らせないようにします。

この手も「三目中手」です。

相手の三目の陣地を一眼にする手筋です。

黒1と打つだけで、白を丸ごと取れたことになるのです。

囲碁解説画像

証明としては、白がA、Bと二回打って黒一子を取ったとしても、

囲碁解説画像

白は一眼しかありません。

「三目中手」にした段階で一眼なのですね。

中手図鑑

いままで三目中手について勉強してきましたが、実は他にも「中手」があります。

これまでの三目中手の確認もしながら、ほかの中手も見てみましょう。

三目中手

囲碁解説画像

このように、縦の三目の陣地の真ん中に打つと、白が一眼になります。

囲碁解説画像

また、このように曲がった三目の陣地でも、黒1と打つ事で白が一眼になりますので、「三目中手」になります。

四目中手

囲碁解説画像

これまで解説に出てきませんでしたが、四目の陣地でも「一眼」になります。

黒がどこに打つと良いかを考えましょう。

なんとなくここかな…という感じで、

囲碁解説画像

黒1が「四目中手」です。

ここに打つ事で、このあと白がこの黒1を取ったとしても一眼になるのです。

囲碁解説画像

反対に、白が1と打つと「二眼」以上できてしまうので、この手を阻止したと考えるのもGoodです。

五目中手

囲碁解説画像

「五目中手」もあります。

この図のような五目の陣地を、黒番で一眼にできるのです。

どこだと思いますか?

囲碁解説画像

分かりづらいときは、白がどこに打ったら陣地が二部屋に分かれるのか?(二眼できるのか?)を考えると答えが分かってきます。

もしも白番だった場合は、白1が陣地を二部屋に分ける良い手です。

 

なので…

 

囲碁解説画像

黒番だった場合も、黒1が良い手になります。

これが「五目中手」です。

白がこのあと抵抗しても二眼作る事はできません。

囲碁解説画像

抵抗の一例を見てみましょう。

白2と打ってきたら、黒はどうしますか?

(だんだん難しくなってきましたね。)

囲碁解説画像

黒の打つ場所を考えるにあたって、白がどこに打ちたいのか?

を考えます。

白は2と打ったうえで、白△に打ちたいです。

このようになれば…

囲碁解説画像

このような感じで二部屋(二眼)できます。

白がどこもアタリになっていないことを確認してください。

囲碁解説画像

なので、白2に対して黒は、白が二眼できないように…

囲碁解説画像

黒3と打つ事が大切です。

このようになれば、このあと…

囲碁解説画像

白がA、Bと二回打って黒二子を取ったとしても、

囲碁解説画像

こういう状況ですので、白は一眼しかありません。

囲碁解説画像

さかのぼって、黒1と打った段階で白は一眼で死んでいるのです。

このあと白が抵抗したとしても、二眼作る事はできませんでしたね。

これが「五目中手」でした。

六目中手(花六)

なんと、六目中手もあります。

ただ、実戦ではレアなケースになりますので「へえ~」というくらいで見ておいてください。

囲碁解説画像

このような形です。

花のような形の六目の陣地です。

(花六と言います。)

囲碁解説画像

白が打つと眼がたくさんできそうなところを見つけて…

囲碁解説画像

黒1と打つと、白は一眼しかできない状態になるのです。これが「花六」と呼ばれる「六目中手」になります。

以上が、中手についての解説でした。

死活についてかなり詳しくやりましたが、いかがでしたか?

この「生き死に」をどのように実戦で使うのか?などを「囲碁オンライン講座」で解説しています。

また、分からないところがあれば質問もできますので、是非ご参加ください。

では、最後まで読んでくださりありがとうございました!

囲碁オンライン講座登録ページ

関連記事

  1. 隅の曲がり四目
  1. この記事へのコメントはありません。

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!