囲碁オンライン講座をプレゼント中!

【囲碁用語が語源!?】日常で使われる言葉の由来がおもしろい

今回は「囲碁用語が語源の日常の言葉」についてお話します。

言葉や慣用句の語源や由来を知るのは、その言葉の持つ世界観や背景が分かって面白いですし、囲碁入門の方にとっては囲碁の勉強にもなります。

是非ゆっくり見ていってください。


おしらせ

本サイトでは初級・中級の方のための「囲碁オンライン講座」を公開しています。1ヵ月無料体験を実施中ですので、お気軽にどうぞ。

囲碁講座をお探しのあなたへ

今なら「序盤のお手本~特選30譜~」というオリジナルの布石教材をプレゼントしております!


日常で使われている囲碁用語

囲碁用語というのは、日常会話で使っている言葉や慣用句のルーツになっていることがよくあるのです。

「ダメ」の語源は囲碁

まず、「ダメ」についてです。

日常で使っている「これはダメだよ。」という時のダメですね。

この言葉は囲碁の「駄目」からきています。
囲碁オンライン講座の入門編の方でも解説していきますが、

「駄目」=「打っても陣地の増減に関係のないところ
です。

打ってもあまり意味のない場所を駄目というのですね。

そこから、日常会話の中でも「それはダメだ。」みたいな使われ方をするようになったのです。

関連記事(初心者向け)【囲碁9路盤の打ち方】初心者の方必見!一局の流れを詳しく解説

「素人(しろうと)」と「玄人(くろうと)」の語源は囲碁

他にも「素人」と「玄人」という言葉の由来が囲碁です。

読み方はそれぞれ、「しろうと」と「くろうと」ですね。

つまり、白と黒です。

現代では棋力(実力)差がある場合、上手(うわて)が白を持ちますので、

上手い人」=「

という形になっています。

あとから打つ人=後手というハンデがあっても戦える人=うまい人

というような考えです。

しかし、昔々の大昔、
中国ではうまい人が黒を持っていました。
その頃は黒があとから打っていたのです。

そこから、

  • 上手い人(黒)=玄人(くろうと)
  • 下手な人(白)=素人(しろうと)
と言われるようになりました。
変わった読み方をする漢字でしたが、謎が解けましたね。

また、
ここまでの話の中にも、日常で使われる囲碁用語がいくつかありましたよ。

  • 上手(うわて)⇒「じょうず」 
  • 先手(せんて)⇒「先手を取る」「先手必勝」
  • 後手(ごて)⇒「後手を引く」「後手に回る」
などというように慣用的にも使われますね。

関連記事(上級者向け):【囲碁の戦略的先手と後手】二線のヨセで先手を取る方法

「一目置く」の語源は囲碁

他にもう一つだけ挙げますね。

上手と打つときにハンデをもらう対局を「置き碁」と言って、あらかじめ黒石を碁盤に置いた状態から始めます。

最初から味方が多い状況で始まりますので、黒が有利なわけです。

そして、「置き碁」の置き石(ハンデ)を数えるとき、

一子(いっし)、二子(にし)…や
一目(いちもく)、二目(にもく)…

と数えることから、

上手(うわて)=能力の高い人、尊敬する相手

に対して、「一目置く」という言葉ができました。

一目置くという言葉の語源は囲碁の置き碁だったのですね。

関連記事(ルールとマナー):【囲碁のハンデのつけ方】~置碁(置き碁)について~

まとめ

「囲碁が語源の日常用語」をいくつか挙げてみましたが、どうでしたか?

調べると他にも色々出てきておもしろいですよ。

また、
こうやって日常で使われている囲碁用語を知るだけで、囲碁の勉強になりましたね。

  1. 「打っても陣地の増減のない場所」を「駄目」や「駄目場(だめば)」という。
  2. ハンデ戦のことを「置き碁」という。
  3. 置き碁のときは下手(したて)が黒をもって、ハンデとして味方の石を置いた状態から対局を始める。
ということでした。

参考にしていただければ幸いです。

では、最後まで読んでくださりありがとうございました!


要チェック

級位者の方のための「囲碁オンライン講座」の詳細は、下の画像をクリックしてご確認ください。

囲碁講座をお探しのあなたへ

お気軽にどうぞ!