囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁の生き死にの判断と死活問題】一眼と二眼の違い

では、今度は「石の生き死にの判断と死活問題」について解説します。

この話を理解すると、実戦で危機を回避したり、相手の石を一眼にして取る事ができるようになってきます。

「死活問題」とは?

死活問題とは、「生き形」と「死に形」の境の状況のことです。

まずは、死に形と生き形について見ていきましょう。

死に形

まずはもう一度確認もかねて、この図から考えてみましょう。

囲碁解説画像

この白はどうなっているでしょうか?

生きか、死にか…

囲碁解説画像

この白は、黒1と打たれたら丸ごと取られてしまいますし、

囲碁解説画像

白番であったとしても、助かる手はありません。

白1は「着手禁止点」ですね。

なので、

囲碁解説画像

この段階で、お互いに何も打たずとも白死なのです。

これが、A にしか「眼」がない状況で、「白は一眼で死んでいる」と表現します。

囲碁解説画像

では、この図の白はどうでしょうか?

先ほどよりも白と黒の間が空いていますね。

囲碁解説画像

結論は、この白も「一眼で死に」です。

周囲の道が空いていたとしても、「黒に囲まれていて、眼が一つしかないのであれば、死にです。
白は A にしか眼がないのですね。

囲碁解説画像

また、白から助かる手がありません。

例えば白1と打ってみたとしても、黒2と打たれて(厳密には黒2すら不要)、白はこれ以上抵抗ができません。

なので、

囲碁解説画像

この段階で白死なのです。

「なす術無し」=「取られている」ということですね。

囲碁解説画像

次もいきましょう。

この図の白はどうでしょうか?

囲碁解説画像

この白も、やはり死にです。

Aの一眼しかなく、黒に包囲されているので、助かる術がないのです。

囲碁解説画像

仮に1、3などと抵抗してみても、結局最後はアタリになって取られてしまいます。

ですので、

囲碁解説画像

この段階で白は「取られている」と判断した方が良いのです。

囲碁解説画像

もう大分伝わってきたと思いますが、この図はどうでしょうか?

囲碁解説画像

今回も、同様の考えで白死です。

白は一眼しかなく、黒に封鎖されています。

なので、もう取られていると考えて良いのですね。

OKでしょうか。

囲碁解説画像

でも、もしもこんな感じだったら話は違ってきます。

Aの一眼しかありませんが、この状況は黒に囲まれていません。

囲碁解説画像

封鎖されていませんので、今後A以外にも白の眼ができる余地があります。

白は青丸のあたりに別の眼を作れば、生きることができます。

生き形

では、今度はこの図です。

囲碁解説画像

この白はどうなっていますか?

囲碁解説画像

今度は「白生き」です。

AとBに合計二つ眼がありますので、黒から「白を取る手」がありません。

囲碁解説画像

このあと黒が、一生懸命黒△と打って、白の周りを囲んでいったとしても、これ以上手が出せません。

白をアタリの状態にできないのです。

囲碁解説画像

ということで、この状態はこのまま「白生き」ということになります。

「二眼」あるから取られないのです。

【囲碁の「生き死にの原理」】死活の本を読む前に要チェック!

死活問題

囲碁解説画像

さて、最後のテーマです。

この白はどうなっているでしょうか?

囲碁解説画像

ここでもしも白番だったら、白1と打てば「生き」です。

AとBの二部屋で「二眼」ですね。

生きていて、AもBも白の陣地です。

でも、

囲碁解説画像

もしも黒番だった場合は、黒1と打たれて、これは「白死に」です。

囲碁解説画像

Aの場所は白の眼ですが、Bの場所は黒1が来てしまったことで、白の眼とは言えません。

つまり、Aにしか眼がなく「一眼で死に」の状態です。

終局の時に、この白は全部黒のアゲハマになってしまいます。

囲碁解説画像

ということでこの図は、○の場所に、白が打つか黒が打つかで結果が変わってきます。

この状態が「先手必勝」で「死活問題」です。

実戦では、いち早く、○のような急所を見つけることが重要になってきます。

そして、死活の急所を見つける訓練が「詰碁」です。

どうでしょうか。

生き死にについて大分分かってきましたか?

次は「欠け眼」というものについて見ていきましょう。

【囲碁の欠け眼】死活で重要な眼の話