囲碁オンライン講座~無料公開中~

【ルールを覚えたあとの囲碁のコツ】一線のアタリは要注意

こんにちは。
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は「一線のアタリ」について解説します。
実戦で必ず出てくる話ですので、是非ゆっくりご覧ください。

囲碁で重要な「一線のアタリ」

一線のアタリとは?

アタリ画像

このような状況があったとします。
実は白に弱いところがあるのですが、どこだと思いますか?

アタリ画像

縦に並んだ白四子は強そうなのですが、斜めに離れている白△が弱いです。
白△からは、逃げ道が二本しかありません。
(「手数が二手しかない」と言います。)

さて、黒番でこの白△を攻めたいと思うのですが、どうやって攻めたら良いでしょうか?

アタリ画像

まず、黒1はどうでしょう。
白△を挟むようにアタリしています。

アタリ画像

すると、次に白は取られないようにするために、白2と逃げますね。
こうなると、白△が縦横に強い白とつながってしまって、取れなくなってしまいます。

アタリ画像

こういう風に線でしっかり合流して、黒が白を囲めなくなってしまいました。

アタリ画像

ということで、最初の場面に戻って、黒が白△を取るためには…

アタリ画像

黒1の方からアタリを仕掛けることが大切です。
白石が縦横でつながっていかないように、分断しているのです。
(「キリ」と言います。)

アタリ画像

では、白も取られないように白2と抵抗してみます。
次に黒は、白を端っこに追い詰めるイメージで…

アタリ画像

黒3ですね。
相変わらず白はアタリです。

アタリ画像

さらに白4と逃げたとしても、黒5と打って、白を取る事ができました。

アタリ画像

こういう状況になりますね。
黒は大成功です。
なぜこのようなことになったのかというと…

アタリ画像

黒1が良いアタリの仕方だったからですね。
一線にある白△をうまくアタリして、最終的に取る事ができました。
ちょっとここで、一線、二線の確認をしましょう。

アタリ画像

碁盤の端っこの青の線が一線です。
そして、赤の線が二線です。
その後も、中央へ向かって、三線、四線…と数えていきます。
今回、一線にいる白がアタリになって取られたのでしたね。
なので、先ほどの黒1を「一線のアタリ」と言います。
一線の石は取られやすいという特徴があるので、お互い「一線のアタリ」には要注意です。

アタリ画像

白も、黒にアタリをされる前に、白1と打ってつなげておくことが大事でした。
白番でも黒番でも、1の場所がポイントですね。


オンラインの「囲碁入門講座」で詳しく学習できます!


「一線のアタリの練習」

少し一線のアタリの練習をしましょう。

アタリの練習1

アタリ画像

こんな状態があったとします。
黒番で、取れそうな白を探して取ってみましょう。
アタリの打ち方にも要注意です。

アタリ画像

黒1が良いアタリの仕方ですね。
一線の白を隅に追い込むようにアタリします。

アタリ画像

このあと白が逃げようとしても…

アタリ画像

どんどん隅に追い込んでいって…

アタリ画像

最後は盤端で取る事ができます。

アタリ画像

こういうことになります。
黒大成功ですね。

アタリ画像

白も、黒にアタリをされる前に、白1と打っておく必要がありました。
縦横でつなげるというのは大切なのですね。

アタリの練習2

アタリ画像

もう一問やりましょう。
上の図で黒番です。
白の弱いところを攻めてみましょう。

アタリ画像

白△が弱そうですね。
この白が孤立するように、黒番でアタリします。

アタリ画像

黒1ですね。
一線の白を隅に追い込むイメージでアタリです。

アタリ画像

白が2と逃げてきても…

アタリ画像

黒3のアタリがGoodです。
黒3で反対側からアタリをしてしまうと…

アタリ画像

この黒3は失敗で、白4と逃げられた時に、反対に黒×がアタリになって取られてしまいます。

アタリ画像

なので、相手を隅に追い込む黒3が良いアタリです。
白が4と逃げた後も…

アタリ画像

黒5~11と、同じ要領でアタリをしていって、最後は碁盤の端で取る事ができました。

アタリ画像

こうなりますね。
ここでちょっと余談ですが、

アタリ画像

黒1の「一線のアタリ」から、黒3、白4、となったときに、黒5手目で別の取り方があります。
「ん?」という感じかも知れませんが、次に黒番で「ゲタ」にすることができます。

アタリ画像

黒5が白三子を取るための「ゲタ」です。

基本手筋【囲碁の基本手筋】初心者の方が最初に学ぶべき重要手筋を詳しく解説!

アタリ画像

白の逃げ道二つに対して、黒5は先回りしています。

アタリ画像

すると、白6と逃げようとしても黒7。

アタリ画像

さらに白8と逃げようとしても、黒9と、白の進行方向を止めて白を取る事ができます。

アタリ画像

こういうことになります。
(白も途中で助けることをあきらめた方が良いです。)このように、端っこでも「ゲタ」が出てくるという話です。
少し話が逸れましたが、

アタリ画像

黒1と、一線の白石を切り離すようにしてアタリをする手が良い手でした。

アタリ画像

また、白番だった場合も、白1と打って、白△を縦横で連絡させておくことが重要です。

いかがでしたか?
「一線のアタリ」はよく実戦で出てくる話ですので、意識して対局してみて下さい。

では、今回はこの辺で。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
またよろしくお願いします。


オンラインの「囲碁入門講座」で詳しく学習できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です