囲碁オンライン講座をプレゼント中!

【囲碁の攻め合いの基礎】初級者のための「攻め合い」入門

こんにちは。囲碁インストラクターの佐藤です。

今回は「攻め合い」の基礎について解説します。

「攻め合い」っていったい何なのか?というところから解説していきますので、安心してゆっくりご覧ください。


初級・中級の方のための「囲碁オンライン講座」を無料公開中です。

今なら「序盤のお手本~特選30譜~」というオリジナル教材もプレゼント中ですので、是非お気軽にご活用いただければと思います。

囲碁講座をお探しのあなたへ

画像をクリックして詳細をご確認下さい!


「攻め合い」について

「攻め合い」とは何か?

攻め合い解説画像

まずはこの図をご覧ください。

この図では今、黒と白が攻め合っている状況なのですが、どの石とどの石が攻め合っているでしょうか?

攻め合い解説画像

黒Aと白Bが戦っています。

これが、取るか取られるかの「攻め合い」の状態です。お互いがアタリになっています。

ここでもしも黒番だった場合は、

攻め合い解説画像

黒が1と打って、白Bを取る事ができます。

攻め合い解説画像

こういう状況になりますね。

白を先に取る事で黒Aが助かりました。

最もシンプルな攻め合いでしたが、黒が攻め合いに勝ったということになるのです。

攻め合い解説画像

また、この状態の時に白番だった場合は…

攻め合い解説画像

白が1と打つ事で、黒Aを取る事ができます。

攻め合い解説画像

こういう状況になって、白が攻め合いに勝ちました。

このように、先に打った方が相手の石を取れる状況が「攻め合い」です。

「先手必勝」とも言い、日常で使われる「先手必勝」の語源でもあります。

「攻め合い」の練習①

攻め合いの基本についてをどんどん見ていきましょう。

攻め合い解説画像

この状態も攻め合いです。

どの石たちが攻め合っているのかというと…

攻め合い解説画像

黒○と白△の二子同士が攻め合いの状態です。

今回はアタリになっていませんが「先手必勝」なのです。

攻め合い解説画像

石から出ている逃げ道(呼吸点)の確認をすると、上の図のようになります。

どちらの石からも二本ずつ出ていますね。

この状況を手数が二手と表現します。

さて、ここで黒の番だったらどこに打ちますか?

攻め合い解説画像

白を先に取るために黒1ですね。(一路左でも正解です。)

ここに打つ事によって、白がアタリになりました。

攻め合い解説画像

白も黒を取ろうと思った場合、白2と黒の手数を減らしてくることになりますが…

攻め合い解説画像

次は黒番なので、黒3と打って、先に白を取る事ができます。

攻め合い解説画像

こういう風に白石がいなくなります。

黒が攻め合いに勝ちました!

攻め合い解説画像

さて、最初の状態に戻って、ここで白番だった場合はどうなるでしょうか?

白は黒を取るために…

攻め合い解説画像

白1と打ちますね。(一路右でもOKです。)

攻め合い解説画像

黒が2と詰めてきても、

攻め合い解説画像

白3と打って、先に黒を取る事ができます。

攻め合い解説画像

こうなりますね。

白が攻め合いに勝ちました。

先手だった側が相手の石を取る事が出来たので「先手必勝」の局面だったということが分かります。

「攻め合い」の練習②

攻め合い解説画像

今度はこの図で考えてみましょう。

さっきよりも手数が増えましたね。

しかし、白と黒の「手数の差」が「攻め合い」の焦点です。

攻め合い解説画像

白三子と黒三子が攻め合っていて、手数は三手vs三手です。

青丸と赤丸ですね。

同じ手数だった場合は「先手必勝」なのです。

もしも、黒番だったら…

攻め合い解説画像

黒1です。(他の詰め方でもOKです。)

こう打つことによって、白の手数があと二手になりました。

攻め合い解説画像

白が2と詰めてきても、黒3と打てば白を先にアタリにすることができます。

黒が攻め合いに勝てそうですね。

攻め合い解説画像

白が4とさらに詰めてきても、黒5と打って白を取る事が出来ました。

攻め合い解説画像

こういう状況ですね。

先手の利を活かして、攻め合いに勝ったのです。

「攻め合い」の練習③

攻め合い解説画像

最後はこんな形です。

どうでしょうか。

黒番で考えてみましょう。

攻め合い解説画像

まず、どの石とどの石が攻め合っているのかというと…

黒○の三子と、白△の四子ですね。

お互いに囲み合っています。

そして、次は手数の確認です。

攻め合い解説画像

石から出ている道の数を数えてみると、黒三本(三手)、白三本(三手)で同じ手数です。(石の数と手数は関係のないところがポイント。)

同じ手数の場合は「先手必勝」の攻め合いです。

黒番ということでしたから…

攻め合い解説画像

黒1や黒1’と打って、白の手数を少なくしていけば先に白を取れるはずです。

攻め合い解説画像

黒1に対して、白も2と黒を詰めてくるかもしれませんが、

攻め合い解説画像

黒3ですね。

これで、先に白がアタリになりました。

攻め合い解説画像

白に4とアタリされても、黒5と打って先に白を取る事ができます。

攻め合い解説画像

こういう形になります。

黒が攻め合いに勝つことができました!

まとめ

攻め合い」とは先手の側が相手の石を取れる状態の事で、一手の差で取るか取られるかが変わってきます。(日常で使う「先手必勝」は囲碁の攻め合いからきているようですね。)

囲碁の対局では、お互いの石が接触し合ったときに手数を数える作業が非常に重要ですので、意識してみていただければと思います。

では、本記事があなたの参考になりましたら幸いです。

最後まで読んで下さりありがとうございました!


級位者向け「囲碁オンライン講座」の無料登録で勉強できます。

今なら「序盤のお手本~特選30譜~」もプレゼント中ですので、是非ご活用ください!

囲碁講座をお探しのあなたへ

画像をクリックすると詳細ページへ進みます。

コメントを残す