囲碁オンライン講座~無料公開中~

【シチョウ入門】石を取る手筋「シチョウ」の基本を詳しく解説!

シチョウ

囲碁の基本手筋である「シチョウ」を詳しく解説していきます。

シチョウの基本

まずは、シチョウとは何なのか?について解説します。

囲碁解説画像


このような状況で黒番。
白を取りたいのですが、どうしましょう?

取ろうとするので、
黒は白をアタリします。

まず

囲碁解説画像

黒1

ここに打つと、白はアタリですね。

では、白逃げてみましょう!

というと?
白は

囲碁解説画像


こうですね。
白2の場所に黒がくると、白は取られてしまいますので
そこに先着します。

そして、
このように打つ事で、白石の逃げ道が増えました。

いくつに増えたかと言うと•••

囲碁解説画像


三ヶ所に増えました。

•••黒からすると、白を取りづらくなりましたね。

囲碁解説画像

この後

黒3と追いかけても、
白4と逃げて、さらに逃げ道が増えます。

黒失敗ですね。

囲碁解説画像

という事で

スタートのこの図で

囲碁解説画像


黒1と、こちらからアタリします。

白は取られないように

囲碁解説画像


白2と逃げますね。

囲碁解説画像

この時

先ほどのアタリの仕方と違って
白石の逃げ道は二つしかありません。

ということは、
次に黒番でまたアタリすることができます。

囲碁解説画像

では

黒番です。
AとBどちらでしょう?

白がアタリを逃げた時に
逃げ道が少なくなるようにアタリしたいです。

考えてみましょう。

囲碁解説画像

黒3

Aの方からアタリすると

白4と逃げた時に
白の逃げ道は…?

囲碁解説画像


3ですね。
白の逃げ道が増えてしまいました。

ということで

囲碁解説画像

Bの方からアタリ◎

黒3です。

囲碁解説画像

白4と逃げますが

白石の残りの逃げ道は二つですね。

つまり、また黒番でアタリできます◎

囲碁解説画像

ということで

次の黒はA、Bの
どちらからアタリすると良いでしょうか?

同じように想像してみましょう。
黒が白をアタリして、
白が逃げた時に

「白の逃げ道の少ない」アタリの方向は…?

両方やってみましょう。

囲碁解説画像


黒5とアタリすると
白6と逃げて
この白の逃げ道は…三つですね。

囲碁解説画像

では

黒5と反対方向からアタリすると
白6と逃げた時に
白の逃げ道は…二つです。

ということは
この図の方が黒に取って良いですね。
白の逃げ道が少ないわけですから。

この後のアタリの仕方はどうでしょうか?
黒番で、どうアタリするかですが

いきますね。

囲碁解説画像


黒7◎

囲碁解説画像

白8と逃げた時に

黒9◎
白10と逃げても白の逃げ道は二つです。

黒はまた白をアタリできるのですね。

なんとなく分かってきましたか?
これが「シチョウ」です。
アタリが続くようにうまくアタリして

囲碁解説画像


最後は
碁盤の端っこで全部取る事ができます◎

この状態は白を囲めていますから

囲碁解説画像


こうなりますね。
白をすべて取れています。

「シチョウ」という取り方でした。

「シチョウ」についてまとめると…

囲碁解説画像

取り方をまとめます。

このような形から
黒番で白を取ろうと考えて…

囲碁解説画像

うまくアタリしていきます。

このように
ジグザグな形になるんですね。
アタリがずっと続いて、最後、碁盤の端に追い詰めて
白を取る事ができました◎

では、

「シチョウ」の練習問題①

囲碁解説画像

この状態で黒番です。
シチョウで白を取って下さい。

最初のアタリの仕方が大切でした。

囲碁解説画像


黒1ですと、

次、白は取られないように

囲碁解説画像


白2と逃げて
この時、白石の逃げ道が三つに増えてしまいます。

ですので

囲碁解説画像


黒1が正解です◎

このアタリの仕方ならば

囲碁解説画像

白2と逃げようとした時に

逃げ道が二つしかありませんね。

次は黒番ですから、またアタリする事ができます。

続きいきますね。

囲碁解説画像


黒3が良いアタリの方向です。

白4と逃げても、またアタリできそうです。

しかし

囲碁解説画像


次に黒5と、こちらからアタリしてしまうと
白6で逃げ道が増えてしまいますので要注意。

囲碁解説画像

黒5がGood

慣れてくると規則的な動きですよね。

囲碁解説画像

ということで

これを繰り返して、隅に追い込んで取れるのでした◎

白石を全部囲めていますから

囲碁解説画像

こうなります。
黒大成功です◎
(実際の対局ですと、白は途中で諦めた方が取られる石が少なく済みますね。)

「シチョウ」の練習問題②

囲碁解説画像

こんな状況で黒番です。

今までと少し形が違いますが、これも「シチョウ」に持っていくことができます。
白石が、あと2手しかないところがポイントなのです。

アタリしてみましょう!

囲碁解説画像

黒1です◎
白がアタリですね。

囲碁解説画像

白2と逃げたら…?
この後はどんな展開になるでしょう。

一気にいっても大丈夫でしょうか。

いきます。

囲碁解説画像

このようにアタリが続いて
シチョウですね。

慣れてきましたか?

囲碁解説画像

それで

こちらからのアタリも正解です◎

囲碁解説画像

白2と逃げて

黒3と、
今まで言わなかったですが
白の進行方向を止める感じでアタリ」です。
↑この考えが掴めると色々な場面で役に立ちます。

白4と逃げますが

囲碁解説画像

ひたすら白の進む道を止めて、
アタリが続き、
碁盤の端っこで丸ごと取ることができます◎

「シチョウ」についてなんとなくわかりましたか?

「シチョウ」の練習問題③

囲碁解説画像

これはどうでしょうか?

先ほどの問題と同じようですが
右上に白石が追加されました。

黒、どうしましょう。

囲碁解説画像

黒1。
白をアタリしています。

さて、この後どうなるか予測できますか?

いきますね。

囲碁解説画像

シチョウで追いかけるのですが

黒3、白4と今までと同じです。

しかし、

囲碁解説画像


黒5、白6となった時に
右上に追加された白△が活躍してきます。

白6で白石が合流して(つながって)
逃げ道が三つに増えてしまいました。
次に黒番で、アタリできないですね。

しかも、
白に逃げられたあかつきには、
白から「両アタリ」が狙われています。
二ヶ所もあります。

上の図を見て、白番で両アタリできるところを
二ヶ所探してみましょう!

見つかりましたか?

答えいきますね。

囲碁解説画像

この二点です。
×の場所が、どちらも白が打つと両アタリになる場所です。

両方を同時に防ぐことはできないので、黒はまずいですね。

囲碁解説画像

最初に戻って

白△がいるので
こちらの黒1が正解です◎

狙っている白と白△が
つながらないようにアタリするのがGoodです。

囲碁解説画像

そして

このように、ちゃんとシチョウになります◎

では、あと一問だけやりましょう。

「シチョウ」の練習問題④

囲碁解説画像

今度はこんな形です。

黒番でシチョウにできるのですが、
どう打ちますか?

囲碁解説画像


このアタリの仕方ですと

白が逃げた時に

囲碁解説画像


白の逃げ道が三つに増えてしまいます。

ですので

囲碁解説画像


黒1です。

白が逃げようとしても

囲碁解説画像


白の逃げ道は二つですね。

白を、右の黒石に追い込む感じでアタリするのがポイントです。

では、次の黒は…?

囲碁解説画像


黒3◎

白4と逃げても、

シチョウが始まりますね?

囲碁解説画像


隅に追い詰めて取る事ができます◎

囲碁解説画像

この時

囲碁解説画像


こちらも正解です◎

囲碁解説画像


アタリが続いてシチョウです。

大丈夫そうですね。

囲碁解説画像

では、本当に最後。

白△があらかじめいたら…?

黒はどうしますか。

囲碁解説画像

先ほどの図のようにアタリしていくと

黒3ですと…

形はシチョウですが

囲碁解説画像


白△とつながって、シチョウではなくなってしまいます。
次に黒番でアタリできませんね?

これは黒失敗ということで

囲碁解説画像


こちらからアタリします◎
白△とつながらないように攻めるイメージです。

この後

囲碁解説画像


白△のいない方に、シチョウで追い詰めていって
黒17まで丸ごと取る事ができました◎

ちなみに、白△のような石を「シチョウアタリ」と言います。
シチョウで追いかけていったときに当たるからですね。

いかかでしたか。
今回の話で「シチョウ」に慣れてもらえれば幸いです。
次は「オイオトシ」について見ていきましょう。

オイオトシ【オイオトシ入門】石を取る手筋「オイオトシ」の基本を詳しく解説!

基本手筋の全体像は下をクリック:

基本手筋【囲碁の基本手筋】初心者の方が最初に学ぶべき重要手筋を詳しく解説!