囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁初心者の方が「独学」で上達する方法】

こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。

今回は、
「独学」で囲碁を学ぶには
ということを解説していきたいと思います。

僕は、「独学」の時間と「先生に習う」時間の両方を持つことが、効率良く上達していく最良の方法だと考えています。

習うだけではなく、独学も大事だということですね。

今日の記事では、
「囲碁の独学とは何か?」
というところからお話ししていきますので、是非ゆっくり見ていってください。

なぜ「独学」が良いのか?

独学で学ぶことで、誰にも邪魔されずに、人と比べることなく、自分のペースで学習していくことができます。

また、
自力で上達した!
という達成感を体験でき、今後さらに囲碁を上達していく自信につながります。

そして、独学の時間を持たずに、「ひたすら誰かに習う」という学習方法ですと、習うために時間を合わせなければなりませんし、それが先生であれば費用も多くかかってしまいます。(独学の時間と習う時間の両方を持つのがおすすめ)

別の機会に、「先生に習う方法」についても記事を書いていこうと考えていますが、今回は「独学の方法」に絞って解説していきますね。

囲碁の「独学」とは

そもそも「独学」とは何でしょうか。
あなたは「独学」と聞いてどんなイメージが湧きますか?

一人で黙々と…

誰にも習わずに自力で…

という感じでしょうか。
僕はそんなイメージです。

「大辞林」で調べると、

どくがく【独学】
( 名 ) スル
師についたり学校に通ったりせずに、一人で勉強すること。 「中国語を-する」

と、あります。
ということで、囲碁における独学としては、
囲碁の先生についたり教室に通ったりせずに、一人で勉強すること。
ということですね。

囲碁の独学の方法

では、具体的に「囲碁を独学で学んでいくにはどうしたら良いのか?」を考えていきましょう。

Step1:本で学ぶ

ルールを知らない方も、すでに対局ができる方も、独学のStep1は「本」です。

本こそが独学のイメージですね。
時間と場所に縛られずに学習することができます。

そして、良い本に出合うことが重要になってきます。
片っ端から本を読み漁って、良い本と悪い本を見極めて、情報を絞り込んでいくのも独学の醍醐味ですね。
僕は、大きな本屋の囲碁コーナーでパラパラと立ち読みをしてみて、読みやすそうな棋書を何冊かまとめて買うことが多いです。

そんな中で、「入門の方」におすすめの本が何冊かあるので良かったら見てみて下さい。

「ヒカルの碁」というマンガの本格「囲碁入門」です。
キャラクターが出てきますが、内容はちゃんとした分かりやすい入門書です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒカルの囲碁入門 ヒカルと初段になろう! [ 石倉昇 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/3/3時点)


ついでに、よかったらマンガも読んでみて下さい。
独学のモチベーションが上がりますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒカルの碁(全12巻セット) [ ほったゆみ ]
価格:9136円(税込、送料無料) (2019/3/3時点)


「マンガはちょっとなあ…」という方には石倉先生の入門書がおすすめです。

実は、先のマンガの入門書も石倉昇先生の本でして、この先生は囲碁の講座が分かりやすいということで有名なのです。
本も非常にやさしく分かりやすいので、是非見てみて下さい。




また、このサイトでも、ルールや打ち方を学べます。無料ですので、よかったらどうぞ。

これから囲碁を始める方:

囲碁入門講座

囲碁級位者の方:

囲碁オンライン講座登録ページ

Step2:実戦対局

本で理論を学んだら、さっそく実際に対局してみましょう!

独学の場合は「本」→「対局」→「本」→「対局」→…の繰り返しです。

僕の考えとしては、間に「質問・フィードバック」という項目として「先生に習う」があると効率的だと考えていますが、独学だけでもちゃんと上達していけると思います。

近所に囲碁が打てる環境があったら、勇気を出して一歩踏み出してみて下さい。

そして、ネットでも囲碁が打てます。
無料と有料の両方のサイトをご紹介しておきますね。



無料対局サイトとしては「COSUMI」が有名です。サイトに行って、すぐに打てるのが嬉しいですね。

COSUMI画像



日本棋院が運営している「幽玄の間」もネット対局場として有名です。
囲碁が打てるだけでなく、色々な情報を得たり、囲碁の技術を学ぶことができるので、有料の価値があると思いますよ。

幽玄の間

まとめ

以上が、シンプルではありますが、囲碁を独学で上達するための2つのステップです。
そして、「本」→「対局」→「本」→「対局」→…というように2つのステップを繰り返すことが重要です。

また、繰り返しながらも、本の内容をステップアップしたり、強い対局相手に挑戦したりして、螺旋階段をのぼるようなイメージで学習していただければ、着々と上達していくと思います。

では、どうもありがとうございました。
またよろしくお願いします!


「囲碁の独学」について考えを書いてみましたが、いかがでしたか。
よかったら、このサイトで提供している「囲碁オンライン講座」も独学の一環としてご活用下さい。
お名前とメールアドレスだけで簡単に無料登録ができます。

また、メールで囲碁の質問ができますので、独学でまかないきれないところをカバーすることができます

下の画像をクリックすると、それぞれの詳細ページへいきます。

これから囲碁を始める方:

囲碁入門講座

では、最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です