【シチョウ入門】囲碁の読みを鍛える意外な方法!~シチョウアタリ上達法~

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」

シチョウ」とは石を取る手筋の一つで、非常に重要です。
シチョウを習得しておくことで、自分の陣地に入ってきた相手の石や、切ってきた相手の石を取りやすくなります。
また、「シチョウで取る練習」が棋力アップにとても役立ちます。

シチョウとは何か?
シチョウアタリとは何か?
シチョウアタリをどうやって見極めるのか?
シチョウアタリで読みを鍛える方法

などについて話していきますね。
級位者の方は是非参考になさってください!

シチョウとは?

まずは、「シチョウ」とは何なのか?
ということを見ていきましょう。

シチョウとは、相手の石を取る方法のひとつで、このような時に使える技(手筋)です。

ここで黒番で、白をうまくアタリすると最終的に白を取る事ができるのです。

どのように打つのかというと…

黒1です◎

白をアタリにしていますね。

黒○に白を押し付けるようにアタリするイメージです。

白が2と逃げた時に、

黒○と触れているので、白は逃げ道が二つしかありません。

これがシチョウのポイントなのです。

そして次の黒は…

黒3がGOOD!

白二子をアタリにしていますね。

白が下から上に上がってきたので、その進行方向を止めるイメージです◎

白の逃げ道が少なくなるように攻める

白の進行方向を止める

この二点がポイントです。

白が4と逃げたとしても、白の逃げ道は二つしかありませんね。

またアタリすることができますので、黒がうまく攻めている状況なのです。

そして、

白4は左から右へ進んできていますから、次の黒の手は…

黒5です◎

白の進行方向を止めるようにアタリするのがコツですね。

これを繰り返していくと、最後は碁盤の端っこに追い込んで、白を全部取る事ができるのです◎

これが「シチョウ」という石を取る手筋です。

この石の動きは是非、碁盤に並べて確認してみて下さい。

関連記事:【囲碁の基本手筋】最初に学ぶべき5つの石を取る手筋!


級位者さん向け「囲碁オンライン講座」の無料体験で囲碁の基礎を学習できます。

囲碁オンライン講座登録ページ

画像をクリックして詳細をご確認ください!


シチョウアタリとは?

シチョウとはアタリをかけ続けて、碁盤の隅に追い込んで取る方法でした。

この取り方の性質上、都合の悪い場面が存在します。

たとえば、このような時です。白△がいますね。

先ほどと同じように、黒1とアタリしてシチョウで取ろうとしますが、

白12まで、白△とつながってしまいます。こうなると、白をアタリできなくなりますので、取る事ができません。

シチョウ失敗ですね。

この時の白△を「シチョウアタリ」と言います。

シチョウで追いかけていったときに当たるのですね。

シチョウアタリの練習問題①

さて、この図は先ほどの図と少し違います。

白△が一路左にずれました。

この白△が「シチョウアタリ」なのかどうか?ということを考えてみましょう。

実際にシチョウを碁盤に並べてみるのもとても勉強になりますよ。

黒3~9とアタリを続けても、白10まで、白△とつながって取れなくなってしまいます。

この図はシチョウ失敗で、白△はシチョウアタリだったのですね。

シチョウアタリの練習問題②

では、今度はどうでしょうか?

白△がさらに左にずれました。

黒1のシチョウは成り立つ(最終的に白を取れる)でしょうか?

それとも、白△と当たって取れなくなるのでしょうか?

実際に碁盤に並べても良いですし、頭の中でシチョウの動きをイメージできたら素晴らしいですね。

下の図のようになります。

白10までとなった時に、黒7がアタリになってしまうのです。

黒が11とつないでいる間に、白12などと打たれて白を取れなくなってしまいますね。

このように、白△がいるせいで味方の石がアタリになってしまうこともあるのです。白△もシチョウアタリだということでした。

シチョウアタリの練習問題③

今度は白△を右に大きくずらしてみました。

黒1のシチョウは成り立つでしょうか?

それとも、白△はシチョウアタリなのでしょうか?

シチョウの動きに随分慣れてきたと思いますので、是非頭の中でこのあとの石の動きを想像してみて下さい!

では、やってみましょう。

今回も白△とつながってしまいますね。

白△はシチョウアタリだったのです。

シチョウアタリの練習問題④

では、この図の白△はどうでしょうか?

黒1とアタリをしたあとの展開を想像してみましょう。

どうなるかというと…

今回は白△に当たりません!

黒21まで、白をシチョウで取る事ができました◎

白△はシチョウアタリではなかったのですね。

シチョウアタリの練習問題⑤

最後はこの図です。

白△が変な場所にいますが、どうでしょうか?

頭の中で読んでみて下さいね。

あっていてもあっていなくても、「読みの練習」になります。

では、答えを見てみましょう。

白16まで進んだ時に、白△がいるせいで黒13がアタリになってしまいますね。

黒がアタリをつないでいる間に、×の断点を攻められて黒がボロボロになってしまいます。

白△はシチョウアタリだったのです。

関連記事:【囲碁の練習問題】習うより慣れる!初級手筋・死活問題をプレゼント


級位者さん向けの「囲碁オンライン講座」で囲碁の基礎を学習できます!

囲碁オンライン講座登録ページ

画像をクリックして、詳細をご確認ください。

シチョウアタリの見極め方

ここまで色々な事例を見てきましたね。

事例から分かる「シチョウアタリ」の見極め方をご紹介します。

この図の場合、右上に白がいないのでシチョウで取れるわけですが、シチョウの通る範囲があります。

それはどのエリアかというと…

このエリアです。

シチョウを行う黒石の隣の地点から、このように見ます。

このエリアの中に白がいたら、それは「シチョウアタリ」なのです。

つまり、

白○はエリアの外なので、シチョウとは関係ありません。

白×はギリギリエリア内なので、シチョウアタリになります。

どうでしょうか。

シチョウアタリ上達法

練習問題を解いていただければ分かると思いますが、「シチョウ」の動きを頭の中で想像するのは「読みの訓練」になります。

そして、答えは並べてみれば分かるので、自分で問題を作って自分で解答を出すことができます。

さて、先ほどは「シチョウアタリの見極め方」をご紹介しましたが、実戦では当てはまらない場面も多々あります。

それはどんな状況かというと、

例えばこんな時です。

シチョウの範囲内に、白がいるけど黒もいる、という状況。

こういう場合は、白△がシチョウアタリとは限りません。

この場合は、黒が白をシチョウで取る事ができます。

黒○の存在がいるおかげで、白△ごと、まとめて取れるのです。

こういった、敵も味方もいる場合は頭の中で想像するしかありません。

しかし、これが「読みの訓練」になるのです。

最後に、この図の展開を読んでみましょう。

黒1と打って、シチョウで白を取れるでしょうか?

頭の中で読んでみてくださいね。

読めたでしょうか。

答えいきます。

この場合は白△がシチョウアタリになり、取ることができません。

黒○とは関係なく白△とつながりますね。

「シチョウアタリ上達法」はこのような感じです。自分で適当に敵と味方の石を置いて、シチョウで取れるかどうかを頭の中で読んでみて下さい。

読みの力が付くだけでなく、シチョウを判断する訓練自体が実戦で役に立ちます。

問題を作るのも、解答を出すのも非常に簡単です(答えは実際に碁盤に並べて確認できる)ので、是非試してみて下さい!

では、最後まで読んでくださりありがとうございました。
またよろしくお願いします。


級位者さん向け「囲碁オンライン講座」の無料お試し参加で囲碁の基本を詳しく学習できます。
「序盤のお手本~特選30譜~」もプレゼント中です。

囲碁オンライン講座登録ページ

画像をクリックして、詳細をご確認ください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!