囲碁オンライン講座~無料公開中~

【囲碁のアゲハマ】陣地を数える時にどうなるのか!?

アゲハマ」とは、取った(取られた)石のことで、陣地を数えるときに相手の陣地を埋めることができます。この記事を読むと、アゲハマをどのように扱うのかが良く分かります。初めての方は、是非ゆっくりご覧ください。

「アゲハマ」とは?

まずは、アゲハマとは何か?について解説します。

アゲハマとは、相手の石を囲んで取った時の「取り石」のことです。白の碁石がハマグリでできていることから、「ハマグリを取り上げる」ということで「アゲハマ」と言います。

こんな感じで黒が白を囲むと、

白石を取って、終局の時まで碁笥のフタに入れておきます。(陣地を数える時に相手の陣地を埋めます。)
これが「アゲハマ」ですね。白が黒を取った時にも同じようにアゲハマと言います。

実際に終局の時にはどうやるのか?

では、陣地を数える時(整地)の時にどうやって扱うのか?を見ていきましょう。

この図は、9路盤で終局まで出来上がっている図です。それで、黒と白の取ったアゲハマがそれぞれ3つと5つだったとします。陣地を数えましょう、となった時に…

白の人は、アゲハマを黒の陣地に埋めます。(このことから、お互いに相手の陣地を数えます。)

埋め方は自由で、例えばこんな感じです。

では、平行して、黒のアゲハマも白の陣地に埋めましょう。実際の対局では、お互いが相手の陣地を同時に整地していきます。

こんな感じで埋めます。

今、こういう状態ですね。それで、今度は陣地を数えやすく整えていきます。

黒△と白○を動かしてみます。

こんな感じです。

9路盤の場合はある程度、掛け算で計算できる形に持っていっていれば良いと思います。(相手に伝わりやすければOK)

これで、黒地は25目。白地は25目+6目半(コミ)=31目半。ということで、白の6目半勝ちです。アゲハマの使い方はOKでしょうか。

「死に石」もアゲハマになる

もう一つ事例を見てみましょう。今度は、盤上で死んでいる石(死に石)がある場合です。

こういう風に、黒×と白×がそれぞれお手上げ状態だったとします。これらは、陣地を数えるときに死に石として「アゲハマ」になります。

例えばこんな感じで、お互いが相手の陣地に埋めることになります。碁笥の蓋にある「アゲハマ」と同じ扱いになるのですね。

こうなります。それで、あらためて碁笥の蓋の中のアゲハマを埋めていきます。

こういうことですね。

こんな形になりました。最後にこれを掛け算の形になるように整えていきます。

黒△と白○をそれぞれうまく配置して、四角形の陣地ができるようにします。

一例ですが、こんな感じですね。お互いに24目です。コミがあるので、白の6目半勝ちです。整地については下の関連記事を見ていただくとして、アゲハマ、死に石の扱い方は伝わったでしょうか。

是非、碁盤に並べて練習してみて下さい。

【囲碁の整地はこれで完璧!】19路盤の整地の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です