囲碁オンライン講座~無料公開中~

【ツケヒキ定石の変化】キリを狙って咎める方法

今回は、「ツケ引き定石」の変化について解説します。実戦で良く出てくる形ですので、是非碁盤に並べて参考になさってください!

ツケヒキ定石とは?

まずは、ツケヒキ定石の確認です。

ツケヒキ定石

黒の小目に白が1と「一間高ガカリ」をしました。

ここで黒が「隅の陣地が欲しい」と思い、

ツケヒキ定石

黒2~6と打っていくのが「ツケヒキ定石」です。

※白5で5’に打ち、白7で7’に打つのも定石の一つです。

とても使いやすい定石ですので、あなたも実戦で使ってみて下さいね。

定石って何?【囲碁の定石とは?】学び方と書籍、おすすめの定石をご紹介!

ツケヒキ定石の変化

さて、今回は、

ツケヒキ定石

黒6と「一間」に打つ手で、

ツケヒキ定石

このように「ケイマ」に打つとどうなるのか?

ということについて解説していきます。

対局場などで、とてもよく見かける手ですね。

ツケヒキ定石

ケイマで四線に上げて、大きく陣地を取ろうとしています。

結論から言いますと、

黒6は悪い手ではなく、白7のあと、

ツケヒキ定石

黒8の戸締りをしておけば互角の進行です。

ツケヒキ定石

このように、四線から三線に戸締りをして、陣地を広げながら守っていますね。

黒地が大きく見えますが、白は先手を取って他の大場へ先着できるので「互角」の進行なのです。

守りを打たなかった場合の咎め方

では、黒8はなぜ必要なのでしょうか?

黒が8の守りを打たなかった場合の、白番での咎め方を考えていきましょう。

ツケヒキ定石

つまり、こういう状況で白番ですね。

どこに打って黒を攻めますか?

黒の「ケイマ」&「四線」の弱点は…

ツケヒキ定石

白1です。

ここが、黒×を切ろうとしている好手なのです。

ツケヒキ定石

黒が2などと反撃してきたら、

白はチャンスです!

キリの手筋があるのです。

いきますね。

キリの手筋:ケイマのツケコシ

ツケヒキ定石

白3が黒×を切る手筋で「ケイマのツケコシ」です◎

ケイマのツケコシの基礎については、下の記事を参考になさってください。

ツケコシについて【ツケコシとは!?】囲碁の基本がよく分かる「ケイマのツケコシ」講座

ツケヒキ定石

さて、黒4に対しても、白は黒を切るという考えで白5ですね。

ここを切ることによって、

ツケヒキ定石

次に△のキリも狙いになります。

黒としては、隅の石を取られるわけにはいかないので、

ツケヒキ定石

黒6とつなぐことになります。

その間に白は…

ツケヒキ定石

白7と打って、辺の白とつながる事ができるのです。

このようになると、

ツケヒキ定石

黒×を切って、孤立させることができていますね。

これは白が大成功の展開です。

白が有利な戦い!

このあとの展開としては、

ツケヒキ定石

黒8には白9と打って、黒三子を攻めます。

一例ですが、

ツケヒキ定石  

黒が白を切ってきたとしても、白15まで、白が有利な戦いです。

この状況は、黒四子を取る事ができていますね。

ということで、

ツケヒキ定石

白1が黒×の弱点です。

ここに打たれた黒は、キリを狙われているので反撃ができず、

ツケヒキ定石  

黒2と守る必要があります。

白がその間に白3の二間ビラキを打って、これも満足な展開です。

特に、黒2と黒×が重複していて黒石の効率が悪いですね。

白が黒をうまく咎めたということになるのです。

OKでしょうか。

まとめ

まとめますと、

ツケヒキ定石

白1~7がベースになる「ツケヒキ定石」で、黒は6と低く構えているので、これ以上の守りは不要です

黒は先手で他の大場へ打つ事ができます

ツケヒキ定石               

黒6でケイマを打つのも「アレンジ」としてOKで、その場合は黒8の戸締りをしておきましょう

この展開も互角です。

ただし、白が先手になるところが注意点ですね。

どうでしょうか。

ツケヒキ定石の基本」と「キリの手筋」を学べると思いますので、是非碁盤に並べてみて下さいね。

では、読んでくださりありがとうございました!