囲碁オンライン講座~無料公開中~

【詰碁問題8】やさしい問題を解いて目を慣らそう!

問題図

詰碁8

この形で黒番です。

二眼を作って生きるためにはどこに打てば良いでしょうか?


正解図

詰碁8

黒1が正解です。

ここに打つ事でAとBに眼ができて、生きることができますね。

もしも白番だったら…

詰碁8

もしも白番だったら、白1が良い手になります。

ここに打つ事で、黒の眼をジャマして黒一団を取る事ができるのです。

黒はAの一眼しかなく「死に石」になりますね。

詰碁8

「終局」の状態になって陣地を数える時に、このようにそのまま取り上げて「アゲハマ」になるのです。

OKでしょうか。

失敗図

詰碁8

問題図のときに黒番で、

詰碁8

黒1と打つのは失敗です。

白番でうまく打たれると「欠け眼」にされてしまうのです。

どこに打たれるのかと言うと…

詰碁8

白2です。(この場所は正解の場所であり、急所なのですね。)

詰碁8

黒3と打つと、白一子を取る事ができますが、

詰碁8

こういう形になります。

この状況は、Aの場所が「欠け眼」になります。(白×がいることで、黒のつながりが欠けているのですね。)

欠け眼になると、

詰碁8

黒△がアタリになります。

白×と白4によってアタリされていますね。

詰碁8

取られないために黒5とつなぎますが、そのせいで黒の眼が黒石でうまってしまいました。

結果的にAにしか眼がなく、黒は「死に石」になってしまいます。

【囲碁の欠け眼】死活で重要な眼の話

欠け眼にするテクニック

詰碁8

黒1に対して白2が、黒を欠け眼にするテクニックで「ホウリコミ」と言います。

白一子を黒の中に放り込んで、あえて取らせることで黒の眼をジャマしているのです。

詰碁8

そして、黒が3と打って白一子を取ったとしても、白×の存在によりBが欠け眼になります。

最終的に、黒にはAの一眼しかなく黒は取られてしまうのですね。

ということで、

詰碁8

問題図の状態から、黒は、

詰碁8

黒1と打つ手が大事なのでした。

これならば、AとBの両方が「眼」になり、取られることはありません。

詰碁8 

こんな風に、縦横の線でしっかりとつながっていることがポイントです。

どうでしょうか。

「欠け眼」が分かりづらい概念ですが、実戦でとても大事です。

是非、この話をまた復習してみて下さいね。

次は詰碁問題9にいきましょう!

【詰碁問題9】やさしい問題を解いて目を慣らそう!