囲碁オンライン講座をプレゼント中!

【囲碁のハサミツケ】ヨセでも使える「断点を狙って脱出する手筋」

ハサミツケの「みそ」

今回は「ハサミツケ」という手筋について解説していきます。

ハサミツケの意味や仕組みが分かると、実戦で、閉じ込められていた味方の石を脱出できたり、脱出することで相手の陣地を減らしたりすることができます。

断点を見つける練習にもなりますので、是非碁盤に並べて確認してみて下さい。

ハサミツケとは

ハサミツケとは「ハサミ」+「ツケ」ということで、

例えば、

ハサミツケ

白1のような手が、黒×に対する「ハサミツケ」になります。

白1は、黒×を隅の白と挟みながら、黒×とくっついていますね。

この図の場合は、隅の白が辺へ脱出できて、結果的に左辺の黒地を減らすことができます。

黒地を減らすことができるので、白は有利な状況になっていくのですね。

どういうことなのかを見ていきましょう。

ハサミツケの仕組み

まずは、今回の図の状況を確認しましょう。

ハサミツケについて

このような図で「白番」だったとしますね。

陣地の構成を見ると、

ハサミツケについて

隅が白の陣地で、左辺が黒の陣地になっていきそうです。

ここで白が、

ハサミツケについて

この図のように、

  • Aの黒地への入り口
  • Bの断点
  • Cの断点

この3点があるということを見て、

ハサミツケについて

白1のハサミツケが手筋なのです。

白は次に、

  1. 白Aに打ってつながる手
  2. 白Bに打って黒一子を分断する手

この二つの手を狙っています。

味方とつながる手と、敵を分断する手を両にらみにしているというのが「ハサミツケ」の凄いところであり、良い手である理由なのです。

このような視点で見てみると、ハサミツケをされた黒一子がとても弱く見えてきますね。

ハサミツケをした後の展開

では、ハサミツケの後の展開を見ていきましょう。

ハサミツケについて

白1のハサミツケに対して、黒としてもAとBの二択になってきます。

戦いの練習になりますので、是非、両方の展開を碁盤に並べてみて下さいね。

黒Aのサガリで白を分断してきた場合

ハサミツケの展開

まずは黒2と打ってきた場合です。

黒2は碁盤の下に向かってノビているので「サガリ」という囲碁用語になります。

黒2のサガリに対して白は、

ハサミツケについて

白3のキリが好手です◎

ここに打つ事によって、

ハサミツケの展開

黒△と黒×の両方が弱くなります。(どちらも呼吸点が2手になりますね。)

関連記事:【囲碁の石の強弱の見分け方】根拠と呼吸点(手数)が大事!

ハサミツケの展開

黒も4と打って白を攻めてきそうですが、

白はアタリになっている白一子を、

ハサミツケの展開

白5と逃げれば、反対に黒△がアタリになりますね。

ハサミツケの展開

黒が6とつないでいる間に、

ハサミツケの展開

白7と打てば、今度は黒×がアタリになります◎

そして、この黒×は逃げられませんね。

ハサミツケの展開

黒8と、黒も白二子を攻めてくるかもしれませんが…

ハサミツケの展開

白9と打てば、先に黒二子を取ることができます◎

こうなると、

ハサミツケの展開

黒二子を取れただけでなく、この後黒地へ進む道がたくさんありますね。

白のハサミツケは成功し、黒地を減らすことができたのです。

さかのぼって、

ハサミツケについて

A、B、Cの弱点を狙って白1と打ち、

黒がAのサガリで抵抗してきたら…

ハサミツケの展開のまとめ

この図の黒2のサガリで抵抗してきたら、白3のキリから白9まで、反撃して黒を取ることができるのでした。

是非、碁盤に並べて確認してみてくださいね。

黒がBのツナギで守ってきた場合

では、今度は、

ハサミツケについて

白1のハサミツケに対して、

ハサミツケについて

黒2のツナギで守ってきた場合の展開を見ていきましょう。

この手に対して白は、

ハサミツケの展開

白3が好手です。

ここに打つ事で、隅の白とつながる事ができるのですね。

ハサミツケの展開

このような感じでつながっていて、白3は「ワタリ」という囲碁用語になります。

味方の石へ渡っているのですね。

そして、この図の青矢印のように辺の黒地へ進むことができるのです。

このあと、

ハサミツケの展開

黒4と打ってきたら、

白は白一子がアタリされないように…

ハサミツケの展開

白5のノビが良い手です◎

白がアタリにならないようにしながら、左辺の黒地へ進んでいますね。

では、

ハサミツケの展開

黒6ときたら…

今度は白がアタリを狙われているわけではないので…

ハサミツケの展開

白7のハネが良い手です◎(黒がAと切ってきても、白はBと対応すれば黒Aを取れるということをご確認ください。)

※関連記事:【囲碁の石の取り方について】アタリの方向が大事!二線の石を取る方法

ハサミツケの展開

続けて、黒8ときたら、

今度は白はアタリを狙われているので、

ハサミツケの展開

白9のノビが良い対応です◎

そして、例えば白11まで、辺へどんどん進むことができるのです。

ハサミツケの展開

こんなイメージですね。

黒地が減って白地が増えました。

ということで、

さかのぼりまして、

ハサミツケについて

白1のハサミツケに対して、

黒がBのツナギで対応してきたら…

ハサミツケの展開

この図の黒2のツナギで対応してきたら、白3のワタリから白11まで、どんどん辺へ進むことができるのでした。

ハサミツケのおかげで、黒地を減らし、白地を増やすことができて白は得をしているのですね。

OKでしょうか。

まとめ

ハサミツケについて

このように、黒の壁に弱点が多い時に、白1のハサミツケが良い手なのでした。

ハサミツケが成功すると、隅の白を辺へ脱出することができて、辺の黒地が減ったり、場合によっては、辺に白の眼ができて助かったりします。

案外、実戦でよく出てくる手筋ですよ。

仕組みと使い方を是非、碁盤に並べて練習し、実戦で活用してみて下さい。

では、最後まで読んでくださりどうもありがとうございました!