囲碁オンライン講座をプレゼント中!

【厚みと模様の違い】「厚みを囲うな、近づくな」の格言も解説

今回は「厚み」と「模様」の違いについてお話しします。

厚みを囲うな」や「厚みに近づくな」という格言の意味もよく分かってきますので、是非ゆっくり見ていってください。

「厚み」と「模様」は何が違うの?

「厚み」と「模様」の違いってよく分からないですよね。

似ているようで違うのですが、

2つの違いを端的に表現しますと、

厚みは「しっかりとつながっている石たち」で、模様は「陣地になりそうなエリア」です。

具体的に見ていきましょう。

厚みと模様の違い

【黒1~白60まで】

たとえば、こんな棋譜があったとします。(「打ち込み」と「三々入り」の練習になるので、是非並べてみて下さい。)

厚みと模様の違い

こういう状況ですね。

この図で、「白の厚み」と「白の模様」について考えてみます。

それぞれを探してみますと…

厚みと模様の違い

右辺の白〇たち:厚み

左辺の青丸エリア:模様

という感じです。

どちらも大まかではありますが、はっきり言えることは、

厚みは「石」で模様は「空間」ですね。

もっと追及して表現すると、

厚みは「つながっている石たちで、模様は「陣地になりそうなエリアです。

何となくイメージは伝わりましたか?

厚みを囲うと模様になる

では今度は、白番で右辺の厚みから陣地を作ろうとしてみましょう。

たとえば…

厚みと模様の違い

白1、3などです。

このように打つ事で、

厚みと模様の違い

青丸のエリアが「白模様」になります。

さて、

模様=陣地になりそうなエリア

でしたから、まだ陣地ではありません。

次は黒の番になって、

厚みと模様の違い

ジャマされます。

たとえば黒4、6ですね。

白は5、7と囲めば陣地になりますが、黒8などと打たれると…

厚みと模様の違い

増えた白地よりも、増えた黒地の方が多いです。

これでは、厚みから陣地を作ったとしても、白の形勢は有利になりませんね。

さて、

ここから僕たちが学べることは、

「厚み」が陣地になるまでのステップです。

厚みが陣地になるには、

厚み模様陣地

という段階があるのです。

そして、厚みが模様になった時に、相手からのジャマが入ることが多いのですね。

つまり、陣地になりづらいのです。

この法則を昔の人たちは、格言として、

厚みを囲うな」や「厚みに近づくな

と言ったわけですね。

格言の仕組みは伝わりましたか?

厚みに敵が近づいてきても気にしない

では今度は、

厚みと模様の違い

この局面で黒番で、右辺の白の厚みに近づいてみましょう。(冒頭の棋譜を並べてもらえれば分かりますが、実際に黒番です。)

たとえば、

厚みと模様の違い

黒1などですね。

この手は、白〇の厚みに近寄って、

「陣地を作らせないぞ~」

と言っています。

ここで白の人は、すごいイジワルをされた気分になって落ち込みがちですが、厚みに近づいてきた相手の石は気にしなくて良いです。

白〇たちが「取られさえしなければ良い」くらいに考えていて大丈夫です。(取られないようにしてくださいね。)

このあと具体的にどう打つのかを見ていきましょう。

たとえば…

厚みと模様の違い

白2です。

右辺の白〇たちは気にしません。

黒が厚みにイジワルしている間に、白は左辺の模様を陣地にしていきます。

この調子で、

厚みと模様の違い

黒がしつこく3~7などと打ってくるかもしれませんが、右辺は気にせずに、左辺の白模様を陣地にすることを考えましょう

ただし、×の断点を守る白6は大事な一手ですね。取られないようにすることも忘れないようにしてください。

さて、黒15までの展開になったとすると、

厚みと模様の違い

白〇の厚みからは陣地ができなくなりましたが、左辺の白模様がとても大きな陣地になりました。

また、黒地は小さいですね。

白の厚みに近づいたから、このようなことになったのです。

ということで、

厚みと模様の違い

黒1などと、厚みに近づくのは得策ではありません。

ではどこに近づいたら良いのかというと…

「厚み」ではなく「模様」に近づこう

厚みと模様の違い

「模様」に近づいてください。

黒1は一例ですが、左辺の白模様の拡大を制限する良い手です。

厚みと模様の違い

こんなイメージで、

白模様へ入ろうとしつつ、上辺の黒模様を拡大していますね。

厚みと模様の違い

その後、たとえば上の図のようになると、

 

厚みと模様の違い

白模様を抑えつつ、中央に黒模様ができてきます。

厚みに近づいた場合よりも、黒はずっと良い状況ですよね。

どうでしょうか。

是非、碁盤に並べて景色の違いを見比べてみて下さい。

まとめ

以上をまとめますと、

厚みと模様の違い
  • 厚みは、「しっかりとつながった石たち」
  • 模様は、「陣地になりそうな空間(エリア)」
厚みと模様の性質
  • 「厚み」⇒「模様」⇒「陣地」というステップで陣地になっていく
  • 厚みを模様にすると相手にジャマされる⇒厚みを囲わない方が良い
  • 厚みではなく、模様に近づこう!

 こんな感じです。

どうでしょうか。

是非、実戦で意識してみて下さいね。

では、最後まで読んでくださりありがとうございました!