【囲碁の星の基礎】星で隅を守る方法

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」
【運営者プロフィール】囲碁インストラクターの佐藤洋佑ってだれ?

こんにちは!
囲碁インストラクターの佐藤です。
今回は「囲碁オンライン講座」のサンプルとして、
No.2【星の基礎】~シマリとコスミ、トビサガリ~を公開します。
星の陣地の守り方がよく分かりますので、是非ゆっくりご覧下さい。


級位者さん向け「囲碁オンライン講座」に無料お試し登録ができます!
画像をクリックして詳細を確認してください。

囲碁オンライン講座登録ページ

こんにちは。
今週もよろしくお願いします。



今日はこの形について色々やりたいと思います。


星から隅を守っていますね。
図1
埋め込み画像 1


ところで、
この形に至るまでの手順、わかりますか?





…まずは、星にいて、




黒1とケイマでシマリを打ちます。

図2
埋め込み画像 4

この黒1だけでもかなり強化されているのですが、
星は小目と比べて広いので、まだ白Aと入る余地があります。


白がAに入ると、
生きるか死ぬかの「コウ」になるのですが、
これに関してはまたの機会に詳しくやりたいと思います。




とりあえず、
隅はまだ完全でないということで、





図3
埋め込み画像 5


黒2ともう一手。
このようにコスミを打っておくと、
今度こそ隅は黒の陣地です。


白がAと入ってきてもやっつけることができます。








本当でしょうか??



ということで、
「小目のシマリ」の時と同様に
入ってきた白を取れるかどうか考えましょう◎




こういうことですね。
図4
埋め込み画像 1

黒番でこの白を取りたいです。
少し眺めて、考えてみてください。






実は、やっつけ方は色々あります。







ただ、オススメはやっぱりこれです。


図5
埋め込み画像 2

広い方から、白の進む道をおさえる。黒2です。
小目の時と考えは同じで
「封鎖」&「狭い方に追いやる」ですね。



図6
埋め込み画像 3

白3に対しても黒4と封鎖です。
相手が外に出ないようにして、一眼にする、が目標です。

この次あたりから難しくなってきますよ。




続いて、白5ときたらどうしますか?
図7
埋め込み画像 4
ここで少しシンキングタイム。



黒番ですね。





こんな時(特に、相手が内側に打った時)は
白の眼ができそうな場所を探すのがコツでした。


黒番だけれど、白で考えるのがポイントですね。




白が打って眼ができるところは、どこでしょうか?
二か所くらい見つかるとGOODです。






いきますよ



ちょっと白おいてみますね







候補①
ここ
図8
埋め込み画像 1
眼ができますね。


候補②
こっち
図9
埋め込み画像 3
この白△も、白にとって良い感じ。



白が打って眼ができそうなのは
何となくこの二か所です。



…状況は黒番でしたから、
黒がどちらをジャマするのが良いか?(=より白が打ちたいのはどちらか?)という事になります。



どっちだと思いますか?



両方とも良さそうなんですけれど…





より白の眼ができやすいのは、こちらです。

候補②
図10
埋め込み画像 3


二線で広い」且つ、
外へ出ようとしている」からです。


なので、黒が



候補①の方をジャマしたら
図11



白は…





候補②の手を打ちます。
図12

そしてこの手は
眼を増やしながら、外へ出ようとしているので(青矢印に道がありますね。)



黒は





8と止めなければならず
図13

白9で新しく眼ができてしまいます。


この後



図14

黒10と打てば
黒△は助かって、一瞬白の眼がなくなったように見えるのですが






図15

白11と打たれて、白が二眼できてしまいます。



ということで



図16

この白△を打たせないために




図17
埋め込み画像 5
黒6と、
白△を阻止することが大切です◎


そうすると、
白の次の抵抗は白7という事になりますね。




さて、ここでまた黒番です。

どこに打ったら良いでしょうか?





二眼できてしまっているようにも見えますが…





白地を狭める感じで進みます。



図18
埋め込み画像 1
黒8と一歩進むのがgoodです◎
(いきなりBも正解)

このように一歩進むだけで、
次にAとB2つの攻め手が出てきました。




どういうことかと言うと






白9ときても黒10で
図19
埋め込み画像 2
白一眼です◎





白9でこっちにきても
図20
埋め込み画像 3
黒10で欠け眼になり、
白は一眼◎


白を取れていますね。




つまり、隅は黒地です。

図21

この黒の構えが良いということが分かりました◎
「星のシマリ」と「コスミ」でした。


ではもう一つ。



今の話と混同してしまいがちな形があります。




図22

このような形で、
黒が隅を守ろうと思った時です。


こういう状態ありますよね。
白が近くにいます。





そんな時
図23

同じように「コスミ」を打つのでは

実は隅は守れません。

なぜかというと、
黒1が白△とぶつかってしまっているからです。


そして、
黒1は「コスミ」という名前ではないのです。


一応、
コスミはコスミなのですが、


敵とくっついてしまっているので



「コスミツケ」


です。


上の図のように「コスミツケ」られた白は
とりあえず白2とノビで反応してくれるのですが、


この形はあとで




図24

三々に入る手が成立してしまいます。

これについてはまた今度詳しく解説しますが、
とりあえず、
「コスミツケ」では隅は守れないんだなあ、と思ってください。
(コスミツケは守りではなく、攻めの時に良い手になります。)



ということですので

図25

このように白が近くにいる時

隅を守るためには


どう打ちますか?




敵とくっつかないように






黒1◎

図26

白△と触れないように黒1が良い手です◎
(一路右の「鉄柱」もGood )


ところで黒1の名前は何でしょうか?




「一間トビ」



そうです。
「一間トビ」です。



でも、一間トビしながら
碁盤の端っこに下がっていっているので




「トビサガリ」
と言います。

敵が近くにいたら、
「トビサガリ」
で隅を守りましょう。


図27

こんなイメージで囲んでいます。


そして
本当に守れているかどうか、の確認です。



図28

白1を取れるかどうかが重要ですね。



さて、
黒はどうしますか?


考えてみましょう。






考えましたか?




例えば



図29

黒2。

実戦でよくお見かけする、

というよりか
上手(うわて)に白1と入られると、委縮してこう打ってしまいがちです。


しかし
こう打ってしまう方がキケンなのです。


図30

白3と出られると、黒△が切り離されてしまいます。


図31

黒4と抵抗しても


図32

白5でアタリになり
黒6とつないでいる間に
白7で、やはり黒△が取られてしまいます。



ですので



図33

白1に対しては




図34

黒2とつないで、
白が出ていかないようにします◎


そして


図35

白石を取りながら
隅は丸ごと黒地だ、という気持ちです。




では、
白も抵抗します。



図36

白3ときたら?

黒どうしますか。



こういう時
白が何をしているのか、を考えると良いです。



この白3は




図37

矢印の方向に進んでいます。
青丸のエリアに向かって進んでいますね。

白がこのように広い方へ向かっているな、と考えて


次の黒は




図38

止めます◎


では、


図39

白5と来たら?



先ほどの考えでいくと





図40

こう進んでいます。


なので


図41

黒6と止めたくなりますが




図42

白7、9と
白に「二の一」を打たせるお手伝いになってしまいます。


この白は生きているのですね。


図43

このように二眼あります。




なので
図44

白5と来たとき


この手は、
確かに左方向に進んでいますが

よく考えたら、これ以上左へは行けません。
なので黒は止める必要がなく


視点を変えます。




図45

Bのエリアよりも
Aのエリアの方が「広い」ですね。


このように考えて




図46

黒6です◎

この手は
白地が二線で拡大していくのを防ぎながら


図47

むしろ白地を小さくしようと進んでいます◎




なので白は
図48

白7と止めます。



順調です。
次黒はどうしますか?



この白をやっつけたいわけですが





焦るとキケン




例えば
図49

黒8です。(黒Aなどもそうです)


白を取りたいので
気持ちは分かるのですが



次白に




図50

切られると取られてしまいます。


黒△がアタリですから



図51

黒10と逃げますが
白11と打たれて、これ以上逃げられません。


攻めている時も自分の弱点に要注意です。



ということですので



図52

黒6、白7となった時に



黒は




図53

断点をしっかりつなぐのが大切です。


守りも立派な攻めです。


黒石を取らせないことで、白の眼を作らせないのです。




この後
図54

白9と生きようとしても




あと一手ですね。






図55

黒10◎
これで白は二眼できません。



白9で反対に



図56

こう来ても



隅の「二の一」どうしが見合いになっていますね。



図57

黒10で、反対側の二の一をジャマして
白は生きません。




お疲れさまでした。



そういうことですので



図58

この形は、しっかり黒地を守れています◎




図59

白1と入ってきても
丸ごと取る、という気持ちで黒2です。




「星」の隅を守る時のポイントは



図60

白△にぶつからないように守ることです。
ここに白がいたら、黒○です。



白△が少しでも
遠くにいたら


図61

黒○のコスミが Good です。

「トビサガリ」より「コスミ」の方が
陣地を大きく取れますので

敵が近くにいないようでしたら、「コスミ」で隅を守りましょう。


図62

また、黒 A のシマリが
B の「大ゲイマジマリ」
C の「一間ジマリ」
D の「二間ジマリ」
であったとしても、黒○のコスミを打っておけば、
同じように隅を守ることができるのでとても便利です。

是非試してみて下さい。


以上が星の守り方でした。



星は広いので、死活が少し難しくなりますが、
基本的な考えは前回の小目のシマリと同じです。

封鎖

狭める

相手の打ちたいところを阻止

これを意識して、また眺めてみて下さい。

ではまた。
どうもありがとうございました。

 PAGE TOP


このような感じで解説しています。
級位者さん向け「囲碁オンライン講座」に無料お試し登録ができます!
画像をクリックして詳細を確認してください。

囲碁オンライン講座登録ページ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

・運営者の自己紹介を見る:
【運営者プロフィール】囲碁インストラクターの佐藤洋佑ってだれ?