【棋風とは?】囲碁の布石感覚の表現方法

【この記事を書いた人】佐藤洋佑
囲碁インストラクター。「入門」~「級位」の方を専門でお教えしてきました。その経験を活かして「囲碁オンライン講座」を開講。無料公開中です。
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」
囲碁初心者・級位者の方のための「囲碁オンライン講座」

棋風(きふう)」とは、対局する人がそれぞれ持っている「独特の打ち方や傾向」のことです。
一人ひとり違う感性を持っていて、それが盤上に表れるというところが非常におもしろいところです。囲碁の感覚を表す興味深い指標ですので、是非ゆっくり見ていってください。

棋風とは

棋風は、「こうだから、この棋風」と決まっているわけではなく、あくまで打ち手のイメージや印象を表したものです。

棋風の種類としては、大きく分けると2種類しかなく

①実利派
②模様派

の二つで、布石や序盤の段階で顕著に表れます。それぞれ解説していきますね。

実利派の棋風

①の実利派は「確定地」を好む傾向があり、「手堅い」「地に辛い」とも言われます。

確実な陣地を稼いでから、相手の模様の中に入っていくことから「シノギの碁」と言われたり、
確実な陣地を稼いで「ヨセ」をうまく打つことで細かく勝つパターンもあり、それは「ヨセの碁」や「地の碁」などと言われたりします。

また、「〇〇の碁」と表現するのは、打ち手の棋風を指す場合もあるのですが、その一局の性質を言っている場合もあります。

「この碁は、武宮先生には珍しく地の碁ですね。」
などと表現します。

模様派の棋風

②の模様派は「中央に大きな模様」を作ろうとする傾向があります。
①とは対極で、不確定だけど大きな模様を好みます。

少しイメージがずれるのですが「厚み派」「厚みの碁」「手厚い碁」などとも言われます。
自分の弱い石はあまり作らないことが多いです。
反対に、相手の弱い石を見つけて攻めることから「攻めの碁」と言われることもあります。

「棋風」が局面にどのように出てくるのか?

「棋風」がどんな風に表現されるのかを、具体的にいくつか例を見てみましょう。

棋風解説画像

例えば、
黒1、3の二連星を黒が打ったとします。

ここから、何となく黒の方の棋風は「模様派」なのかな、という印象です。
中央にも出つつあまり弱い石を作らない「手厚い碁」を打つ方が、二連星を好むことが多いです。

反対に、
白4と小目を打った場合は、確定地を取りやすいことから「実利派」で「地に辛い」棋風なのかな、と推測します。
特に、白2’などと両方を小目に打った場合はその印象は顕著です。

地に辛く打って、あとで模様の中に入ってくる「力戦型」かもなあ、などと思うわけです。

図の白2、4のように片方を星にしていると、バランスを取ろうとしているイメージですね。

棋風解説画像

黒が小目にかかるとします。
黒5の一間高ガカリ(四線)は「模様派」のイメージで、
黒5’の小ゲイマガカリ(三線)は「実利派」のイメージです。

この話はあくまで印象の話なので、打っている方がどう思っているのかは加味されていません。

さて、黒5と一間高ガカリをしたとして、

棋風解説画像

白が6と打ってきたら、
この手は「実利派」が好きそうな手です。
隅の確定地をまず取っておこう、という意図があるからです。

反対に、

棋風解説画像

白6と四線に上げながら、受けた場合は「模様派」「厚みの碁」のイメージです。

棋風解説画像

白6と三線で受けてきたら、
「手堅い」「地に辛い」「実利派」のイメージです。

棋風解説画像

このあとはこんな展開が予想されます。

次は白番ですが、
白の方が手堅い棋風の場合、

棋風解説画像

こんな感じで打ちそうです。
シマリは手堅いのです。

対する黒も手堅く打つのであれば、

棋風解説画像

シマリを打ちます。

反対に、「模様派」の方は、

棋風解説画像

三連星に打ちそうですね。

どうでしょうか。
棋風はイメージと傾向の話なのでなかなかお伝えしづらいのですが、こんな感じです。

まとめ

囲碁の棋風についてをまとめますと、
棋風は、
①実利派
②模様派

の二種類で、色々な表現の仕方があるということと、
実利派は「確定地(三線)」を好み
模様派は「大きな模様(四線)」を好む、ということですね。

「自分はどちらだろうか?」
と考えるのもおもしろいですし、

「今日は実利派(あるいは模様派)になって打ってみよう!」
などと意識して打つのも新たな発見がありそうですね。

参考になりましたら幸いです。
では、読んでくださりありがとうございました!


級位者の方向け「囲碁オンライン講座」に無料で登録ができます。

囲碁オンライン講座登録ページ

お気軽にどうぞ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト運営者

佐藤 洋佑(さとう ようすけ)

囲碁インストラクターとして、日々、教室や個人指導をしています。2011年から活動を始めて、毎日のように囲碁をお教えしています。

おかげさまで、個人指導は予約でいっぱいになり、キャンセル待ちをしていただかなくてはならない状況になりました。

みなさまには本当に感謝が尽きません。

しかし同時に、自分の身一つでは物理的に限界があることを学びました。

そこで、何か良い方法はないかと考えた末に、このサイトを立ち上げたのです。

コンセプトは「直接お会いできない方にも、囲碁をお伝えする。」

いままでたくさんの方に囲碁をお教えしてきた経験を活かして、初心者・級位者の方専門で囲碁をお教えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

運営中の囲碁講座

・囲碁を19路盤で打てる方:
「囲碁オンライン講座~級位者コース~」

・囲碁を初めて学ぶ方:
これから囲碁を始める方の「囲碁入門講座」

どちらも、無料で参加ができますので、お気軽にご覧ください。

級位者の方におすすめの講座

時間と場所を気にせず、自宅でじっくり囲碁学習ができる、級位者向けの「囲碁オンライン講座」です。

囲碁オンライン講座

30日間無料で体験ができます。上の画像をクリックして詳細をご覧下さい。お名前とメールアドレスだけで体験ができるので、お気軽にどうぞ!

今なら特典として、級位者向けの「お手本棋譜」をプレゼント中です。是非、特典だけでも受け取っておいてください。

これから囲碁を始める方におすすめの講座

オンラインの「囲碁入門講座」に無料で参加できます。
お名前とメールアドレスだけで登録ができますので、是非お気軽にご参加ください。

囲碁入門講座

3日に一度くらいのペースで、登録していただいたメールアドレスに講座が届きます。
お楽しみに!