囲碁オンライン講座~無料公開中~

初段になるための囲碁講座

集中的に学習し棋力アップをするための「囲碁オンライン講座」を公開します。

「初段」を目指すあなたにピッタリの内容ですので、是非参考になさってください。

さっそく、第1回目の講座を今この場で解説しますね

是非、碁盤と碁石を用意して何回も手順を並べてみて下さい!

では、いきます。


こんにちは!
「棋譜解説講座」の第一回目を始めます。

第一回目のテーマは「二連星 vs 二連星」の布石です。


序盤の基礎的な考え方や、部分戦の基礎などを含めてしっかりやっていきますね。

また、中央の攻防や、石のつながりの重要性を再認識できると思いますので、是非碁盤に並べてゆっくりご覧ください!



では、よろしくお願いします。



図1

黒1、3と白2、4がどちらも「二連星」という構えですね。

星なので、お互いにシンプルなイメージです。


では、
次の黒番で、
左上の白に上辺側からかかってみましょう!




図2

黒5ですね◎
「小ゲイマガカリ」です。

星は四線なので、
このように三線で近付くのがポイントでした。




図3

こんなイメージです◎



そして、もう一度黒が打てたら…



どこに打ちますか?






図4

もしも、もう一度黒が打てたら、
黒△のように打ちたいです。

これが、黒5の次の狙いで「両ガカリ」ですね。


基本的に白は、
このように挟み撃ちにされると逃げ道が少なく、厳しいです。


なので、




図5

黒5に対しては、
白6と「受け」を打つのが基本になります。




図6

こんなイメージなわけですが、
黒5と同じ距離で反対側へ受けるのがポイントです。

「敵が近かったら、近くに打つ」
「敵が遠かったら、遠くへ打つ」
というように、敵との距離をよく見て打っていきましょう。


さて、
次は黒番です。



かかった黒石に陣地を作ってあげる事が大切で、




図7

黒7の「二間ビラキ」や、




図8

「スベリ」も Good です。
この手は 「A の三々」と 「B の二間ビラキ」の2ヵ所を両にらみにしていて、
どちらかに打つ事で、生きるための陣地(根拠)を作る事ができます。



さて、他にも…





図9

黒7も良い手です◎

カカリの石から「大々ゲイマビラキ」です。



どんなイメージかというと、





図10

こんな感じですね。

上辺を黒模様にしつつ、
右上の黒とも連携が取りやすいヒラキです。


ということで、
もう一度黒が打てるとしたらどこに打ちたいですか?



次にこうなったら良いなあ、
という気持ちで黒7を打っていることが大切ですよ。



いきます。




図11

色々な打ち方があると思いますが、
黒7と打ったうえで、黒△のシマリが良い手になります◎


黒△と打つ事で、
黒7が「シマリの背中」になるのですね。





図12

こんなイメージです。

隅の陣地が強固になるだけでなく、
黒7と連携を取って、上辺が立体的に拡大していきます。

黒△のシマリに対して、上辺が「シマリの背中」になるのです。




ということですので、





図13

白はそれをジャマしますね。
黒7のヒラキに対して、白8とかかります◎

何気なく打っている「カカリ」には、このように色々な意味があるのですね。



では、



図14

黒が9と受けたとします。


先ほどの上辺の黒7と同じように、
次の白には色々な選択肢があるのですが、
今回は「スベリ」を打ってみましょう。





図15

白10です◎


このようにスベリを打つ事で、




図16

A の三々と、B の二間ビラキのどちらかを打つ事ができます。( A と B が「見合い」)



つまり、具体的には、




図17

黒が11で「三々」に打ってきたら、

白12と「二間ビラキ」◎


反対に、




図18

黒11とヒラキをジャマしてきたら、
白12の三々ですね◎


今回はこの展開でいきます!


このあとはどうなりますか?





隅が白の陣地になりそうなので、
黒は…





図19

外側に「厚み」を作るべく、
まずは黒13です◎


この手は、白を封鎖する準備であると同時に、
次に白を分断しようとしていますね。




図20

白は14と受ける必要があります。




図21

白も、しっかり連絡することで、
隅の陣地を確保できますので、お互いに利のある戦いをしています◎



そして次の黒は、
白を封鎖すべく…





図22

黒15です◎




図23

こういう感じでつなげて、
白を封鎖していますね。

このまま断点のない形で連絡できたら最高です。



ということで、
白も反撃に出ます!






図24

白16と打ってみましょう。

黒のつながりを断つイメージです◎



このあと、



図25

白は△に打てたら良いですね。


黒の立場で考えると、このようにならないように…




図26

白16に対しては、
黒17と切る事が大切です。

白16が「ハネ出し」で、
黒17が「キリ」です。

「ハネ出し」には「キリ」ましょう◎


そして、
切りながら白がアタリになっていますから…




図27

白は18とつなぎますね。



次の黒番はどうしますか?




今、分断した白一子を取る事ができれば、
黒は連絡できるということになります。




ということで、





図28

黒19です◎


これで「シチョウ」になりそうです。


白が逃げたときに、
左下の白にぶつかるのかどうか、を考える必要があるのですが…




並べてみます。





図29

こういうことになって、
左下の白とはぶつからずに、取る事ができます。


お時間があったら、是非実際に碁盤に並べてみて下さい。
実戦ではなかなかできませんので、練習で実感しておくことが大事です。



さて、
これを頭の中で想像するのは、結構大変ですよね。


もっと楽に、
シチョウで取れるのかどうかを判定する方法があります。




図30

黒19とアタリして「シチョウ」の形になりました。


これが左下の白に当たるのかどうかは…





図31

白を斜めに近づけていくことでも判断できます。

矢印のように、
白石を頭の中で近付けていって、




図32

この白△とぶつからないことが確認できれば、「シチョウ」で取れる、ということです。

この判定方法は、
左下の石数が少ないうちでしたらとても有効な方法ですので、是非実戦でシチョウが出てきたら試してみて下さい。




では、



図33

黒19で、白一子はシチョウで取られていることが分かりました。


なのに、なぜ白はこのように打ったのでしょうか?



シチョウをうっかりしてしまったわけではありません。



次の手でよくわかります。



図34

例えば、
次の白は20などと打つのが良い手です。

この手は隅の「小ゲイマジマリ」ですね。


そして、
それと同時に「シチョウアタリ」でもあります。





図35

もしも黒が良く分からずに、黒21などと打つと…



すごいことになります。





図36

今度は白が22と逃げだして、
白58まで、今打ったシマリの石(白△)とつながる事ができるのです。


こうなると、黒はボロボロですね。
断点だらけです。



ということですので、



図37

白20はただのシマリではなく、
次に白○を逃げ出そうとしている「シチョウアタリ」になっているということです。


黒としては、
白○に逃げられると断点だらけになって困るので…




図38

黒21と、しっかり取っておく必要がありますね。
これで、右上の戦いは一件落着なのですが、

白は、今取られた一子のおかげで、




図39

さらに大場へ先行することができました◎

下辺が白模様になったのは、
右上の白一子を黒に取らせたおかげですね。


これで、
上辺は黒有利ですが、
下辺は白が有利になりました。
全体を通して、互角の進行なのです。


詳細は、
【関連講座】:No.11【星にカカリ②】~スベリにハサミ~
を参考にしてください。



さて、
ここで碁盤全体をぐるっと見ましょう!


どこが広いでしょうか?



まだ辺があいていますね。




図40

左辺がとても広いです。

黒番でしたから、
左辺が全部白地になる前にジャマをしたいところです。



どこに入っていくのが良いかというと…





図41

黒25◎
「ワリウチ」ですね。

ここに打つことで、



図42

A 、B 両方の「二間ビラキ」を見合いにしています。

どちらかに「二間ビラキ」できるということは、とても安全です。


その反面、
このあとの展開は白に選択権があります。


どういうことかというと、



図43

白が26と「ツメ」を打つのか、




図44

こっちから「ツメ」を打つのか、
を白が選ぶことができます。


ということで、
両方の展開を頭の中で想像してみましょう。


碁盤に石を置く前に、
二つの「ツメ」の展開をイメージして、
どっちが白にとって良いのか?
を判断することが大切です。



いきます。



図45

白26で上から詰めた場合は、




図46

こういう景色になりますね。



それで、反対に、



図47

下から詰めた場合には、




図48

こういう景色になります。


どっちが白にとって良いでしょうか?
(実戦ではこれを頭の中でやるんですよ。)


図46と図48を比べるわけですが、
図46は全体的に白地が平面的ですね。


なので、



図49

下から詰める方が白にとって良いです。

下辺が「シマリの背中」的な感じで、
立体的に拡大しています◎



ただ、
黒も27とヒラキを打つことで狙いがあります。

どこでしょう?



左上の白が弱くなっていることに注目して…




図50

黒○の三々入りが狙いです。

こうなると急に左上の白二子が弱くなりますね。
生きるための陣地(根拠)がなくなります。

入った後の展開は、
【関連講座】:No.40【星に三々入りシリーズ⑥】~カカリと受けがある時の三々①~
を並べてみて下さい。


黒27がきたうえで、
黒○と侵入されると白が苦しくなるということで、




図51

黒27に対しては、
白28と守ることが大切です。

このように「トビサガリ」を打っておくと、隅は完全に白の陣地になります◎

相手が三々に入ってきてもやっつけられる、
ということを、
【関連講座】:No.2【星の守り方】~シマリとコスミ、トビサガリ~
でご確認ください!



さて、
ここで全体を見ます◎

下辺の白模様がやはり大きいですね。



図52

さらに白○と打たれると、
下辺の模様が大きくなりますね。



図53

こんなイメージです。
下から見た時に、白地がとても高くなっています。


黒にとっては嫌ですね。


ということで、
次は黒番でしたから…



図54

黒29が良い手です◎
「犬の顔」という好形ですね。


そして、
さらに頑張って、




図55

この手も Good です◎
「馬の顔」という良い形です。




図56

味方の石から、
「大ゲイマ」&「大ゲイマ」でつながっていて、
次に下辺の白地へ侵入しようとしています◎




図57

白は下辺を守るためには、白30と打つ必要がありますね。
この手も「一間」&「ケイマ」で良いつながりです◎


そして、
良い形は、次にまた良い形を作りやすいです。



どういうことかというと…



図58

白30と打った上で、
さらに白○が犬の顔の好形です◎

効率よく石をつなげながら、
下辺の白模様がとても大きくなります。



ということですので、
白30に対して、黒は…




図59

黒31と、この場所に打つのが良い手になります◎


こういう、白か黒かで景色が大きく変わる場所が、
「模様の接点(争点)」
ですね。



図60

下辺の白模様を制限しているだけでなく、
右辺から上辺にかけての黒模様が大きくなってきました◎


では、今度は白の立場です。

この黒模様を放っておくと、そのまま大きな黒地になって負けてしまいます。


なので、
模様をジャマしに行きたいと思います。
(「模様を消す」といいますね。)



どう考えて模様を消しに行くのかというと…




図61

黒模様の入り口を探します。
模様の先端にある黒石同士をつなげたラインが、模様の入り口です。


なので、
たとえば




図62

白32などがちょうど良い、
「模様を消す手」になります。

黒模様を制限しながら、
危険の少ない、ちょうど良い場所なのですね。


そして次に、図の矢印のように、
黒模様へ進んで黒地を減らそうとしています。





図63

黒が33と右辺の黒模様を守って、黒地を完成させてきたら…





図64

白も34と打って、
中央の白一子を助けつつ、左下の白模様を拡大します◎


図65

こんな感じですね。


ここからさらに、




図66

白○と打てたら、
左辺の黒を攻めながら、白地が大きくまとまりそうですね。


なので、




図67

黒も35と打って、
左辺の黒を強化しつつ、白模様の拡大を阻止しています◎



図68

次に、左下の白模様へ進もうとしていますね。


白は黒の進行を止めたいです。


どうやって止めますか?




普通は、





図69

白36ですね。


ただ、今回は全体を見ると…




図70

中央の白との関係があまり良くありません。
一列、間があいてしまっていますね。


これは「ハザマ」と同じなので、



図71

黒37と打たれると、
白36と白△が分断されてしまいます。

分断されるということは、
白地が減っていくということになっていきます。


ということで、



図72

黒35に対して、
白がどのように対応すると良いか…


こういう時は、
黒よりも一歩先に進もうとすることが大切です。



そのための準備としてまず、
「ノゾキ」を打ちます。


ノゾキというと…




図73

白36ですね◎

黒は分断されないために、




図74

黒37とツナギます。


ここで白番で、
白 A と白 B を連絡させましょう! 



どこに打ちますか?



黒よりも一歩先に出るイメージで…





図75

白38が良い手です◎




図76

こういう感じで連絡しています。
「一間」と「大ゲイマ」ですね。




図77

黒が39と進んできても、





図78

白40と止める事ができます◎
×の場所がちょうど「カケツギ」になっているのもポイントですね。




図79

そして、
黒41ときても、白42と対応すれば、白は全部つながっています。

石がしっかりつながったところで、一件落着です◎



最後に
ぐるっと見渡しましょう。


ぐるっと碁盤全体を見て、
どこが大きいのかを判断するのは、実戦でとても重要です。



大きい場所を順に打っていきますね。



図80

まず、
白に A と入ってこられないように、黒43の「トビサガリ」が大きいです◎


他には、
黒に B と入ってこられないように、白44のコスミが良い手です◎

白44を打ったのに黒がBに入ってきた場合:
No.2【星の守り方】~シマリとコスミ、トビサガリ~


最後に、
白に C と「打ち込み」をされないように黒45が大きいです◎

黒45を打たなかった場合:
No.35【陣地を荒らす①】~打ち込み①~

最後に確認事項が多くなりましたが、
部分戦の仕組みも同時に学んでおくと効果的です。


ここまでの手順をPDFにまとめましたので、是非、プリントアウトをして並べてみて下さい。

棋譜のPDF:
https://s-yosuke.com/kihukouza-1.pdf


以上が、第1回目の棋譜解説講座です。

あなたによく理解していただけるよう、僕なりに精一杯解説しましたが、いかがでしたか。

このような棋力向上のための「棋譜解説」を、全30話ご用意しました。

さらに、同時並行で「手筋講座」もあります。

他にもまだあるのですが、

 

どうでしょう。

もっと詳しく見てみますか?

 

別にいいかな…

と、思ったらこのページを閉じてください。

 

 

…ありがとうございます。

少しでも興味を持ってくださったあなたに、詳細をご説明いたしますね。

この講座はオンラインの会員サイト内で公開しているもので、

オンライン講座の画面

こんな雰囲気です。

そして、会員サイトに講座がどんどんアップされていくというイメージですね。

今、ご紹介している「棋譜&手筋」の講座以外にも、

定石や死活などの部分戦を学べる基礎講座(全58回)が、すでに公開されています

また、会員限定の教材もあったり、メールで分からないところを質問できます(参加後1年間有効)

初段に向けて上達するための基礎は、このオンライン講座に全て詰め込んだつもりです。

以下に、内容の一部をご紹介しますね。

・布石で効率よく打ち進める方法

・星の基本定石とその仕組み

・小目の基本定石とその仕組み

・定石後に注意すべき基本手筋

・定石はずれの咎め方とそのコツ

・サバキの手筋

・実戦的な打ち込みの方法

・定石の活用法

・陣地の効率的な作り方

・相手の石を大きく攻める「モタレ攻め」

・相手の模様を消す方法

・隅の基本死活とその規則性

・スベリのポイント

・挟まれた時の定石選択のコツ

・深く侵入する「スソガカリ」

・サルスベリの止め方

・無理な侵入の咎め方

・置き碁の時の心構え

・小林流の布石とコツ

・中国流の布石とコツ

・三連星の布石とコツ

・低い三連星の布石とコツ

・タスキの布石とは?

・ケンカ小目の時の考え方

・目外しのおすすめの布石

などなど

書ききれないのでこれくらいにしておきますが、ご覧のように、「初段になるために必要な知識」をこの講座で得ることができます。

半永久的に、何度も繰り返し講座を見ることができるので、是非何回も碁盤に並べて学んでいってくださいね。

 

さて、

「囲碁オンライン講座」の参加費ですが、

ご説明してきた内容が全て込みで、

64,800円(税込み)になります。

講座の内容をしっかりと読んで、碁盤に並べて学んでいただければちゃんと上達していきますので、気合を入れて参加していただければと思います。

 

まとめますと、

講座内容のまとめ
  • 序盤、中盤の打ち方が学べる「棋譜講座(全30回、7ヵ月間)」
  • 実戦で使える「手筋講座(全30回、7ヵ月間)」
  • 部分戦が学べる「基礎講座(全58回)」
  • メールで質問して、疑問点を解消できる(参加から1年間有効)
  • 期間が過ぎたあとも、講座は半永久的に見られる
  • 参加費は64,800円

講座のボリュームに加えて、メールサポート付きでこの価格は破格だと思っています。

是非、あなたの上達に役立ててくださいね。

囲碁がうまくなりたいあなたの助けになれば幸いです。

それでは、読んでくださりありがとうございました。

参加申し込み

参加費ご入金の確認後、すぐにあなたのメールボックスに講座が届きます。

追伸

さて、これまでお話ししてきたことだけでは不十分です。

あなたに安心して参加していただきたいので、保証を付けます。

講座を学んで、実践し、全く効果がなかった場合には全額返金します。

あなたのリスクは僕が全て負います。

保証期間は「参加日を含めて365日間」といたします。

1年間試して、全く棋力が向上していないと思ったら、僕のメールアドレスに返金をお求めください。お返しします。

この返金保証を悪用すれば、あなたは無料で初段の実力を手に入れることができるのです。

でも、あなたがそういうことをする方ではないと信じていますし、先ほどもお話ししましたが「リスク」は全て僕が負います。

どうぞ安心して、気合いを入れて講座に参加してください。

ただし、この保証は、

このページから参加を決めてくれた方限定で、このページはいつ閉じられるかわかりません。

いつ閉じるか分からないというのは、ご質問対応などのサポートをするのに、僕の物理的な限界があるからです。(人数限定)

また、たった1ページのこの文章を読んで、早々に参加を決めて下さった方への感謝の保証でもあるのです。

 

もしもあなたが、

「参加してみようかな…」

と思ったら、

最後にもう一度、上に書いてある「講座内容のまとめ」をよく読んで、全額返金保証についてもしっかりと理解していただき、お申し込みページへ進んでください。

「安心して」とは申し上げましたが、「安易に」参加はしてほしくないのです。

どうぞよろしくお願い致します。

佐藤洋佑

参加申し込み